中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年07月31日

乃木坂46「生まれてから初めて見た夢」(Complete Edition)をハイレゾで聴く


乃木坂46のサードアルバム「生まれてから初めて見た夢」を、e-onkyoでダウンロード購入してしまいました。正直、今回のアルバムは買わないと心に決めていました。私の乃木坂熱がBABY METALに移りつつあることも理由ですが、何よりアルバムの売り方が嫌だったからです。


初回限定盤です。「乃木坂46 2016年ライブ特選集」・豪華フォトブックレットとおなじみ発売記念 ファン感謝イベント応募券がつきます。どれかと言われれば初回限定盤のDVDが見たい。

今回のアルバムはセカンド同様、初回限定盤・Type-A・Type-B・通常盤の4種類で発売。で、通常盤以外は特典付きで+DVDがついてきます。それが別々の物というのはAKB商法でもあることなので許容範囲なのですが、それぞれのアルバムに共通する曲は7曲であとの+7or8曲は違う曲というのが許せない。全ての楽曲を聴こうとすると15,000円近い出費が発生します。であれば、特典無しの2枚組アルバムを発売すべきところが無いのです。なので、乃木坂の楽曲は好きなのですが、今回はスルーしようかと・・・

と思っていたら。e-onkyoサイトで「乃木坂」と検索したら、「Complete Edition」として特典は無いもののアルバムにばらばらに収録されている楽曲がまとめて配信されていることに驚き!そしてflac 96kHz/24bitというハイレゾ音源ではないかということですぐに親指が押下してしまいました。因みに4,400円。楽曲だけを希望する主とすればこれで何の問題もない。しかもハイレゾ。ただハイレゾ用音源仕様では無く、ファーストアルバム「透明な色」配信同様で『Sony Music Studios Tokyoのマスタリング技術により、44.1kHz/16bitのマスター音源をハイレゾ用にリマスタリングした商品となります』という所謂アップサンプリングだと思われます。
smj4547366312126.jpg
乃木坂46 生まれてから初めて見た夢 (Complete Edition) flac 96kHz/24bit


因みに1曲目の「裸足でSummer」はシングルでも持っているので、イヤフォン爆音で聴き比べをしました。正直そこまで変わらないものの、若干ハイレゾの方が低音のぼんつく音が締まり、ボーカルとの分離がいいかな位。この「裸足でSummer」は乃木坂楽曲の中でもあまり音質は良くない方。次の「サヨナラの意味」「インフルエンサー」は今回初めてちゃんと聴きましたが、昔の楽曲並に音が低音から高音までスキッと伸びメリハリの効いた音。ファーストアルバムのような音作りで久しぶりに好感が持てました。ということでお聴きいただきましょうオフィシャルサイトから「サヨナラの意味」PV。

何よりバラバラ販売されていたものが1アルバムにまとめられているがいい。なぜかこのComplete Editionはあまり売りたくないのか宣伝されていない。e-onkyoでも発売日に配信してます!とすればそれなりに売れたでしょうに。このComplete Editionは配信のみで、あとはレコチョクとmoraから配信されています。レコチョクでのFlac 96.0kHz 24bit版は4,399円と少し高い。そして両社とも不可逆圧縮音源 AAC 128/320kbpsでも配信していますが、ともに3,000円。どちらのフォーマットがいいのやら・・・
レコチョク 「生まれてから初めて見た夢 」(Complete Edition) AAC 128/320kbps


最後にCDのアルバムごとの楽曲ですが、
【全アルバム共通曲】 8曲
1:裸足でSummer 2:サヨナラの意味
3:インフルエンサー
4:シークレットグラフィティー
5:ブランコ 6:風船は生きている
7:スカイダイビング<17th選抜メンバー楽曲>
8:三番目の風
【初回限定盤のみの楽曲】
9:(新曲)君が扇いでくれた<17thアンダー楽曲>
10:(新曲)思い出ファースト<三期生楽曲>
11:(新曲)設定温度<全メンバー楽曲>
12:孤独な青空 13:僕だけの光
14:人生を考えたくなる 15:意外BREAK
【Type-Aのみの楽曲】
9:Rewindあの日<桜井・西野・若月楽曲>
10:ごめんね、スムージー<伊藤万・井上・中元楽曲>
11:醜い私<衛藤・斉藤・新内楽曲>
12:オフショアガール 13:君に贈る花がない
14:白米様
ふぅ・・・休憩で「インフルエンサー」を。



【Type-Bのみの楽曲】
9:硬い殻のように抱きしめたい<齋藤飛鳥ソロ楽曲>
10:満月が消えた<生田・生駒・星野楽曲>
11:ワタボコリ<北野・寺田・堀楽曲>
12:ないものねだり 13:Another Ghost
14:あの教室 
【通常盤のみの楽曲】
9:流星ディスコティック<白石・松村ユニット楽曲>
10:忘却と美学<秋元・高山ユニット楽曲>
11:2度目のキスから
12:命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」
13:行くあてのない僕たち 14:当たり障りのない話
ということでComplete Editionだと全33曲となります。普通にいい曲ばかりなので、特典に踊らされるのはやめて、このサードアルバム「生まれてから初めて見た夢」はComplete Editionで購入し音で楽しみ、残ったお金で好きなメンバーの写真集でも買ったほうが断然お得です。

やっぱり白石さんか。衛藤も捨てがたい。買わないですけど(笑)


運営さんはあまり楽曲だけで買ってほしくないのでしょうか?レコチョクではちゃんとコンプリートエディション、そしてハイレゾ配信もやってんすよーとTOP画面に掲示しているのですが、何故かe-onkyoは全く宣伝せず。勿体ない。という、衝動買いと乃木坂を音だけで純粋に応援したい方への業務連絡?でした。
シュールな17th 齋藤飛鳥さんの個人PV。


明らかにファーストのクオリティに比べればフューチャーする人を誤った楽曲などもあり落ちますが、いい楽曲も多いしやはり今のアイドルグループの中では飛び抜けた存在感と完成度が高いグループだと思った1枚です。

ラベル:ハイレゾ
posted by 悩めるクラヲタ人 at 22:49| Comment(0) | J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

アダン バレエ音楽「ジゼル」 カラヤン/ウィーンpoとマルティノン/パリ音楽院管弦楽団の演奏で


バレエ音楽は最近録音される機会が少ないように感じます。チャイコフスキーやストラヴィンスキー以外だと、探してもアンセルメやボニングの指揮したものしか出てきません。例えばドリーブの「コッペリア」「シルヴィア」などLP時代には人気がありましたが、今では演奏される機会も少ない。コンサートではという話になりますが。

14883926.jpg
題名のアダンの「ジゼル」もその一つ。作曲年代は1800年前半なのでバレエ音楽としたチャイコフスキーよりも一昔古い作品ですが、非常に洗練されたいい作品です。オーケストレーションもいいですし、コンサートプログラムに上げられてもいいのに。この曲を知ったのはLPのマルティノンの演奏でした。それが素晴らしかったのがこの曲を好きになった理由です。強い個性を放つ1曲というものはないですが、チャイコフスキーの作品をギュッと凝縮したような佳曲が詰まった作品。しかしマルティノンの演奏を超えるものがない・・・

アダン バレエ音楽「ジゼル」
指揮;ヘルベルト・フォン・カラヤン
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1961年 ゾフィエンザールでの録音
録音  4.25点  演奏 4.00点



今回はこの曲と言えばまず挙げられるDECCAのカラヤン盤。DECCAは1958年にマルティノンで録音したにもかかわらず3年後にカラヤンで再びカタログに載せました。当時の録音事情を考えればそれほどポピュラーな曲でもないのに不思議な現象ですが、この豪華な布陣で録音したのはカラヤンの強い希望ではないかと推測します。マルティノン盤の評価も悪くなかったと思うので。


カラヤン盤はオリジナル版となっており、マルティノンのビュッセル版と楽譜が違います。オリジナル版はいかにもグランド・バレエという感じがします。原典版がもてはやされる昨今ですが、私は刷り込みもあるのでしょうがビュッセル版の方が無駄がなくコンサートやレコード鑑賞向き。

カラヤンとウィーンpoの演奏は、まだ颯爽としていたカラヤンのスタイリッシュな解釈と当時のウィーンpoの美質がミックスされた演奏ですが、私には版の問題も含め物足りなく感じます。録音は優秀ですが、この曲の愉しさがあまり感じられない。もっとフランスの香りがプンプンと漂って欲しいのですが、グランドマナーな演奏で恰幅が良すぎる。よくも悪くもドイツ的な演奏。バレエ上演するならばこういう演奏でもいいのかもしれませんが、繰り返し聴くレコード芸術としては物足りない。


全曲だと1時間半くらいかかります。たまには映像付のバレエも悪くない。

アダン バレエ音楽「ジゼル」(ビュッセル短縮版)
指揮:ジャン・マルティノン
パリ音楽院管弦楽団
1958年 パリでの録音
録音  4.35点  演奏 4.60点



一方マルティノン盤はカラヤン盤の3年前にもかかわらず録音がもっと優秀。演奏も響きがふくよかでありながらシャープ。そしてオーケストラがパリ音楽院管弦楽団というのがミソ。アンサンブルなど少し雑な部分もありますが、それ以上にカラヤン盤に足りなかったシャネルの香りのようなものがLPの音から漂ってきます。



この演奏に限っては私はCDではなく初期LP盤でしか聴きません。残念ながら英DECCAのSXL盤ではなくアメリカ仕様の米LONDONのCS盤(ワイドバンド)です。アメリカ盤ですが、当時は英DECCAがプレスして輸出していたので実質SXL盤と同じ(これについては論争があるみたいですが)。CDだとリマスターがあまり良くなく(と言っても初期盤と比較しての話です)、弦楽器の艶が薄れている。

パリ音楽院管弦楽団はEMIにクリュイタンスとともに多くの録音を残しましたが、録音がほわんとしているもどかしさがあります。マルティノンとDECCAに残した録音は少ないですが、パリ音楽院管弦楽団がパリ管弦楽団となる際に失われたローカルな魅力がしっかりと記録されています。コンサートではこんなに各パートが明瞭に聴こえないでしょうが、これこそレコード芸術と呼べる逸品。

カラヤン/ウィーンpoというビッグネームをもってしても、このマルティノン盤の演奏には遠く及ばない。残念ながらマルティノン盤はCDでも入手難な状態。おかしい・・・どちらも古き良き時代のオーケストラの香りとレコード芸術に賭ける矜持が感じられる録音ですが、よりローカルな味わいのマルティノン盤に軍配が上がります。

マイケル・ティルソン・トーマスもロンドン交響楽団と録音していますが、録音も含めてこの2盤に劣ります。

トーマスの演奏。録音がちょっと不満。

こんなに愉しく聴ける曲なのにあまり知られていないのは残念です。このダウンロード時代に1曲1曲の個性が強くないというのも原因かもしれません。しかし小1時間愉しく聴き通せるこの曲の魅力はもっと多くの方に知って頂きたいです。

ラベル:優秀録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーラー 交響曲「大地の歌」 フェリアー&ワルター/ウィーンpo 1952年の2種の録音


言わずと知れたワルターとフェリアーの名盤です。それは1952年にDECCAに遺したスタジオ録音を指します。当時としては名録音でこんな録音でフルトヴェングラーの録音が残ってくれていたらなぁと本当に思いますが、このワルター盤も素晴らしい。
20120222_1262f3.jpg
「大地の歌」はここ最近だとインバル/都響やベルティーニ/ケルン放送交響楽団などの録音のいい名盤も多数ありますが、バーンスタインの旧盤やこのワルターのスタジオ録音、そしてその数日後に行われた同コンビのライブ録音を聴くと、この曲にはオーケストラ独自の音色が無いと物足りないと感じてしまいました。インバルやベルティーニ盤も素晴らしいのですが、楽器の音色独自の愉しさに少し欠ける、淡白というか透明に過ぎる。

マーラーの交響曲第4番とこの「大地の歌」に関しては木管楽器のカラフルな音色、またオーケストラ独自の田舎臭いというか人間味・温もりのある音色のある演奏が好ましい。マーラーの第4番のワルター/ウィーンpoとギューデンの1955年ライブなどを聴くと本当にそう思います。まずは「大地の歌」に関して。

マーラー 交響曲「大地の歌」
コントラルト:キャスリーン・フェリアー
テノール:ユリアス・パツァーク
指揮:ブルーノ・ワルター
ウィーン・フィルハーモニア管弦楽団
1952年 スタジオ録音
録音  3.70点  演奏  4.60点



同コンビのライブ録音。
1952年 ライブ録音
録音 3.55点   演奏  4.65点


当然入手難です。Amazonリンク探すのに結構苦労しました・・・・

共に当時のウィーンpoの魅力の詰まった名演奏です。最初スタジオ録音のCDを聴いた時には、評価が高い割にあまり感銘を受けませんでした。フェリアーの歌唱の評価が高いですが、私には少しその籠ったような歌声はちょっと苦手でした。ワルターが最初にフェリアーの歌声に触れた時に涙したという逸話は本当か?と疑ってしまいました。フェリアーはこの録音の数年後に癌のため急逝されたのでヌヴーなどのように少し神格化されすぎではないかと思っています。

家に再発ではありますが初期盤LPを所持しており、それで聴くとCDよりは籠った感じは無くリマスタリングで焦点が甘くなっていたのかなと気づきました。LPで聴く限りは十分名唄だと感じます。パツァークは評価が分かれるところですが、私はジェームズ・キングには勝てないけど独特のシニカルな歌い方で結構好きです。

この二人の歌唱については数日後のライブ録音の方が圧倒的に良いと思います。マイクが歌手寄りだということも影響しています。フェリアーの声はかなり発音も明瞭に聴こえる。パツァークも熱唱。第5楽章ではかなり目立つ出落ちがありますが、早口で帳尻を合わせるところ等流石オペラ慣れしているなと感心。ライブ盤は第1楽章冒頭こそ音質に不安がありますが、徐々に音質が良くなっていきます。楽章間の聴衆ノイズもしっかりと収められ、最後の静かな拍手も演奏に相応しい。当然古いモノラル録音ですが、当時の会場にいたかのような感覚に浸れます。

こちらはライブ録音の方です。

デットな録音なため声だけでなく木管楽器やビブラートや軽いポルタメントのかかったヴァイオリン群の音も明瞭。嗚呼、木管楽器の愛らしくいじらしい音色・・・マーラーの生への執着というか今世に生きる愉しみがまだある。最近の演奏はそこが物足りない。美しく演奏し過ぎて温もりが足りない。

インバルと都響の「大地の歌」。買おうとしたらAmazonミュージックで「告別」以外は聴けてしまうことに驚き!で聴いたのですが、上記理由でパスしました。同傾向ならベルティーニ盤があるのでもう十分。歌手陣もベルティーニ盤の方がいい。

ワルターには後年にニューヨーク・フィルともステレオ再録音をしておりそちらも素晴らしいのですが、やはりオーケストラの音に甘さが足りないことと、ワルターが冷静過ぎてウィーン盤の方が魅力的です。冷静沈着なイメージの晩年のワルターですが、この「大地の歌」1952年両盤では結構攻めの演奏だと思います。特にライブでは胸にグサッと突き刺さる低弦の音も引き出しています。一瞬何事かと思う位に唐突に。

ライブ録音を聴いてから、スタジオ録音を聴くとやはり録音が素晴らしく、歌手とオーケストラとのバランスがいいし、ミスが少ないためやはり名盤だなと感心。これこそ何度聴いても飽きないし。聴く度に発見のあるレコード芸術だなと。ライブ盤は何度も繰り返し聴くには相応しくないような気がしてきます。

こちらは正規スタジオ録音。やはりフェリアーの声が少し太いというかフォーカスが甘い気がします。

録音がいい方がやはりいいという方には、ベルティーニでしょうか。BOX販売しかないですが「大地の歌」と第3番と8番のために家に置いておいて損は無いです。押しなべて演奏が素晴らしいこの全集の難点は、日本でのライブ録音(大地の歌と第8番などは日本での来日ライブ録音)は音質がいいのに、本国でのスタジオ録音の音質の方が悪いという点だけです。

「告別」中間部オーケストラだけの部分の圧倒的な演奏と最後のトロンボーンの深い響きには圧倒されます。アルトのリポヴシェクが断然いい。「ewig・・・・」終わらないでほしいと。晩年のアバドも良かったですね。ゲルギエフ、ブーレーズはちょっと違うかな。

ギューデンとの第4番についても一緒に書きたいなと思いましたが、やはり長くなってしまったのでまたの機会に。

この廉価CD集は録音・演奏に瑕(1960年の大地の歌ライブでは欠落・音飛びあり)・凸凹がありますが、安いし第9と第4のために家に置いてあります。

posted by 悩めるクラヲタ人 at 07:00| マーラーの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする