中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年04月29日

最近の私のオーディオ事情 PCスピーカーでも買うか・・・


61lVbn+ZISL__SX425_.jpg
私事ではありますが、先月に40歳も超えて子宝に恵まれるという嬉しいことがありました。だがしかし・・・タイトルの通り、音楽を聴く環境が変わってしまって、当分リビングでも自室でも音楽をそれなりの音量で聴くことが許され無くなってしまいました。夜にオペラや声楽曲でソプラノなどスピーカーに歌わせると「眠れない!」と怒号が2階寝室から聴こえてくるように。「ヘッドフォンか何かで聴いてよ」と言われるのですが、むち打ちもちですし空気を漂う音が好きなので・・・・

とはいえもう一台DAPが欲しいと思い悩みましたが、ちょっと出費が。でもそのうち買ってしまうだろうな。

因みに出産で子供も妻も実家に帰っていた際には、0時越えても大音量で聴いても大丈夫な田舎なので、何という幸せだ3週間でした。SACDやハイレゾ音源をガンガン鳴らしまくり、その迫力と静寂さに酔いしれるので、「早く家に帰ろう」という気持ちが通常よりも強くなるという弊害で残業代が減るなんていうこともありましたが。

あぁDECCAのハイレゾ音源セールもGWで終わりますよ。たまにはアフィリエイトの宣伝も。
ハイレゾ音源探すなら!日本最大級の配信サイトe-onkyo music!

前置きはさておき、最近はPCでCDを小音量で聴きながら早朝にブログを書くということが多くなりました。流石に不満。GW休暇に入り、何か流石に物足りないなぁということでAMAZONを物色。小型で面白そうなPCスピーカーは無いかなということで、まずほしいと思ったのが、FOSTEX.

大きさは悪くないし評判もいい。でもこれを買ってしまうとPC出力だとはいえ小音量で鳴らすことに満足しないような気もしてしまい。一度は使ってみたいFOSTEXのスピーカー。

で、貯まったAMAZONポイントを使用し安く、なんだかおもしろく使えそうで見た目も悪くないということで。廉価の定番エレコムのこちらで我慢をしてみました。

木製の見た目も悪くなく、サブウーファーもついて2.1ch。サブウーファーは別に使わないかもしれないけど、足元にでも置いておけばチェロの音もそれなりに聴かせてくれるだろうし、別途で使用できるみたいでオーディオおもちゃ代わりにも。電源をUSBからでなくコンセントからしっかりととることは不便と思う方もいるかもしれませんが、電気をしっかり使って音楽を鳴らしてくれるならいいのではと私は思いました、

まぁなんといっても1,000円代ですし、失敗してもそれほど怒り新党にもならず、妻にもなんか買った?この金の入用の時にどこにそんなお金あるの?と突っ込まれない程度隠せるサイズと金額ですね。最終的には。明日には届くとのことで楽しみです。

と、今は貧弱なPCのスピーカーから流れるのは、ルートヴィヒ・ヘルシャーのチェロ、エリー・ナイのピアノ伴奏でベートーヴェンのチェロソナタ。渋い。若いクラシックファンやそれなりに聴きこんでいるクラシック通にも「Who?」という組み合わせ。


演奏も音色も渋いヘルシャーの音色に、ナイの繊細かつ大胆な伴奏。古き佳きドイツ人によるドイツ人のためのドイツ音楽。買う時少し高いなぁと思ったけど、いい仕事の復刻だったので満足。ヘルシャーについて知りたい方は過去記事をご参照ください。
・ドヴォルザーク チェロ協奏曲 L・ヘルシャー&カイルベルト/ハンブルク国立o 1960年録音

LPの板起こしのyoutube。チリチリノイズがありますが、でも懐かしさとナイの名盤奏はしっかりと刻印されている。

音楽とブログは早朝に、後は子供と妻の手助けをして過ごそうかと思うGW休日初めの朝でした。しかし、一度お手洗いで目が覚めるともう寝れない歳なんだなぁ、しかも何度も起こされる日もあり困っている。ノコギリヤシを試し中。ただでさえ不眠症で睡眠薬使って寝ているのに意味がない。しっかり夜くらいはしっかり眠りたいものです。
user43308.jpg




posted by 悩めるクラヲタ人 at 08:13| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

R・シュトラウス 「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 フルトヴェングラー/ウィーンpo


数多いR・シュトラウスの交響詩の中で、時間的にも内容的にも気軽に楽しめる曲です。オーケストレーションも良く出来ていて演奏効果も高い。似たような曲にデュカスの「魔法使いの弟子」があります。

現在のコンサートでは取り上げられることが少ないですが、過去の巨匠は結構好きだったみたいですね。フルトヴェングラーの演奏記録も結構残っています。R・シュトラウスの交響詩の中で一番中身が無い曲ですが、クラシックを一つの娯楽と考えればそんなことに目くじらを立てても意味がありません。楽しめればいい訳ですから。
wiener1.jpg

R・シュトラウス
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1954年 スタジオ録音
録音  3.60   演奏  4.60


※国内SACD仕様でも出ていますが…廉価BOXで充分だと思います。バイロイトの第9以外は。


AMAZONプライムは、便利ですよ。すぐ届きます。

フルトヴェングラーの録音でも最晩年のものになります。音質に恵まれていない彼のスタジオ録音の中でも、演奏・音質ともにかなり優れた部類に入ると思います。冒頭のウィンナ・ホルンやクラリネットの音から聴き惚れます。いたずらの数々を音楽で描写していくだけの曲ですが、それをフルトヴェングラーは格調を維持しながら、限りなくドラマティックに演奏しています。最後の処刑の部分の表現力は流石です。ただがなり立てるだけではないので、緊張感と切迫感があります。

自作自演の演奏風景も残っているとは知りませんでした。

1回通しとリハーサル風景みたいです。演奏後に団員が全員立ってシュトラウスに拍手を送る風景が微笑ましい。
33分以降に謎の指揮者のサイレント映像がくっついています。コメントで「WHO?」と書かれていますが、フルトヴェングラーの前にベルリン・フィルの音楽監督を務めていた伝説の指揮者ニキシュです。

現代の指揮者が演奏すると、オーケストラの機能美をどうだとと言わんばかりに見せつける演奏ばかりで辟易としてしまいますが、フルトヴェングラーが演奏するとこれ見よがしな感じが無く、逆にどこかコクがあり、この曲に内容があるように感じられることが不思議です。ティル・オイレンシュピーゲルが愛おしい存在に感じます。

有名だと思いますが、ベルリン・フィルと演奏した全曲映像が残っています。この曲を真剣に真顔で演奏するフルトヴェングラー。

音色の美しさはウィーン・フィルの方が優れていますが、ここ一番の凄惨な迫力はベルリン・フィルの方が上かと。

今の指揮者だとティーレマンが振ったら、面白いんじゃないかな。

posted by 悩めるクラヲタ人 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

ハチャトゥリアン バレエ音楽「ガイーヌ」より「レズギンカ」 フェドセーエフの録音 2003年録音


2015年冬にフェドセーエフは単身来日し、NHK交響楽団の定期を振りました。そこで「ガイーヌ」抜粋を演奏しましたが、レズギンカ…今のN響をもってしても、あの伝説的なモスクワ放送soのアンコールの時とは、音圧がかなり違うし、勢い・ノリは再現出来なかった。

フェドセーエフも晩年のスヴェトラーノフのようにちょっと腰が据わってしまったような気がしました。

02.jpg
25年前にモスクワ放送響とフェドセーエフが来日した際にアンコールで演奏され、未だに語り草になっているハチャトゥリアンの「レズギンカ」。打楽器炸裂、ロシアのオーケストラの圧倒的な迫力をまざまざと見せつけられた演奏です。

バレエ音楽「ガイーヌ」の名前自体は知られていますが、それは「剣の舞」だけで知られているだけ。でもこの舞曲「レズギンカ」の方が曲としても優れているし、なにせ短く圧倒的な迫力。聴くとうきうきしてくるし、興奮するのは「剣の舞」の比ではないですね。

ハチャトゥリアン バレエ音楽「ガイーヌ」からレズギンカ
指揮:ウラジーミル・フェドセーエフ
チャイコフスキー記念交響楽団
(モスクワ放送交響楽団)
2003年 ライブ録音
録音 4.50点  演奏  4.70点




因みに有名な剣の舞はこんな曲。誰でも聴いたことはあるはずです。

で、レズギンカはこんな曲。両曲とも作曲者ハチャトゥリアンの自作自演。

これが普通の演奏でスタンダード。これでも愉しい演奏だと思います。私は作曲者自作自演、しかもウィーンpoとの録音、そしてDECCAなので録音もさぞかしと思って買いました。そもそも、「ガイーヌ」の録音自体が少ない。全曲なんて買うつもりはないし・・

悪くはないですが、フェドセーエフを聴いてしまった後だと。また録音も年代にしては優れていますが、この曲には少し物足りない。

去年フェドセーエフがNHK交響楽団を客演した演奏会が放送されていました。時間あまりに25年前の来日時の下記超絶名演が再放送されました。当時中学生の私は、メインプログラムの印象はさっぱり覚えていませんでしたが、「なんだこの曲!この演奏!」とビデオが擦り切れるまで繰り返し見たのを覚えています。やはり一部のファンには記憶に強く残っているらしく、youtubeでも人気ですし、再放送もされるわけです。そしてこれがその時の映像。
25年前の来日公演時のアンコール

全然違いますよね。早い、小太鼓暴れる。ムラヴィンスキーの「ルスランとリュドミラ」序曲に匹敵する小曲の壮絶な演奏。

それから執念深くフェドセーエフがこの曲を録音するのを待っていたら・・・10年前に出ました。すぐに手に入れました。「ガイーヌ」全曲買わなくても済む!剣の舞も入っている。浅田真央選手がフィギュアのプログラムで使った「仮面舞踏会」のワルツも入っている。

レズギンカだけでもお釣りは来る。ヴァイオリン協奏曲、ガイーヌ抜粋全て優れた録音で優れた演奏。如何にもロシアといった感じでちょっとうるさいですが、ハチャトゥリアンの曲ならこれ位で丁度いい。

上記の演奏を凄いいい録音で聴ける。年齢のせいか少しだけテンポは落ちていますが、スネアドラムの音の凄さと言ったら。タンタ・タララッ・タンタ・タララッ・・・・・・バチンバチンとスピーカーがはじき飛びそうな音。ちょっと大きな音量で鳴らすと近所迷惑。ハチャトゥリアン生誕100年の記念演奏会だったようで、オーケストラ名はチャイコフスキー記念交響楽団となっていますが、モスクワ放送交響楽団の正式名称です。

「仮面舞踏会」のワルツも名曲で名演です。


録音も非常に優秀でスピーカーから強烈な打撃音が飛んできます。分厚い弦楽器のアンサンブルも特筆もの。これは掘り出し物のCDですよ。すぐに廃盤間違いなしでしょうが…


オーディオ的にだけでなく、音楽的にも面白い1時間が過ごせます。クラシックって面白くないと思っている人に聴いて欲しい。アダージョ・カラヤンなんて聴かずに、はっちゃけハチャトゥリアンと銘打って売ればかなり売れるのでは?と思う逸品です。
posted by 悩めるクラヲタ人 at 10:16| Comment(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする