中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月07日

ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ「クロイツェル」 フーベルマン&フリードマン 1930年録音


ヴァイオリン・ソナタは数多くありますが、好きな曲を挙げろと言われると、フランクのソナタかベートーヴェンのこのクロイツェル・ソナタと即答します。
huberman_photo4.jpg
しかしこの曲は難物で中々いい演奏に出会えない。激情に駆られるような演奏でないともの足りない。ベートーヴェンの作品の中でも切迫感が半端ない。特に第1楽章。第1楽章が優れていないとその先を聴き続けようと思えないのです。美音だけで第1楽章をやられると辟易とします。よってシゲティやクレーメル向きの曲。その中でもフーベルマンは異色のヒリヒリ感が漂います。

ベートーヴェン
ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調「クロイツェル」
ヴァイオリン:ブロニスワフ・フーベルマン
ピアノ:イグナツ・フリードマン
1930年 モノラル録音
録音 3.25点  演奏 4.50点



名前を知っている人はかなりのクラヲタだけでしょう。主に戦前に活躍したヴァイオリニスト ブロニスワフ・フーベルマン。ここぞという時の斬れ味、妖艶な音は他のヴァイオリニストと一線を画しています。古い録音からでもそれは伝わってくるほど。イスラエル・フィルの創設者として名を残しています。当時のヴァイオリニストとしては、存命中かなり録音を残した方ですが、現在カタログにはほとんど残っていません。

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲やチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のSP録音は、SP蒐集家垂涎の的。独特の斬れ味鋭いテクニックとヒリヒリとした冷たい音色が特徴です。戦後も活躍しましたが、事故で手を負傷してしまったため少しテクニックは落ちましたが、独特の音色は健在でした。

バッハのシャコンヌ。当時としては、ヴァイオリンを歌わせない異質な演奏。戦後のアセテート録音でしょうか?



このベートーヴェンのクロイツェル・ソナタは、私の中では未だにこれを超える演奏に出会っていません。ピアニストともども、一回の録音に賭ける驚くほどの集中力とその冷たい音色。蜘蛛の糸のように繊細だが強靭、触れれば火傷しそうなドライアイスのような冷たさ。クレーメルとアルゲリッチの演奏はこれに近いですが、この境地には至っていません。

如何にもSPって感じが郷愁を誘いますが、すぐに鋭い音に耳を奪われます。こちらも最後の最後にポルタメントが。

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、ピアノ。ソナタと違い、あまり深さが無いため、有名な「スプリング・ソナタ」などは個別では棚にありません。(フリッツ・ブッシュのBOXにあるくらい)結局聴くのはこのCDの「クロイツェル」だけです。(クレーメル盤とギトリス盤という灰汁の強い演奏)


フーベルマンのCDはこのほかに、チャイコフスキーの録音2種(戦中と戦後のもの)と名演名高いラロのスペイン交響曲があります。


こちらは晩年のオーマンディとのチャイコフスキーのライブ盤。入手難。第3楽章には当時慣例のカットがあります。燃えるオーマンディと鋭利なフーベルマンのヴァイオリンが耳を貫きます。特に第3楽章の細いが核のしっかりある超ハイトーンで歌う部分は古い録音にもかかわらず、ヒヤリとした冷たい彼の特長・音をよく伝えてくれます。

私が所持しているのは下記CDですが、プレミア価格。mp3で十分。

他の追随を許さないというか真似のできない演奏・音色です。
ラベル:ヒストリカル
posted by 悩めるクラヲタ人 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」 フルトヴェングラー/VPO 1953.3.31ライブ録音


今年のGWは個人的な財布には非常にやさしいGWで終わりました。最後にCDを買ってしまいましたが。
無題.png
それがこのフルトヴェングラーの第9。何枚目?しかもバイロイトの第9よりも謎が多い言われる1953年3月のウィーン盤。私が所有しているのはドリームライフから完全初出と言われた1953年3月30日の初回限定盤でHQCD。当日のパンフレットも小冊子としてついているもの。AMAZONでは取り扱いがもう無いみたい。ヤフオクならあるかな?通常盤で後日発売されたものがあります。


で今回のは日本フルトヴェングラー協会音源を忠実かつ誠実に盤鬼 平林氏がリマスタリング、KINGレコードから2014年に発売したもの。こちらは1953年3月31日表記。コンサート記録でも29日〜31日(31日は2公演!)に4回演奏したとされていますので別音源となります。私は恐らく初めて聴くのではないかと。昔グラモフォンからも出ていましたが買って聴いたか記憶が無い。ただ音質は上々で、久しぶりにフルトヴェングラーの新譜を聴いた気分にはなりました。

ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調「合唱」
ゼーフリート(ソプラノ)、アンダイ(アルト)
デルモータ(テノール)、シェフラー(バリトン)
指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン・ジングアカデミー合唱団
1953年3月31日 ライブ録音
録音 3.65点  演奏  4.60点


※全く触れませんが、第1番もカップリングの2枚組です(笑)

取り合えず、やはりフルトヴェングラーの第9は凄いなと思う次第。最後のアッチェレランドはやはり猛烈に早い。ドリームライフ盤の方がシンバルが明らかにうるさい。うるさいどころか他の楽器の音をほぼマスクしています。当盤はシンバルで他の楽器がかき消されるところはやはりあるものの、ティンパニのドコドコや他の楽器の追い込みがしっかりと聴こえ、数あるフルトヴェングラーの第9 アッチェレランドでも1,2を争う猛烈さ。

これは1951年の映像・演奏ですが、音の傾向はドリームライフ盤に近い。

このCDはドリームライフ盤と同じ演奏ではないかと言われていますが、第4楽章のティンパニ追加やミス、アッチェレランドの印象の違いの大きさなどから違うものと私は思います。ライナーノート執筆の盤鬼 平林氏は「ドリームライフ盤はこの演奏をもとに別テイクを混ぜたものではないか?」と書いていますが、流石にそれは言い過ぎでは。

音質はドリームライフの方がヒスノイズは多く残して低音がより豊か、今回の31日盤は低音は少し薄めだが細かい管楽器の音を拾っているし分離がいい。第3楽章や第4楽章の歓喜の主題を徐々に織りなしていく弦楽器の綾を非常に細かく、しかもルツェルンのようなデッドでは無い響きで優しく感動的なまま耳に届く。マイクセッティングの位置がドリームライフの方が歌手とシンバルにかなり近めで癖は強い。今回のCDはやはりシンバル近くですが、声に関しては独唱にだけ異様に近い印象で合唱とは少し距離がある。

AMAZONレビューにもありましたが、フルトヴェングラーの第9としては1954年の所謂ルツェルンの第9に次ぐ音質かと。ルツェルンはかなりオンマイクですが、こちらは会場の雰囲気を良く捉え、細かい音が分離してよく聴こえるバランス型。楽章間インターバルの聴衆ノイズもそのまま残しで会場にいる気分に。全体を通して録音バランスの乱れがないという点はいい。グラモフォン盤と音の傾向は微妙に違うらしいですが、買い足す気は毛頭ありません。個人的には、正直全体的なバランスで言えばこのCDが一番録音状態がいいフルトヴェングラーの第9と言ってもいいと思います。アッチェレランドの迫力は一番好きですし。終わりよければ何チャラといいますか。


またじっくり聴いてフルトヴェングラーの第9聴き比べページに書き加えなければ・・・このブログの中で一番アクセス数を誇る有難いページです。こちら↓
・ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」 フルトヴェングラーのCD聴き比べレビュー
彼の第9を全て網羅しているわけではないですが、入手し易いもので演奏が良いものはある程度揃っていると思います。私が今回のように聴いていないか忘れてしまった音源はあるかもしれませんが、さすがにこれ以上新しいソースの新発見は無いと思われます。

簡単のこの演奏の特徴を挙げますと、第1楽章は演奏開始前の静けさが長く収められていて、霧のように始まる独特の流儀は一番克明に感じられる。第2楽章は、フルトヴェングラーとして比較的おとなしい印象。その代りウィーンpoの管楽器群の音の魅力は、録音も良いことからバイロイトより明らかに上。第3楽章、バイロイト盤のような一期一会的なものには欠けるものの、弦楽器の合奏と掛け合いは素晴らしい。こちらも録音の良さが活き、うっとりとリアリティのある美しさ(バイロイトは幽玄)でウィーンの訛りも感じられる。

そして第4楽章。独唱が始まる前まではバスのレチタティーヴォも含め盤石。不思議なのはフルトヴェングラーの第9の中で唯一、歓喜の主題が管楽器でフォルテで提示されるところでティンパニが後ろで音を足している。バリトンが始まる前にティンパニがとちるのはご愛嬌。その後は晩年様式のゆとりのある進行でバイロイトのような溜めて溜めてからの〜という感じは無い。終結部も早いものの配慮がされている。

流石のベルリンpo。欲を言えばアッチェレランドで見事な追い込みを決めているティンパニが最後に5連打どすん!で決めれないところ位。(演奏全体的にはティンパニストはいかにも革張りですといういい音・演奏をしています)

最後に笑い話というか憤りを感じたこと。下記リンク、何だ?この価格!!!最初は初回限定盤がプレミア価格になっているのかと思いきや・・・

≪特製仕様≫
*24金反射膜
*クリスタルCD用にオリジナルマスターから新たにリマスタリング
*同音源の比較用HQCD入り
*豪華特殊アクリルケース付
*特殊装丁による豪華外箱は、一つ一つが職人による手作り
だそうで。赤字2点が許せん。初回購入者を馬鹿にしているのかと思いました。嫌な締めですみません。






posted by 悩めるクラヲタ人 at 08:40| Comment(0) | ベートーヴェンの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする