中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月28日

ヴィヴァルディ 「四季」 チョン・キョンファ/セント・ルークスco 2000年録音


たまには落ち着きたいです。そんな時に自然と手が伸びるのがこの曲です。誰でも知っているヴィヴァルディの四季です。「春」のアレグロは、どんな人でも一度でも耳にしたことのあるメロディーで、クラシック音楽の中でもポピュラーな名曲の最右翼です。

ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏集「四季
ヴァイオリン&指揮:チョン・キョンファ
セント・ルークス室内管弦楽団



ミュンヒンガーの四季がタワーレコード限定でありますが、聴き比べには面白いです。



ところが、私のCDの棚に「四季」が入ったのは、かなり遅かったです。「春」のメロディーしかあまり頭に残っておらず、そんなに聴きたいと思う曲では無かったので。しかし、フィギュアスケートで「秋」や「冬」を使用する選手が多く、そのフィギュアブームのおかげでようやく棚に入れようと思った次第。

でもイ・ムジチではありきたりだし、素人かと思われるという悪い先入観もあり、某評論家に従ってこのチョン・キョンファ盤を購入しました。(他にも数種類同時期に聴き比べしましたが、残ったのはこれだけ)

いたって普通なイ・ムジチ盤。

はっきり言って、作品全体はメロディアスな曲集ですが、芸術性は高いと思っていません。なので、古楽器グループなどは、手を変え品を変え手練手管の限りを尽くさないと過去の演奏と差別化できず、どうだ違うだろうと訴えるような演奏ばかりで辟易としてしましました。。

その中でチョン・キョンファ盤は、曲の品位を高めた演奏だと思います。草書体ではありますが、凛とした響きで四季を彩っています。やはり、「秋」「冬」の曲群が素晴らしいと思います。奇を衒わず真正面から取組み、曲への思い入れの強さがこの演奏を生んだと思います。




昔は没入型の演奏で知られたチョン・キョンファですが、歳を重ねて落ち着いた中に昔の情熱を封じ込めるような演奏スタイルに変化しました。没入型の時の方が私には魅力的でしたが、この曲には成熟した今のチョンのヴァイオリンの方が相応しい。

メロディアスな作品であるが故に、いろんなスタイルの演奏にも堪え得る作品でもあります。我が家にはもう1枚残った録音があります。ただしLPで。

音が出るのが遅いですが、LPに針を落とすところからみたいなので(笑)ミュンヒンガー/シュトゥットガルトcoの「四季」から秋冬。全く趣の違う楷書体の演奏です。篆書か・・・同じLPです。
今の耳で聴くと無骨過ぎますが、かえってそれが新鮮。この曲を聴いて身が引き締まるのは、この演奏位です。

ミュンヒンガーは3度録音してますが、2度目の録音が一番出来がよい。クロツィンガーの独奏がかちかちしてて好き。ただし、入手難で上の3度目のクルカ盤が一般的。晩年になるほど普通になってしまった。1度目のバルヒェット盤は、今となってはある意味かなり衝撃的。

正直、この曲はいろんなCDを聴いてみて、自分が身を委ねやすいCDを手元に置くのがベストなのではないかと思います。最近は古楽器で即興的な演奏ばかりが流行り。

カルミニョーラ盤など。

ながら聴きにも最適です曲ですが、いろんな響きと表現を楽しむにも相応しい、その日の気分に合わせて手を伸ばすCDを変えることで、クラシック音楽を聴く楽しみを増やすきっかけになればと思う曲です。


posted by 悩めるクラヲタ人 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乃木坂46「生まれてから初めて見た夢」(Complete Edition)をハイレゾで聴く


衝動買いとはまさにこのことを言う・・・乃木坂46のサードアルバム「生まれてから初めて見た夢」を、e-onkyoでダウンロード購入してしまいました。正直、今回のアルバムは買わないと心に決めていました。私の乃木坂熱がBABY METALに移りつつあることも理由ですが、何よりアルバムの売り方が嫌だったからです。


初回限定盤です。「乃木坂46 2016年ライブ特選集」・豪華フォトブックレットとおなじみ発売記念 ファン感謝イベント応募券がつきます。どれかと言われれば初回限定盤のDVDが見たい。

今回のアルバムはセカンド同様、初回限定盤・Type-A・Type-B・通常盤の4種類で発売。で、通常盤以外は特典付きで+DVDがついてきます。それが別々の物というのはAKB商法でもあることなので許容範囲なのですが、それぞれのアルバムに共通する曲は7曲であとの+7or8曲は違う曲というのが許せない。全ての楽曲を聴こうとすると15,000円近い出費が発生します。であれば、特典無しの2枚組アルバムを発売すべきところが無いのです。なので、乃木坂の楽曲は好きなのですが、今回はスルーしようかと・・・

と思っていたら。e-onkyoサイトで「乃木坂」と検索したら、「Complete Edition」として特典は無いもののアルバムにばらばらに収録されている楽曲がまとめて配信されていることに驚き!そしてflac 96kHz/24bitというハイレゾ音源ではないかということですぐに親指が押下してしまいました。因みに4,400円。楽曲だけを希望する主とすればこれで何の問題もない。しかもハイレゾ。ただハイレゾ用音源仕様では無く、ファーストアルバム「透明な色」配信同様で『Sony Music Studios Tokyoのマスタリング技術により、44.1kHz/16bitのマスター音源をハイレゾ用にリマスタリングした商品となります』という所謂アップサンプリングだと思われます。
smj4547366312126.jpg
乃木坂46 生まれてから初めて見た夢 (Complete Edition) flac 96kHz/24bit


因みに1曲目の「裸足でSummer」はシングルでも持っているので、イヤフォン爆音で聴き比べをしました。正直そこまで変わらないものの、若干ハイレゾの方が低音のぼんつく音が締まり、ボーカルとの分離がいいかな位。この「裸足でSummer」は乃木坂楽曲の中でもあまり音質は良くない方。次の「サヨナラの意味」「インフルエンサー」は今回初めてちゃんと聴きましたが、昔の楽曲並に音が低音から高音までスキッと伸びメリハリの効いた音。ファーストアルバムのような音作りで久しぶりに好感が持てました。ということでお聴きいただきましょうオフィシャルサイトから「サヨナラの意味」PV。

何よりバラバラ販売されていたものが1アルバムにまとめられているがいい。なぜかこのComplete Editionはあまり売りたくないのか宣伝されていない。e-onkyoでも発売日に配信してます!とすればそれなりに売れたでしょうに。このComplete Editionは配信のみで、あとはレコチョクとmoraから配信されています。レコチョクでのFlac 96.0kHz 24bit版は4,399円と少し高い。そして両社とも不可逆圧縮音源 AAC 128/320kbpsでも配信していますが、ともに3,000円。どちらのフォーマットがいいのやら・・・
レコチョク 「生まれてから初めて見た夢 」(Complete Edition) AAC 128/320kbps


最後にCDのアルバムごとの楽曲ですが、
【全アルバム共通曲】 8曲
1:裸足でSummer 2:サヨナラの意味
3:インフルエンサー
4:シークレットグラフィティー
5:ブランコ 6:風船は生きている
7:スカイダイビング<17th選抜メンバー楽曲>
8:三番目の風
【初回限定盤のみの楽曲】
9:(新曲)君が扇いでくれた<17thアンダー楽曲>
10:(新曲)思い出ファースト<三期生楽曲>
11:(新曲)設定温度<全メンバー楽曲>
12:孤独な青空 13:僕だけの光
14:人生を考えたくなる 15:意外BREAK
【Type-Aのみの楽曲】
9:Rewindあの日<桜井・西野・若月楽曲>
10:ごめんね、スムージー<伊藤万・井上・中元楽曲>
11:醜い私<衛藤・斉藤・新内楽曲>
12:オフショアガール 13:君に贈る花がない
14:白米様
ふぅ・・・休憩で「インフルエンサー」を。



【Type-Bのみの楽曲】
9:硬い殻のように抱きしめたい<齋藤飛鳥ソロ楽曲>
10:満月が消えた<生田・生駒・星野楽曲>
11:ワタボコリ<北野・寺田・堀楽曲>
12:ないものねだり 13:Another Ghost
14:あの教室 
【通常盤のみの楽曲】
9:流星ディスコティック<白石・松村ユニット楽曲>
10:忘却と美学<秋元・高山ユニット楽曲>
11:2度目のキスから
12:命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」
13:行くあてのない僕たち 14:当たり障りのない話
ということでComplete Editionだと全33曲となります。普通にいい曲ばかりなので、特典に踊らされるのはやめて、このサードアルバム「生まれてから初めて見た夢」はComplete Editionで購入し音で楽しみ、残ったお金で好きなメンバーの写真集でも買ったほうが断然お得です。

やっぱり白石さんか。衛藤も捨てがたい。買わないですけど(笑)


運営さんはあまり楽曲だけで買ってほしくないのでしょうか?レコチョクではちゃんとコンプリートエディション、そしてハイレゾ配信もやってんすよーとTOP画面に掲示しているのですが、何故かe-onkyoは全く宣伝せず。勿体ない。という、衝動買いと乃木坂を音だけで純粋に応援したい方への業務連絡?でした。
シュールな17th 齋藤飛鳥さんの個人PV。


明らかにファーストのクオリティに比べればフューチャーする人を誤った楽曲などもあり落ちますが、いい楽曲も多いしやはり今のアイドルグループの中では飛び抜けた存在感と完成度が高いグループだと思った1枚です。
タグ:ハイレゾ
posted by 悩めるクラヲタ人 at 18:01| Comment(0) | J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日のつぶやき






posted by 悩めるクラヲタ人 at 17:01| Comment(0) | つぶやきまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする