中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月15日

ドビュッシー 「ベルガマスク組曲」 フランソワ 1968年録音


20160606223456393.jpg
昼とうって変わって涼しい夜に、古のフレンチ・ピアニズムに静かに音に身体を委ねたいなと。
ワインは傾けませんが。

ドビュッシー 「ベルガマスク組曲」(全4曲)
ピアノ:サンソン・フランソワ
1968年 スタジオ録音
録音 4.25点  演奏 4.80点



フランソワの変化と粋を堪能したい方には。

ドイツ系で好きなピアニストはバックハウス、フランス系ではフランソワを挙げます。フランソワに魅かれたのは最近です。同時にドビュッシーの良さに気付けました。きっかけは、クラヲタの嗅覚が働いたこのBOXです。5,000円で入手。

フランソワの魅力は、バックハウスとは全く真逆。洗練されていて洒脱で粋。伝統とは無縁で、デカダンスという言葉がぴったりな演奏家で、どこか背徳的な音色。そのため故か、曲との相性もそうですが、個性的で出来不出来が非常に激しい。その危うさすら魅力になるピアニストです。

コルトーの後継者とみなされていましたが、酒とたばこを愛しすぎ若くして急逝。フランス・ピアニズムの色香を引き継いだ最後のピアニストかもしれません。(後継者と言えるのは今のピアニストでは、ルイサダ位でしょうか)


このフランソワの特徴と特質が生きた演奏・曲が、ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」で、フランソワ晩年は特に出来不出来が激しかったですが、ドビュッシーに関しては良い方向に作用しています。3曲目の「月の光」も絶美の名演で、眩い月の光が降り注ぎは儚く消えていくような、光が壊れてしまうのではないかと感じる演奏。

ですが、「月の光」以上に最後の「パスピエ」が華やかに20世紀中盤を駆け抜けていったフランソワにぴったり。闊歩していくような演奏で、他の誰にも真似できない音色とニュアンス。なぜこの曲が名曲と評されるのか、この演奏を聴いて初めてわかりました。

ドビュッシー初期の作品のため、後年の作品に比べ旋律的で聴きやすいのも特徴です。

「月の光」・・・


こちらも彼の得意としたドビュッシーの「喜びの島」の演奏映像。美しい・・・

このブログでフランソワの演奏もっと聞いてみたいなという方には、枚数は少ないですがveniasレーベルが廉価BOXを出していますので、今はこちらのほうがいいかと。ショパン・ラヴェルがメインで、ベルガマスクは含まれていませんが。


注意事項:フランソワのCDは、できればフランスEMIのCDで購入されんことを。vaniusはおそらくそれを音源にしているので大丈夫。国内盤は全くフランソワの美質があまり堪能できない音質。EMIの録音は、フランスEMIの復刻盤が一番音が良い。クリュイタンス/ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全集、クレンペラー/フィルハーモニアのマーラー交響曲選集でも実証済み。クレンペラーは特に凄い音で復活しています。

最後にフランソワの超名盤クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団とのラヴェルの「左手のための協奏曲」を・・・

これはe-onkyoのハイレゾ音源がお薦めです。フランソワのピアノが弾け、今は聴くことの出来ないパリ音楽院管弦楽団の洒脱な音が堪能できます。



タグ:フランソワ
posted by 悩めるクラヲタ人 at 23:04| Comment(0) | 器楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショスタコーヴィチ 交響曲第10番 スクロヴァチェフスキ/ベルリン・ドイツso 2003年ライブ


昨日のパーヴォとN響の演奏も、珍しく快演だったショスタコーヴィチの交響曲第10番。

今年は、愛すべき「ミスターS」こと指揮者 スタニスワフ・スクロヴァチェフスキさんがお亡くなりになりました。日本にも所縁が深い指揮者で昨年の最後の来日でも、読売日響とブルックナー 第8番を演奏、NHKで放送されました。

ご高齢にもかかわらず立ったままの指揮で、しかも矍鑠とした指揮ぶり・音楽を聴かせ、聴衆だけでなく一緒に演奏していた楽団員も涙を浮かべていた素敵な演奏でした。CDでも発売され、e-onkyoサイトでもハイレゾ配信されています。

最後の来日公演 ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 (24bit/96kHz)
skrovas.jpg
そんな中、私は棚に唯一遺っているショスタコーヴィチを取り上げます。スクロヴァチェフスキと言えばブルックナー指揮者のイメージが強いですが、私としてはショスタコーヴィチ向きの指揮者だったと思います。オーケストラがドイツ・ベルリン交響楽団という優秀なオーケストラとの録音でもあり、彼の創りたかった音楽がわかるような演奏でもあります。何故か有名・巧いオーケストラとの録音が少ない指揮者でもありました。

ショスタコーヴィチ 交響曲第10番ホ短調
指揮;スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ
ベルリン・ドイツ交響楽団
2003年 ライブ録音
録音 4.45点  演奏  4.65点





全楽章に渡って全てにおいて過不足の無い名演です。ムラヴィンスキーやカラヤン、バルシャイと比較してもこの曲のベスト演奏に挙げていい演奏です。だから結構買い漁ったスクロヴァチェフスキのCDでも唯一棚に残っているのです。

演奏の傾向としては、作曲家でもあったスクロヴァチェフスキの楽譜の読み込みが深く、全ての音を聴こえるように演奏していて、ショスタコーヴィチ特有の渾身の迫力が求められる部分でもただの大音量でなく作曲家のもがき・喘ぎを感じさせてくれる。流石にムラヴィンスキーのような阿鼻叫喚の響きではないですが、シンフォニックで耳に適度な刺激を与えてくれる。

スクロヴァチェフスキの演奏の特徴は、作曲家視点で楽譜をしっかりと読み込み、細部にまでこだわった演奏をするところ。これは彼の名前が日本でも知られ始めた1980年代以降、というか終始一貫変わらぬ姿勢・スタンスで良くも悪くも演奏が老成・成熟していくということが無かった指揮者だと思います。変わっていったのは一緒に音楽をするオーケストラの尊敬の眼差しと、スクロヴァチェフスキの1音1音への「慈しみ」が強くなっていったところでしょうか。最後までフレッシュな音楽づくりが持ち味でしたが、これに先ほどの部分が加わることで演奏の質は上がっていきました。

ただ練習は厳しかった指揮者だったそう。だからメジャーなオーケストラからは晩年になっても呼ばれなかったのでは?2011年に小澤の代演でベルリンpoを指揮して好評を博しましたが、その後呼ばれた?ヴァントとの違いは??

恐らくセクション単位へのこだわり、「こういう音が欲しい」というのが強い指揮者だったからでしょう。マスで音楽を創るというよりは、細部細部の本当に細かいニュアンスの積み重ねがスクロヴァチェフスキの魅力であると私は思っています。

一つ間違えればブーレーズ的ですが、彼にはリズムと生きた音楽を創りたいという欲望があります。だからマスの響きが求められるベートーヴェン・ブラームス・ブルックナーといういわゆるドイツ三大Bの録音も多いですが、そういう点が不満で何度も聴こうと手に取らなかった。だから棚を去る・・・一度聴くには愉しいし、感心するのですが。

だからオーケストラがその音楽を理解し、この人のいうことについていこうと思わなければ「リハーサル面倒くさい・・・」とオーケストラから嫌がられる。逆に読響みたいについていきたいというオーケストラからは「俺らにもこんな音が出せるんだ、こんな演奏が出来るんだ」と好かれたのでしょうし、最後の共演での涙の意味もそういう部分が強かったと思いました。当然「これが最後かも・・・」という気持ちもあったでしょうが。


私はスクロヴァチェフスキのブルックナーの演奏は聴いた時には「いい演奏だ。あぁ面白いいい音楽を聴けたなぁ」と思う一方、心に強く長く響きが残るし演奏ではないかなというのが正直な印象。痒いところまで目の行き届いた演奏なのですが、それが良くも悪くも響きがブルックナー的なオルガン質の音として広がらない要因の一つだと分析しています。

シューリヒト的な演奏ですが、身を委ねたい部分で「えっそんなテンポとるの?」とか「その音を強調しますか!」とフレッシュを通り過ぎてブルックナーの音楽よりもスクロヴァチェフスキの存在が出てきてしまうのですよね。それが愛される要因の一つでもあるのですが(笑)

で、ショスタコーヴィチに話を戻すとそれが逆にマッチする。そもそも音の広がりをそれほど求める音楽ではないし、個々の楽器の妙技が求められる、そして何よりスクロヴァチェフスキの先ほどの「えっ!」と思わすところまで求められる曲だから。そしてそれがベルリン・ドイツ交響楽団の深い音が加わり名演になっています。これがザールブリュッケンや読売日響などだと多少不満が残ったでしょう。自分と同時代を生きた作曲家として尊敬の眼差しすら感じる深い楽譜の読み。

感動的な映像・・・
そのこだわりに見事に応えるベルリン・ドイツ交響楽団の各セクションの面々の積み重ねがこの名演に繋がった。ベルリンpoよりも指揮者の求める音に素直に応え、それに底深い低音を加えて返すという点でベルリンpoよりもいいオーケストラなのではないかと、プレートルなどとの演奏も聴いたりすると思う名オーケストラです。(但し、つまらない指揮者が演奏するとそれなりの音楽にしかならない点でベルリンpoと違いますが(笑))

ショスタコーヴィチの第10番はムラヴィンスキーの録音はステレオでも残っていますが録音が甘く、同時期のライブの方が名演だけどモノラル・・・と演奏は優れているが録音に難点が。


バルシャイの演奏が今のところよく聴く演奏ですが、今回スクロヴァチェフスキの演奏を改めて聴いてこちらのほうが少し燃焼度が高く、人間味があるという点で少し上かなと思います。

ベームやヴァントみたいに晩年にブレイクみたいな現象も起きなかったのが、なんか常に愛すべき巨匠スクロヴァチェフスキの身近な存在感が好きでした。

タグ:優秀録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 05:27| Comment(4) | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【mp3音源付】クナッパーツブッシュのブラームス 交響曲第4番 ケルン放送交響楽団 1953年ライブ


昔から書きたい書きたいと思っていながら、入手困難・youtubeにも無い音源なので書いても、もやもやさせるだけと書いていなかったクナッパーツブッシュの中でもずば抜けて豪放磊落な演奏。1953年のケルン放送交響楽団とのブラームス 交響曲第4番です。1952年のブレーメンpoとのライブ録音もあり、後発はながらそちらの方が入手はしやすいものの、演奏は圧倒的にケルンライブの方が上。
10b96dad61a0c3aac7a52c448b9a674d.jpg
この録音は音が悪いと言われ続けていますが、所有するLPで聴く限り、当時のライブ録音としてはまずまずだと思っています。カナダのCAVIRの音源で録音年は1957年と誤記されています。この演奏の音が悪いという印象は、恐らく正規で発売されていたKINGやオルフェオのCDのせいで、アナログ時代に苦労して見つけたセブンシーズの国内LPを最初に聴いた時には、「すげぇ・・」と脳裏に焼き付けられた演奏です。

買っちゃダメ。正規盤でもだめかぁ・・ということで、LPの板起こしをしてmp3付きで書けばもやもやさせずに済むと思い、重い腰をあげ書きます。実際には、タワーさんではないですが、96kHz24bitのハイビットサンプリング音源です。

ブラームス 交響曲第4番ホ短調
指揮;ハンス・クナッパーツブッシュ
ケルン放送交響楽団
1953年5月のライブ録音
録音 3.55点  演奏  4.75点

※誰にも真似でき無い演奏ということで

私がCDで一番良い復刻と思うのは上記THARAの限定盤の中の1枚。当然廃盤で入手難。ただし、他の同曲異盤はかなり音質が劣ります。特にシューマンはひどい。ただパルジファルは全曲録音された日と違う録音ということで貴重。

先日発売されたveniasレーベルのBOXにも入っていて期待していたのですが結果は残念。多分ORFEO音源と同一かと思います。ただ最後に拍手がついているのはvenias盤だけのような気がします。加工した形跡はないので多分放送テープからの復刻だとは思うのですが。

やっと本題。フルトヴェングラーの1947年の同曲の演奏もドラマティックな名演ですが、リマスタリングを繰り返されても演奏は最高ながら音がちっともよくならない、初版の国内LPが一番ましというのは共通。クナッパーツブッシュのこのライブの演奏は、金管楽器とティンパニの音を良く捉えたドラマティックかつデモーニッシュな名演です。「ここまでブラームスをガンガンに弾かすか・・・」という位にオーケストラを乱れながらも、唸らせ歌わせて咆哮させています。

まずはA面の第1楽章と第2楽章。クナッパーツブッシュとしてはテンポは早めで変かも結構つけている珍しい演奏です。が、腰が据わっているために遅く感じます。第1楽章の追い込みとトランペットのうるさくならない咽び叫ぶような強奏、第2楽章クライマックスでのぐっとテンポを落として音をちぎっては投げつけてくるような岩のように固い音塊がまず聴きもの。
sim.jpg

凄いですよね。言葉に表すことができないし、ジュリーニ・カラヤン・ザンデルリンク、最近ではアバドやラトルなどが演奏する同じ曲とは思えない響きを同じ楽譜から構築しています。

クナッパーツブッシュとしても力こぶがかなり入った演奏です。この1953年はバイロイトと喧嘩して唯一戦後出演しなかった年で、この演奏日の前後で丁度「出ない!!!」と返答したそうで、それで気が立っていたのかも(笑)という想いをぶつけるような宇野節でいう「アッパーカットのような」第3楽章の最初の和音。このLPでは聴いてわかるように演奏前の聴衆の雰囲気が残ったところから録音されているのでより「うぅ・・」ときます。

THARA盤などのCDではそこをカットしていきなり「ダッターラッタ・ラーター」と始まるので、アッパーカット感が薄れてしまっていました。今回板起こしをしてイヤホンで大音量で聴いてみて気づきました。たったこれだけのことで与える印象がかなり違うものです。しかしこの楽章のティンパニの地鳴りするかのような音の深さは何と言ったらいいか。

第4楽章は総決算で楽譜を抉りに抉りぬいた演奏でオーケストラとクナの全面対決。最後の方で少しアンサンブルは崩れますが何のその。余計に緊張感は高まり低弦は拘泥するように大きい音で低回し、ホルン・トランペットも疲れを知らぬかのように真っ直ぐに胸に刺さる音の連続。ティンパニもここぞここぞと自信を持って思い切り叩く。ヴァイオリンもこのままでは音が奴らにかき消されてしまうと弦を弓にぐっと力を入れ弾く。でも全体としてのバランスが整っている奇跡。この曲を聴いて唖然・呆然とすることはこの演奏以外では、フルトヴェングラー位しかない。ではB面第3・4楽章です。
DSC_0266.jpg

どうでしょうか?mp3にしたのでわかりにくくなったかもしれませんが、1953年ライブとしては悪い音だとは思えない。翌年のウィーンpoとのベートーヴェン・プロと傾向は違いますが同等レベルといっても過言では無いと思います。この演奏はクナッパーツブッシュ信者には有名なものの。あまりリマスタリング再発が無い不思議な演奏です。先ほどの1954年ベートーヴェン・プロとか1963年のブルックナー 第8番ライブも昔から「音が良かったらさぞかし・・・」と言われていましたが、この両ライブはここ数年でいい音源が出ました。

・参考過去記事
・ベートーヴェン 交響曲第7番ほか(ORFEO) クナッパーツブッシュ/ウィーンpo 1954年ライブ録音
・【改訂追記】ブルックナー 交響曲第8番 クナッパーツブッシュ/ミュンヘン・フィル 1963年スタジオ録音とライブ録音

ORFEOで駄目だったのでもういいテープは劣化して無いのかもしれません。平林復刻もあったみたいですが未聴。恐らくこのKING盤LPの原盤となるキャビアレコードLPからの板起こしではなかったかと思われます。今回THARA盤のCDも改めて悪くないなと思いました。(veniasは論外でした)
正直言えば分解能はTHARAに軍配が上がりますが、製音されているからかスピーカーから出てくる当時の雰囲気とか総体的な音像としての圧迫感は、板起こしの方が勝っています。難しいものです。

疲れましたが、やはり凄い演奏で凄い指揮者だったなぁと感嘆しきりの週末でした・・・休みなのに疲れた、ベルトドライブの調子が良くなく回転数が中々合わなくて困った。目も・・・

posted by 悩めるクラヲタ人 at 00:03| Comment(0) | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする