中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月02日

「クナとVPOによるポピュラーコンサート」クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル 1960年録音


クナッパーツブッシュの遊び心に溢れたポピュラー音楽集。クナッパーツブッシュが楽しみ、楽員と駆引きしながら名曲を愛でるように演奏しています。残念ながら正規メーカーでは廃盤。チャイコフスキーでは涙しそうな場面もある異色なポピュラー音楽の名盤なのに。

市原悦子さんが読む「まんが日本昔ばなし」のような、ゆっくりと読み聞かせてくれるチャイコフスキーの「くるみ割り人形」組曲とでも言いましょうか。ポピュラーな曲ですが、他の指揮者では成し得ることのできない、何とも含蓄のある演奏になっています。ウェーバーの「舞踏への勧誘」は、チェロのソロが絶品です。「大人向け(マニア向け?のポピュラーコンサート」と題するのが正しいのかも。

チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り割り人形」組曲
シューベルト   軍隊行進曲
ウェーバー    舞踏へ勧誘
ニコライ     歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
指揮:ハンス・クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル
1960年 DECCAのスタジオ録音
録音  4.20点   演奏  4.65点

4988005879400.jpg
クナッパーツブッシュ ポピュラー・コンサート タワーレコード限定
これもタワーレコードが独自企画で、よい音で復活してくれました。


「重すぎる」「鈍重」とも思えるかもしれませんが、DECCAの名録音が冴えわたり、当時のウィーン・フィルの首席奏者の闊達で洒落っ気たっぷりの音色が味わえます。ただし、噂ではほぼリハーサル無しだったためか、アンサンブルには綻びがありますが、これも味となってします。手探り状態で始まる序曲。ご愛嬌。

全曲を通じて巨像が躍るかのような雄大なテンポ、チェロの独奏部分と合奏部分の意味深さと音色、革張りのティンパニの強打、管楽器のソロが印象的です。「舞踏への勧誘」の最後のチェロのソロ部分、舞踏会を去る寂寥感が漂ってきます。

クリュイタンスと比較してみましょうか。


昔からこのアルバムは好きで、メーカーのCDの音に満足できず、初期盤LPも探し今は手元にあります。残念ながら英DECCAのSXL盤ではなく米LONDONのCS盤ですが、カッティング及びプレスは英DECCAで行い輸出販売されていたものなので、ジャケットの派手派手しささえ我慢すれば比較的安価でSXLと同じ音質で聴けます。手元にあるのは盤質もよくターンテーブルにのる機会が多い盤です。(フラット・厚盤・ブルーバックです。マニアックですね。絶対に売らない!)

ただこのアルバム、A面にチャイコフスキーの組曲が収められているのですが、花のワルツの最後がLPの内周部に当たりどうしても音質が悪くなる。最後の盛り上がりのffで音がつぶれてしまうのですよね。実際に板起こしで発売されているこのアルバムも、同じような感じになっています。

すでに入手難。

その点、メーカーのCDはオリジナルテープからCD化されているため、その音つぶれがありません。それ以外の部分では、板起こし盤が優れている点も多いです。でもタワーのCDは、ハイビット・サンプリングで出来はよいです。タワーさんのいい仕事。
“VINTAGE COLLECTION +plus”特別編 没後50年「ハンス・クナッパーツブッシュの芸術」Vol.1
VINTAGE COLLECTION+plus特別編〜没後50年ハンス・クナッパーツブッシュの芸術Vol.2

これが1,000円ちょっとで入手できるのですからいい時代ですね。(LPはその何倍かはする変な時代でもありますが)


騙されたと思って耳を傾けて頂きたいCDです。前のクナッパーツブッシュ/ウィーン・フィルのベートーヴェン第7は、比較的オーソドックス(しかし凄演・爆演)な演奏でしたが、この演奏は彼の異端なところが良い音質で感じることができると思います。

昔は苦労したクナッパーツブッシュの蒐集。中古レコード屋を駆け回らくても、清水に飛び込まなくても、「こんな録音もあったの?」という位、veviasが廉価BOXでまとめてくれています。すでに廃盤の録音(クナッパーツブッシュ 伝説の1963年ミュンヘンでのブル8ライブ録音)などから上記定番CDまで高水準の音で彼の軌跡と奇跡が追えます。
4560179136147.jpg
Hans Knappertsbusch The Collection Vol.3 - Wagner, Beethoven, Brahms, etc
Amazonは最近veniasレーベルには逃げ腰?

posted by 悩めるクラヲタ人 at 08:10| Comment(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする