中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年04月30日

シューベルト 弦楽四重奏曲「死と乙女」 タカーチ弦楽四重奏団(新盤)


3000枚近くもCDが棚にあるのに、弦楽四重奏のCDは正直あまり多くありません。当然、詳しくもないのが本音です。でもポピュラーなものはしっかりと持っています。で、シューベルトから入るのは渋いのかもしれませんね。

シューベルト 弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」
       弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」
タカーチ弦楽四重奏団 2006年 ハイペリオンへの再録音
録音  4.75点   演奏  4.60点
(EMIへの旧録音とお間違いなく)



シューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」はブッシュ弦楽四重奏団に興味をもったきっかけで好きになりました。そもそも室内楽で初めて「凄い!」と感嘆したのは、たまたま手に入れたブッシュQとルドルフ・ゼルキンのブラームスの「ピアノ四重奏曲第1番」です。録音で残されたこの「死と乙女」は、ブッシュQの伝説的名演。

音は悪いですが、4人に鬼神が憑りついたかのような演奏。この時代はスタジオ録音でも一発録音だったというのもあるでしょうが、最初の和音から最後の音まで途切れない集中力。



良い音でこの曲の演奏をと探していた時に出会ったのがこのCDです。タカーチQを知ったのは、バルトークの弦楽四重奏曲全集。

入手し易くなったみたいで喜ばしい名盤。高いアンサンブルと緊張感を保ちつつ、よく練られた解釈に久しぶりに室内楽で感動。と同時に曲が曲だけに疲れましたが・・・(因みにこのバルトーク全集も、世評が高いにも関わらず廃盤ですが、タワーレコードが独自企画で復活中。今のうちに入手されんことを)このカルテットなら、「死の乙女」もブッシュ級の演奏をしてくれるに違いない。そして期待は裏切られませんでした。

最初の楽句(ンタータタタタ!)から、非常に音楽的。威圧的に鳴らす演奏が多い中、音に緊張感と力はあるがどこか陰のある草書体な始まり。草書体ながら前のめりの音づくりで緊張感を醸し出す。2楽章もアンダンテも練られていて、フレーズごとに主役となる楽器がよく鳴る。第3楽章のリズムをクッキリ刻むのも絶妙。最後の4楽章はプレストですが、静かめに始まりフィナーレに向けて音量とスピードが上がっていき、感動的に終わります。最後の和音の切れば血が出るような響き!ブッシュQの演奏を現代風に洗練させたような演奏です。


タカーチQのブラームスの演奏です。ハイペリオンは録音がいい。
タカーチQのいいところは、アンサンブルが優れているだけでなく、各楽器の表情が豊か。必要とあらば、時には汚い音も使います。揃っているだけの演奏をしよう、綺麗な演奏をしようとしていない。アルバン・ベルクQとはちょっと違います。


アルバン・ベルクQの演奏でこの曲の良さをまず知ってもらえれば、演奏は中の上です。



併録の「ロザムンデ」は、曲もそうですが少し肩の力を抜いて聴ける佳演です。録音は、鮮度も高く定位もしっかりわかり、オンマイク気味なのも◎。

ショスタコーヴィチ、バルトークの弦楽四重奏曲全集は棚にあるのですが、不思議とベートーヴェンは無い。というか、まだそれを聴くまでの耳に私が育っていないだけです。渋いですよね、弦楽四重奏って。

私にはまだ云々書ける耳がない。
posted by 悩めるクラヲタ人 at 23:46| Comment(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

最近の私のオーディオ事情 PCスピーカーでも買うか・・・


61lVbn+ZISL__SX425_.jpg
私事ではありますが、先月に40歳も超えて子宝に恵まれるという嬉しいことがありました。だがしかし・・・タイトルの通り、音楽を聴く環境が変わってしまって、当分リビングでも自室でも音楽をそれなりの音量で聴くことが許され無くなってしまいました。夜にオペラや声楽曲でソプラノなどスピーカーに歌わせると「眠れない!」と怒号が2階寝室から聴こえてくるように。「ヘッドフォンか何かで聴いてよ」と言われるのですが、むち打ちもちですし空気を漂う音が好きなので・・・・

とはいえもう一台DAPが欲しいと思い悩みましたが、ちょっと出費が。でもそのうち買ってしまうだろうな。

因みに出産で子供も妻も実家に帰っていた際には、0時越えても大音量で聴いても大丈夫な田舎なので、何という幸せだ3週間でした。SACDやハイレゾ音源をガンガン鳴らしまくり、その迫力と静寂さに酔いしれるので、「早く家に帰ろう」という気持ちが通常よりも強くなるという弊害で残業代が減るなんていうこともありましたが。

あぁDECCAのハイレゾ音源セールもGWで終わりますよ。たまにはアフィリエイトの宣伝も。
ハイレゾ音源探すなら!日本最大級の配信サイトe-onkyo music!

前置きはさておき、最近はPCでCDを小音量で聴きながら早朝にブログを書くということが多くなりました。流石に不満。GW休暇に入り、何か流石に物足りないなぁということでAMAZONを物色。小型で面白そうなPCスピーカーは無いかなということで、まずほしいと思ったのが、FOSTEX.

大きさは悪くないし評判もいい。でもこれを買ってしまうとPC出力だとはいえ小音量で鳴らすことに満足しないような気もしてしまい。一度は使ってみたいFOSTEXのスピーカー。

で、貯まったAMAZONポイントを使用し安く、なんだかおもしろく使えそうで見た目も悪くないということで。廉価の定番エレコムのこちらで我慢をしてみました。

木製の見た目も悪くなく、サブウーファーもついて2.1ch。サブウーファーは別に使わないかもしれないけど、足元にでも置いておけばチェロの音もそれなりに聴かせてくれるだろうし、別途で使用できるみたいでオーディオおもちゃ代わりにも。電源をUSBからでなくコンセントからしっかりととることは不便と思う方もいるかもしれませんが、電気をしっかり使って音楽を鳴らしてくれるならいいのではと私は思いました、

まぁなんといっても1,000円代ですし、失敗してもそれほど怒り新党にもならず、妻にもなんか買った?この金の入用の時にどこにそんなお金あるの?と突っ込まれない程度隠せるサイズと金額ですね。最終的には。明日には届くとのことで楽しみです。

と、今は貧弱なPCのスピーカーから流れるのは、ルートヴィヒ・ヘルシャーのチェロ、エリー・ナイのピアノ伴奏でベートーヴェンのチェロソナタ。渋い。若いクラシックファンやそれなりに聴きこんでいるクラシック通にも「Who?」という組み合わせ。


演奏も音色も渋いヘルシャーの音色に、ナイの繊細かつ大胆な伴奏。古き佳きドイツ人によるドイツ人のためのドイツ音楽。買う時少し高いなぁと思ったけど、いい仕事の復刻だったので満足。ヘルシャーについて知りたい方は過去記事をご参照ください。
・ドヴォルザーク チェロ協奏曲 L・ヘルシャー&カイルベルト/ハンブルク国立o 1960年録音

LPの板起こしのyoutube。チリチリノイズがありますが、でも懐かしさとナイの名盤奏はしっかりと刻印されている。

音楽とブログは早朝に、後は子供と妻の手助けをして過ごそうかと思うGW休日初めの朝でした。しかし、一度お手洗いで目が覚めるともう寝れない歳なんだなぁ、しかも何度も起こされる日もあり困っている。ノコギリヤシを試し中。ただでさえ不眠症で睡眠薬使って寝ているのに意味がない。しっかり夜くらいはしっかり眠りたいものです。
user43308.jpg




posted by 悩めるクラヲタ人 at 08:13| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

シェーンベルク 「ワルシャワの生き残り」 シェル&アバド/ECユースo 1978年ライブ録音


第2次世界大戦のナチスによる惨禍を後世に伝える芸術作品として、絵画としてはピカソの「ゲルニカ」が挙げられるのかと思いますが、クラシック音楽でそれを挙げよと言われればシェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」と即答します。この曲にであった時の衝撃は未だに色褪せない。男性ナレーション(正しくは高低など楽譜に指示があります)と合唱及びオーケストラによる作品です。
Schoenberg-Arnold-03.jpg
ナチスの強制収容所 アウシュビッツでの迫害を写真で切り取ったかのような音楽による生々しい情景描写。そこにシェーンベルクの考案したシュブレッヒテンメ(語り)と十二音技法が見事に噛み合っています。ベルクの「ヴォツェック」とともに十二音技法の代表作としてもっと知られてもいい作品です。
これほどの重い内容ならば長大な作品になりそうなところを、7分ほどの曲に凝縮することにより緊張感と衝撃が詰め込まれています。

最初に出会ったのが
シェーンベルク 「ワルシャワの生き残り」
語り:マクシミリアン・シェル
指揮:クラウディオ・アバド
ECユース・オーケストラ
ウィーン・ジュネス合唱団
録音 1979年 ザルツブルクでのライブ
録音 4.10点 演奏 4.60点


これは再発されたもので、1990年代にも発売されたものを所持しています。当時レコード芸術の輸入盤広告欄で「燃えるアバドの真骨頂が聴ける演奏」と書いてあり、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ムソルグスキーの「禿山の一夜」(原典版)など他の曲を目当てで購入したのですが・・・シェーンベルクがとにかく衝撃。
他の曲、特にプロコフィエフの「ロメジュリ」からのタイボルトの死は圧巻。録音だけが少し残念。

語りのマクシミリアン・シェルは映画「ニュルンベルク裁判」でアカデミー賞主演男優賞を獲得した名優。その劇的で迫真の語り。そして若い演奏家たちのアバドに喰らいつくような演奏。そして曲の凝縮力に唖然。決して難しい英語でない語りだったこともあり、曲の内容も知らない状態でしたがすぐに何を表現・描写しているのかはわかりました。演奏自体はちょっと荒い部分もありますが、そこに慣れた感じがしないので逆にいい。
photo.jpg
若い!

主題は「ナチスによるユダヤ人迫害」。ワルシャワの収容所で生き残った男の体験談をもとに、シェーンベルク自身がテキスト作成、語りは英語中心ですがドイツ兵の台詞はドイツ語、最後の合唱であるユダヤ教の祈祷文「シェマ・イスロエル」(聞け、イスラエル)がヘブライ語となっています。

語り部の一部を抜粋。
私は何も思い出せない。ずっと無意識でいたに違いない。ほとんどの時間を。覚えているのは唯一、あの荘厳な瞬間だけだ 。彼ら全員がまるで事前に示し合わせたかのように歌い始めたときのこと。古い祈りを。それは何年も放置されていたもの忘れられていた信条。だが私には全く記憶がない。どうやって地下に至りワルシャワの下水道に暮らすことになったのか・・・かくも長い間。

その日もいつものように始まった。起床ラッパはまだ暗いうちに鳴った。起きろ!お前が眠っていようと、心配で一晩中目を覚ましていようともだ。お前はずっと離れ離れだ。お前の子らから、お前の妻から、お前の両親から、彼らに何が起こったのかは分からぬのにどうして眠っていられよう?
(中略)
一分以内に俺は知りたいんだ。何人ガス室送りにするのかをな!号令しろ。彼らは再び始めた。初めはゆっくりと。一、二、三、四 。次第に速く、更に速く。一層速くなってついには野生の馬の駆け足のように聞こえてきた。そして突然 そのさなかに彼らは歌い始めたのだ。「聞け イスラエルよ」と・・・・
(ヘブライ語で祈祷文「シェマ・イスロエル」が歌われるというか叫ばれる)


読んだ後に聴くと戦慄が襲います。youtubeで「Claudio Abbado and Maurizio Pollini 1978 」と検索すると映像があります。

この詩に12音技法でオーケストラによる伴奏がつくのですが、シェーンベルクの怒りが濃密で緊張感が一瞬たりとも途切れない。耳を奪われ、身体ごと持っていかれるような感覚に襲われます。もっと知られて後世に戦争の恐ろしさを伝える音楽として残されるべき作品だと思います。



アバドとシェルの語りが脳裏に焼き付いて他の演奏では生ぬるい感じがします。後にアバドはウィーンpoと録音しますが、語りも違いますし、大人しいアバドでこの演奏に比べると物足りない。


ケーゲルの演奏も家にあります。流石はケーゲルで冷血な演奏です。これも素晴らしいですが、語りはシェルに比べ劣り、録音が少し古い。オーケストラ演奏自体は緻密で細部が良く見えます。


「モーゼとアロン」の最後の余白に入っていて、当初気づかなかった・・・


ラトルでもキレキレの時のアバドには敵わない。

シェーンベルクの作品の代表作と言っても過言では無いのかと。彼の考案した12音技法とシュブレッヒテンメ(語り)がここまで見事に融合し、内容が伴っている作品はないと思います。「浄夜」よりももっと聴かれていいし、知られてほしい名曲です。

関連記事
・シェーンベルク 「管弦楽のための変奏曲」+ドビュッシー「海」 ミトロプーロス/ベルリンpo 1960年ライブ
posted by 悩めるクラヲタ人 at 21:43| Comment(0) | オペラ・声楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする