中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月12日

BABYMETAL  「LIVE AT TOKYO DOME (通常盤)」[Blu-ray] を観賞する


メタルです。それもアイドル・メタル?と言われるBABYMETALの昨年行われた東京ドームでのライブ映像のブルーレイ。2017.4.12日発売、Amazonプライム会員なので前日に納品。今は乃木坂よりも夢中なクラシック以外の音楽がメタルでBABYMETALです。
C2DLkHhUAAEqmLP.jpg
この写真1枚だけで彼女たちの恐ろしさがわかる人にはわかる。

以前にも簡単に紹介しましたが、過去ブログ↓
・BABYMETAL 「LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT」よりも凄い?
3人組の女性グループで演奏は本格的です。日本での評価よりも海外の評価の方が圧倒的に高い。先日X-JAPANがライブをし話題となったメタルの聖地イギリス ウェンブリーアリーナでは日本のグループとしては初めて(結果的にではありますが)ワンマンライブ、しかも彼女たちの2016世界ツアーの初日に行うという快挙。そちらも映像化されすでに世界で絶賛発売中。


日本語で歌って本場イギリスの観客をこれだけ熱狂させるのですから。これも楽曲が優れているのと神バンドの超絶技巧の賜物。当然いつも通りバンドの轟音をものともしないsu-metalの生歌歌唱力も凄い。

2016ツアーはその後アメリカなどを巡り、最終日が凱旋で東京ドーム2daysでこのブルーレイに収められているものです。
BABYMETAL  「LIVE AT TOKYO DOME (通常盤)」[Blu-ray]

初回限定盤や特典付きなどがありますが、通常版で十分です。


このBABYMETALの映像作品に関してはDVDでは無く、必ずBlu-ray購入します。車内で見れないので不便ですが音質フォーマットが48kHz/24bitだからです。DVDだと16bitだったはずで、見た目で見たいグループ・音楽では無く音質でも良い音で聴きたいのです。画質・音質については、過去にいろんなライブ映像がある彼女たちですが一番バランスが良く優れていると思いました。時に埋もれがちにもなってしまうsu-metalの声もはっきりクッキリ、しかも調子がいい。その分バンドの音は少し分厚さ控えめですがパートの定位と音は明確、観客の声も少しボリュームを下げてある。

ライブの歌で調子がいい・悪いなんて評価されるのも口パクライブは決してしない生歌にこだわるsu-metal位ではないですかねぇ。映像化に際して若干の修正はされているようですが、あくまで少し声が裏返った部分を修正する位。しかし彼女たちの持ち歌を2日間で全て聴けるというのも嬉しい限り。CDでは若かった彼女たちも成長して、声質もボーカル力も変わり大人っぽさと風格が漂ってきました。CD録音時の若い真っすぐに伸びる声も魅力でしたが。





視聴した感想ですが、不満は映像化しても「箱」がデカすぎる。会場の話です。彼女たちはライブでは曲間のトークをしません。歌とダンスのみで勝負です。コメントでもよく見られますが、ドームでは見えるか見えないか、見えても豆粒みたいだったそうですが、映像作品化されても舞台が広すぎ、一人一人のアップも少なく、また神バンドと3人が一緒に演奏・ダンスする映像が少ない。そこが一番見たいところなのです。舞台演出には興味が無い。演奏レベル・曲・録音の満足度はこの東京ドームが一番ですが、映像作品として考えると武道館ライブやウェンブリーライブの方が良かった。

武道館はこちらも声重視で音質明瞭、ウェンブリーの音質はバンドの音を結構大きく。そして分厚く録っているので彼女たちのボーカルが少しですがマスクされる。(ライブ会場での正しいバランスではありますが。)一番は箱、ステージの広さとセットの問題。やはり平らなステージ中央で前方に向かってバンドと並んで演奏して欲しい。それでこそ彼女たちの良さとバンドの凄さと一体感が伝わる。

音も映像も劣りますが、一番興奮させられたのは実はLive in London。ライブ感は一番伝わってくる。


LIVE AT TOKYO DOMEではアルバム2枚の楽曲を2晩で全て被り無しで演奏。アンコールも無し。演奏に不満は無いのですが、その会場の問題によるカメラアングルの切り替わりの多さ、あとはライブ前後と中間に流れる曲の映像前振りとコール&レスポンスが海外公演よりも長い、うー長すぎる。会場でなら楽しめるかもしれませんが映像作品で家で見ると考えるとウェンブリーの時のコール&レスポンス位が丁度いい。

BBCのインタビュー。

ウェンブリーでのトレイラー。違いは一目瞭然ですよね。

とクラシックブログの訪問者には??でしょうが、意外と私みたいなクラシック中心の人もはまっている人が多いのも事実。破滅的なメタルでは無いですし、ギターのハーモニーも調性があるし、リズムもしっかりしていて、どこかYMO的なサウンドも感じる。乃木坂のひめたんの妹さんとは思えない位かっこいいsu-metalの存在感と生歌の圧倒感。yui・moaについてあまり書いていないことにはお許しを。あくまで楽曲・歌の素晴らしさが魅力のグループだと私は思っているので。

ただ流石にセットリストにも飽きが・・・アルバム2枚で勝負ですから。捨て歌が1曲も存在しない2枚のアルバムも凄いのですが、流石にもう次はサードアルバムに期待です。最近は大物アーティストのオープニングアクトに引っ張りだこで忙しいのはわかりますが、もう知名度は十分なので自分たちの音楽をさらに深化させていってピンで、そしてライブハウスで勝負して欲しいと願ってしまった視聴記でした。


Amazonnプライム会員になると、彼女たちのアルバムはライブ盤も含めて全て聴けてしまうのも凄い・・・世界的アーティスト扱いなのですよ。

ラベル:優秀録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 11:28| Comment(0) | J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする