中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月04日

モーツァルト 「フルートとハープのための協奏曲&クラリネット協奏曲」 ミュンヒンガー/ウィーン・フィル


20160802211254254.jpg
なぜこんな名盤が廃盤の憂き目に合っているのか・・・
愉しく美しくモーツァルトの粋な名曲を、往年のミュンヒンガーとウィーンpoとの名盤・名録音で。

モーツァルト
「フルートとハープのための協奏曲」
  「クラリネット協奏曲」
指揮:カール・ミュンヒンガー
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
Fl:トリップ
Hp:イェリネク Cl:プリンツ
録音 4.45点  演奏 4. 60
点 


高い!
今はタワーレコードさんが、オリジナル・ジャケット・デザイン使用、オリジナル・マスターからのハイビット・ハイサンプリング(24bit、192khz)音源をCDマスターに使用して廉価供給してくれていて安堵。
モーツァルト: クラリネット協奏曲, フルートとハープのための協奏曲<タワーレコード限定>


まずハープとフルートのための協奏曲ですが、想像しただけでわかるように美しい曲です。ハープとフルートの独奏に管弦楽が眩いばかりの美しいサポートをしていく3楽章形式の協奏曲。上記の演奏は、協奏曲というよりかは、ウィーン・フィルのソリストが仲間と一緒に奏でているので、独奏2名も管弦楽に溶け込むような音色で奏でています。如何にも昔気質の頑固おやじ風ドイツの指揮者ミュンヒンガーのかっちりしたテンポに合わせて、滔々と美しい調べが流れていきます。
images.jpg

しかし美しいだけがモーツァルトの魅力ではないのですよね。第3楽章の最後でフルートとハープがソロでカデンツァ風に奏でる部分があるのですが、楽しい音楽の中にほんの少しだけアンニュイで寂しげなメロディを絶妙なタイミングで入れてきます。それがあるから、その後の終曲部分がより華やかに感じる。本当に天才的な筆だなぁと感心しきりです。それを徹底的にウィーン風に演奏したのが上記演奏です。ずーっと長い間廉価盤で販売されており、廃盤になることはないと思っていたんですが・・・

もう一つのクラリネット協奏曲。こちらはどちらかというと、モーツァルトの楽曲の中では暗めの楽曲の部類に入ります。長調で作曲されていますが、全体を通して聞いていると短調っぽい。暗いというか先の協奏曲と違って、「儚さの調べ」で美しい。




クラリネットの音自体が少し暗い音色をしていることも一因ではあるのでしょうが。フレーズ・テンポは弾んでいるのですが、どこか後ろ髪引かれる感じがします。こちらも先の演奏と同じで首席奏者がソリストなので、オーケストラとの波長が絶妙にあっています。

こちらも第3楽章のフィナーレ中間部に、物憂げなクラリネットのソロがあります。そのソロに絡みつくようにオケが絶妙な伴奏をつけます。その後、夢から醒めるように軽快なリズムを取り戻し終曲となるのですが、「もうちょっとこの時間が、曲が続いてほしい」という風に私は感じます。

両曲とも名演と言われるCDは数多くありますが、ソリストが浮いていたり、オーケストラが重すぎたりと、なかなかベストの演奏に出会えない。未だにこの50年前の演奏に魅かれ続けています。録音もDECCA最盛期の録音なので、最新の録音にも劣らない。

実はこのCDを買って聴いてそれでは飽き足らず、ヴィンテージのアナログレコードを探し回り、今は手元にあります(SXLの初版と第2版まで手に入れた・・・。意外と安かったがCDの3倍はした(笑))。

さすがAmazon。第2版のSDDシリーズのアナログが売っている。ちょっと高いので、ヤフオクのほうがいいかも。
20160802211348604.jpg
このレコードを入手して、ターンテーブルに乗せ音を流した時に「レコード??ましてやクラシックなんて・・」というラルク好きの妻が、「この曲は好き」と初めて耳を傾けた曲。このレコードを流してぼんやりしているときは、本当に至福のひと時を味わえます。

ほんの少しだけこんな曲ですよと・・・クラリネット協奏曲は上記の演奏。ちなみにこの画像はLP初版のジャケット。如何にも時代を感じさせますが、味のあるジャケットですね。だからアナログは好き・


フルートとハープの協奏曲は、一度こちらで聴いてみてください。


クラシック初心者にも気軽に聴ける2曲です。私の愚妻ですら耳を傾けたぐらいなので(笑)今年のゴールデンウィークは、アナログでしっぽりと過ごそうかと。

5/9でDECCAのハイレゾ音源特別セールも終了ですよ。
この名盤も配信して欲しいものですが。
posted by 悩めるクラヲタ人 at 23:47| Comment(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【改訂追記】ブルックナー 交響曲第8番 クナッパーツブッシュ/ミュンヘン・フィル 1963年スタジオ録音とライブ録音


古典的名盤の改訂ブログ(笑)改訂版使用のクナッパーツブッシュに対抗。

さて若いクラシックファンにはもうクナッパーツブッシュを知らないという方も多いでしょう。wikiを見てもわかるように、超個性派の怪物指揮者です。

「クナッパーツブッシュは聴衆を、その解釈で魔術師のように虜にしたが、自分にそれが終わってしまえば、有無を言わさず刎ねつけるような身振りや口ごもった言葉で、魔法を破ってしまった。ある時「五番」の演奏が終わったところで、水を打ったような感動に沈む会場に、数秒後、ぶっきらぼうな唸り声が聞こえた、「おしまい!」」
なんて、面白いエピソードも数知れず。しかしツボにはまると(ワーグナー・ブルックナー)、他の追随を許しません。

ブルックナー 交響曲第8番
指揮:ハンス・クナッパーツブッシュ
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
19
63年1月のスタジオの録音
録音 4.00点 演奏 4.50点



昔から名盤の誉れ高い演奏ですが、さまよえるレーベル ウエストミンスターが録音したため、カタログから消えることがしばしば。昨年タワーレコードが、マニアの中で一番評価の高い日本ビクター盤を24bitリマスターして廉価で復活。前はユニバーサルからでていましたが、少し化粧し過ぎたリマスタリングに賛否両論。比べてみると、やはりビクター盤の方がデッドなマスターの味が出ていて好ましく感じます。

今でもタワーレコードさんが独自企画でリマスターして安定供給してくれています。これはビクター盤のオリジナルマスター使用、ハイビットサンプリングで素晴らしい復刻。
ブルックナー: 交響曲第8番(新規リマスター); <特別収録>ベートーヴェン: 《フィデリオ》序曲, 《レオノーレ》序曲第3番<タワーレコード限定>


遅すぎると言われていたクナッパーツブッシュのテンポも、朝比奈・チェリビダッケを聴いた今の耳にはそんなに遅く思わないのではないでしょうか。彼らと違いオーケストラを自然に歌わせているため、逆に粘っこい印象を与えません。凄いfffもありますが力づく感はないですし、呼吸が深い演奏です。
第3楽章だけは少し流れが悪くもたつく感じがありますが、弛緩はしていない。

この時期のミュンヘン・フィルは、まだドイツのローカル・オーケストラという響き。チェリビダッケが磨き上げたオーケストラと同じオーケストラとは思えません。リマスターのおかげで、古色蒼然とした風情が高まりました。(あらも見えやすくなりましたが)世界的にオーケストラの技術力は上がりましたが、楽団独自のカラーが無くなってしまったのは淋しい限りです。

20170504044109116.jpg
懐かしいLPのジャケット!このCD(正しくはLP)は、私がブルックナーの第8番を理解すると同時にブルックナーを理解する大きなきっかけとなったものです。この演奏を知った時にはすでに廃盤状態。中学時代に愛知県内の中古LP屋を探し回って、やっと出会えた時の喜びは一入でした。

ゴツゴツとした響きで、朴訥に演奏されていますが、何とも味わい深くスケールの大きな演奏です。ヴァントのような凝縮された厳しい厳粛な演奏を聴く前に聴いておくべき古典です。ブルックナー理解にヴァントの演奏は少し敷居が高いと思います。


長身痩躯の身体全体での凄い指揮ぶり。テンポなんて刻んでないですね。

伝説的な名盤 1962年のパルジファル。
SACD化されるみたいですが「SACDの長時間収録を生かし、各幕を1枚にして3枚に!」。騙されてはいけません。シングルレイヤーならDSDのまま全幕を1枚に収めることができます。



この演奏は、現代のブルックナーになれた耳にはびっくりすることも多い演奏です。ブルックナーの演奏になると楽譜の使用版の問題が出てきますが、この演奏はノヴァーク版でもハース版でもなく、改訂版と言われる大きく手を入れられた版を使用しています。テンポや強弱指定にも違いが多いですが、特に目立つのは第1楽章最後のトランペットのファンファーレがffでなくmpで演奏されること、第4楽章に一部カットがあること、終曲部分が(トッティでタターータータタタターと演奏される部分)ffでなくmfでスタートし徐々に音量を上げていくところでしょうか。

交響曲第4番や9番は編曲?というほど手が入っていますが、第8番はそこまでなので鑑賞に支障はありません。どちらかというと、この録音での問題は
第4楽章の一部分で明らかにテープの継ぎ接ぎミスがマスターテープにあること位。
かなりはっきりわかります。

ちなみに終曲最後の3つの和音(タタター)を、クナッパーツブッシュはダン・ダン・ダンと切って演奏していますが、これは改訂版の指定ではなく彼独特の解釈です。下の1962年とのウィーン・フィルとのライブ録音までは雪崩込むようにタタタッ!と演奏しています。


このスタジオ録音の直近に同じ顔触れのライブ録音があります。このライブでは、スタジオ録音と同じように最後の音をしっかり切ってます。どのように指揮棒を振ったのだろう?普通は最初のタで一回振り下ろし、棒があがって次のタ、再度振り下ろしてターなので2回ですから。どう考えても3回に振り分けていないと揃わないだろうと思われる切り方。

で、ライブ盤の演奏内容ですが、録音さえ良ければ、第3楽章含めて全体的な流れもよくスタジオ録音を越えたであろう演奏記録です。

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
19
61月1月24日のライブ録音
録音 3.60点 演奏 4.65点


AMAZON は珍しく高い。タワーレコードだと2116円で買えます。
クナッパーツブッシュ ライブ録音集 Bruckner: Symphony No.3-No.5, No.7-No.9


私ごときが云々書くより、有名な新聞批評がありますので抜粋。
批評 ヴァルター・パノフスキー
「八番の解釈が、今回ほどこれまでの演奏と大きく異なったと思われたことはなかった。彼はこの作品を全く新たに洞察し、心に受けとめたのだろう。巨大な石造りのこの作品の荘厳な不協和音の尖角を、これほど鋭く切り出したことはなかった。これほど厳しくリズムを前進させたことはなかった」(1963年1月23、24日のコンサート)

最後の音が鳴り終わり、少し間がありパラパラと拍手が。しかし、一旦拍手は弱まる。呆気に取られていた他の観衆も夢が覚めたかのように拍手をはじめ、ようやく満場喝采となる部分まで録音がしっかり残っています。これが本当に感動的。

昔から海賊盤があり、KINGレコードから正規に発売もされましたが、冴えない音質で有名でした。その後、ドリームライフ社が放送局マスターを発掘しモノラルながら当時のライブとしては見事な音質で復刻。残念ながらドリームライフのCDは廃盤でAMAZON・ヤフオクでも高値状態ですが、廉価海賊レーベル メモリーズが同等の音質でおまけ付きで廉価再発してくれています。

昔はクナッパーツブッシュの録音を入手するのに本当に苦労しましたが、今はいい時代です。タワーレコードさん、メモリーズ、そしてveniasレーベルには足を向けて寝れない。

veniasのニーベルングの指環BOX。1956年から1958年のリングをまとめて、廉価で良質な音質で聴けるとは。昔、ゴールデンメロドラムだと単年で15000円はしてましたから。

両音源ともに最初に述べた理由により、またいつ入手不可能になるかわかりません。タワーレコードさんもなぜか最近はSACDにばかりご熱心になり過ぎていますし不安。

この両CDはブルックナー、そしてクラヲタへの入り口になるきっかけの良いCDです。(他のクナの演奏を聴きたくなります)
タワーレコードさんならハイビットサンプリングされたパルジファルも3086円で買える。Vol.2です。
“VINTAGE COLLECTION +plus”特別編 没後50年「ハンス・クナッパーツブッシュの芸術」Vol.1
VINTAGE COLLECTION+plus特別編〜没後50年ハンス・クナッパーツブッシュの芸術Vol.2
タワーさん、廃盤にしないで下さい!

技術が劣っていても、アンサンブルが揃っていなくても、名演奏を成し得ることができる。あらためて芸術とは人の手によって為されるものであることも、再確認できる演奏です。ミスがあるのも人間が行うことだから当たり前。今の時代、奏者も聴き手もアンサンブルに目が行きすぎではないの?もっと大事なこと忘れてない?と問いかけてくるような演奏・記録です。

posted by 悩めるクラヲタ人 at 06:56| Comment(0) | ブルックナーの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする