中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月07日

ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ「クロイツェル」 フーベルマン&フリードマン 1930年録音


ヴァイオリン・ソナタは数多くありますが、好きな曲を挙げろと言われると、フランクのソナタかベートーヴェンのこのクロイツェル・ソナタと即答します。
huberman_photo4.jpg
しかしこの曲は難物で中々いい演奏に出会えない。激情に駆られるような演奏でないともの足りない。ベートーヴェンの作品の中でも切迫感が半端ない。特に第1楽章。第1楽章が優れていないとその先を聴き続けようと思えないのです。美音だけで第1楽章をやられると辟易とします。よってシゲティやクレーメル向きの曲。その中でもフーベルマンは異色のヒリヒリ感が漂います。

ベートーヴェン
ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調「クロイツェル」
ヴァイオリン:ブロニスワフ・フーベルマン
ピアノ:イグナツ・フリードマン
1930年 モノラル録音
録音 3.25点  演奏 4.50点



名前を知っている人はかなりのクラヲタだけでしょう。主に戦前に活躍したヴァイオリニスト ブロニスワフ・フーベルマン。ここぞという時の斬れ味、妖艶な音は他のヴァイオリニストと一線を画しています。古い録音からでもそれは伝わってくるほど。イスラエル・フィルの創設者として名を残しています。当時のヴァイオリニストとしては、存命中かなり録音を残した方ですが、現在カタログにはほとんど残っていません。

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲やチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のSP録音は、SP蒐集家垂涎の的。独特の斬れ味鋭いテクニックとヒリヒリとした冷たい音色が特徴です。戦後も活躍しましたが、事故で手を負傷してしまったため少しテクニックは落ちましたが、独特の音色は健在でした。

バッハのシャコンヌ。当時としては、ヴァイオリンを歌わせない異質な演奏。戦後のアセテート録音でしょうか?



このベートーヴェンのクロイツェル・ソナタは、私の中では未だにこれを超える演奏に出会っていません。ピアニストともども、一回の録音に賭ける驚くほどの集中力とその冷たい音色。蜘蛛の糸のように繊細だが強靭、触れれば火傷しそうなドライアイスのような冷たさ。クレーメルとアルゲリッチの演奏はこれに近いですが、この境地には至っていません。

如何にもSPって感じが郷愁を誘いますが、すぐに鋭い音に耳を奪われます。こちらも最後の最後にポルタメントが。

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、ピアノ。ソナタと違い、あまり深さが無いため、有名な「スプリング・ソナタ」などは個別では棚にありません。(フリッツ・ブッシュのBOXにあるくらい)結局聴くのはこのCDの「クロイツェル」だけです。(クレーメル盤とギトリス盤という灰汁の強い演奏)


フーベルマンのCDはこのほかに、チャイコフスキーの録音2種(戦中と戦後のもの)と名演名高いラロのスペイン交響曲があります。


こちらは晩年のオーマンディとのチャイコフスキーのライブ盤。入手難。第3楽章には当時慣例のカットがあります。燃えるオーマンディと鋭利なフーベルマンのヴァイオリンが耳を貫きます。特に第3楽章の細いが核のしっかりある超ハイトーンで歌う部分は古い録音にもかかわらず、ヒヤリとした冷たい彼の特長・音をよく伝えてくれます。

私が所持しているのは下記CDですが、プレミア価格。mp3で十分。

他の追随を許さないというか真似のできない演奏・音色です。
ラベル:ヒストリカル
posted by 悩めるクラヲタ人 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする