中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月14日

母の日に聴きたい歌 竹内まりや「うれしくてさみしい日」


今日は母の日ですね。去年は子供と花屋行ったら1本 750円もするカーネーションを買わされました。見て一瞬で子供たちが「わぁぁキレイと」束でこれにしようといった時には青ざめました。素敵な店員さんが「普通のカーネーションに一本添える方が綺麗に見えるよ」と父の気持ちを推し計る見事な言葉に救われました(笑)
1178_4.jpg
先日、久しぶりにJ-popのCDをTUTAYAでまとめて借りました。借りたくなったのは5/11日の夜に放送されていた「SONGS」母の日スペシャルを見ていて、竹内まりやさんが「うれしくてさみしい日 (Your Wedding Day)」を歌っているのを聴いたからです。勿論、竹内まりやさんの歌は昔から知っていますし聴いていますが、あぁこんないい歌もあったんだぁと気付き借りたくなったのでした。

収録アルバムは、
竹内まりや
「Expressions-Original recording remastered」


今更ですか?という超有名盤で後世に残る竹内まりあのベスト盤ですね。録音もご主人の山下達郎さんがプロデュースのため上質。

山下達郎さんご自身のアルバム制作の際には昔から音楽へのこだわりだけでなく、音作り・音質にこだわって世界品質を目指していると聞いた記憶があります。だから彼のアルバムは評論家から高く評価され続けています。(当然一般リスナーからも)ノイズが少なく透明度の高い綺麗で素直な録音が多く、大きな音量で聴きたくなるのが特徴。多くはシステムで大音量で聴くと辟易・疲弊する多くのJ-popアルバムと雲泥の差。

このベスト盤は当然昔借りていて、その時はCDレコーダーが健在でしたからCD-Rに焼いて3枚家にありました・・・なんだ、このベスト盤に入っていたのかと少しがっかりしたものの、再度読み込みmicroSDに入れれば音質向上にもなるし、3枚CD-Rが減るのでと再度借りました。

正直ドラマの「白い影」(ドラマは竹内結子が見たくて見てましたが)の主題歌にもなった「真夜中のナイチンゲール」で竹内まりやさんの曲は脳内でストップしていました。しかし、その後の名曲も多いことに改めて再確認。アルバムで言うと「Denim」以降かな。

カバー曲ですが「君住む町角」からいいですね。昔大学の英語の授業で「本気でオンリーユー」の英語バージョンがリスニングの教材になり、先生が「竹内さんは英語の発音がいいし、語句がはっきりしているので歌が上手いのは勿論授業にもってこい」と発音を褒めてました。

現在の最新アルバムは「TRAD」になるみたいで同時にレンタル。

レビューの皆さんが書いているように昔から変わらないですね、竹内さんの音世界は。「竹内まりやが作詞・作曲しても、山下達郎がアレンジするからみんな山下達郎の歌になる。中島みゆきと比べて独自の世界観や進歩・挑戦が無い」という声もあるみたいですが、昔から変わっていないぶれないのが竹内さんの特徴だと私は思っています。これほど未だに「ニューミュージック」というジャンルの言葉が似あい続ける人はいない。

TUTAYAに行くと竹内さんも中島さんも一般のJ-popの棚では無く、「歌謡曲・ニューミュージック」というコーナーにあります。J-popと「演歌」との間みたいなジャンル分けで不思議。中島みゆきさんは「歌謡曲」というのが似合うし、実際に今の所謂J-popと演歌の中間みたいな歌・歌い方で、確かに楽曲が時代変化に合わせるように変化している感じがします。竹内さんは昔のまま、でもそれがいいところじゃないでしょうか。山下達郎さんの名アレンジにより、何十年後に聴いても新鮮さと懐かしさを同時に感じてくれる。

そして今日は「母の日」。子供たちが何を夜に買ってママにあげよう?と、朝からパパの財布から金を出すにもかかわらず話しかけてくるのは面白いですが幸せなものです。竹内まりやさんの「うれしくてさみしい日」はそんな気持ちにもピッタリな曲です。

最後に残念なお知らせですが・・・歌に反し、我が家は3人とも男の子です(笑)もらう側ばかりです。


タグ:優秀録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 07:46| Comment(0) | J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする