中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月06日

ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」 ヤンソンス/RCO 2007年ライブ録音SACD


ストラヴィンスキーの「春の祭典」。いわずと知れた20世紀の名曲です。複雑なリズム、不協和音の連続で初演時にはブーイングの嵐が吹き荒れるスキャンダルとなりました。今聴いても「頭の中がどうなったら、こんな曲が書けるのか?」と興奮させられます。アインシュタインの相対性理論は、彼が発見しなくても20世紀中には誰かが発見しただろうといわれますが、この曲についてはそれは当てはまらないでしょう。
th.jpg
しかし・・・非推薦盤です。録音の優秀さを除いては。推薦盤ばかり出しててもなぁと。

ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」
指揮:マリス・ヤンソンス
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
2007年 ライブ録音 SACDハイブリッド盤
※カップリングは、「火の鳥」組曲(1919年盤)



私がヤンソンスのCDを持っているのはこれだけ。あとはDVDでベルリン・フィルと来日したときのものがあるだけです。このSACD、発売された時には「最新録音でSACD。「火の鳥」組曲を優秀な録音で聴ける!」とかなり期待をして購入したのですが、このCDをかけるのはオーディオ装置を変えた時と「やはりいい演奏じゃなかったかな」と聴き直してみようと思う時位です。何度聴いても、優秀な録音だなというだけで終わってしまうのです。

私の感覚がおかしいのか。ヤンソンスのCDは、結構期待して購入したのですが、ほとんど中古屋行き。オイゲン・ヨッフムが歴任した名オーケストラの音楽監督であり、ウィーン・フィルともニューイヤーコンサートを指揮する等、ヨーロッパでは引っ張りだこの人気指揮者です。


来日も多く、2012年はベートーヴェン交響曲全曲を演奏して好評でした。

来日直前に交響曲全集が発売されているのに、またすぐ来日公演のライブ録音を全集として映像化させるというのは驚きました。

この公演を私もテレビで視聴しましたが、「オーケストラとの共同作業がうまくいっていて、良好な関係だな」という印象で、演奏そのものの印象は残っていません。話題盤にはなりましたが、定番にはなっていないですよね。

このSACDの感想も同じです。ストラヴィンスキーの音楽が20世紀の古典として演奏されています。刺戟的(あえてこの字)なところが皆無。入念なリハーサルで仕上げたこの曲を、演奏会で俎上にあげましたという感じに聴こえる。録音がホールトーンも含め優秀なSACDが故に余計にそう思える。傷ひとつなく、オーケストラとも呼吸がピッタリ過ぎて予定調和で、「春の祭典」が持っている脳髄を刺戟する音になっていない。レビューを見ると、みなさん高評価なのでちょっと戸惑います。

「火の鳥」組曲も同じです。鳴らすべきところを鳴らし、美しいところをこの上なく美しく演奏しています。

これはたぶん若い頃の演奏かと。

ブーレーズのような分析的な「春の祭典」を高く評価するほうではありませんが、レコードに記録を残すならばそのほうがよほど意味がある。面白いし、「そんな音が隠れていたか」という驚きもあります。とはいえ、ヤンソンスのDVDはあります。ハーンとのショスタコーヴィチの協奏曲もいいし、ドヴォルザークの交響曲第8番も燃えています。


時にタクトを止めてオーケストラに任せています。この頃のヤンソンスのほうがよかったかな。ほとんどの識者が「病後のヤンソンスは円熟味を増した」と批評されていますが、逆に面白くなくなったと私は思います。自主レーベルから数多くのCDしかもSACDで出してくれていますが、記憶に残るものがあったかは不明。聴いている間は特に不満は無いのですが・・・


オーケストラと指揮者の関係性には、適度な緊張感というものが無いといけないのではないかと。バイエルンの重責と兼任だったRCOはダニエレ・ガッティに席を譲り、今はバイエルン放送交響楽団に専念するみたいです。果たしてヤンソンスは、小澤もそうですが、名オーケストラに長きに渡り君臨し名声もあるが歴史に残る名盤を残してくれるのでしょうか?






ラベル:SACD 名録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする