中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年08月24日

ワーグナー 楽劇「ワルキューレ」から終幕のアリア ロンドン&クナッパーツブッシュ/ウィーンpo


ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」第1夜「ワルキューレ」はワルキューレの騎行だけが有名ですが、名アリアを豊富に含み第1幕だけをとってもプログラムとなるし、第3幕終結部のヴォータンのアリアも優れていて聴きどころが多い。第3夜「神々の黄昏」が愛と憎悪にまみれた劇であるならば、「ワルキューレ」は純粋に愛に満ちた劇だと私は思います。親子愛も含め。
img_2.jpg
「ワルキューレ」終幕のヴォ―タンがブリュンヒルデを思うが故に、炎の壁に閉じ込め惜別の想いを歌う「ヴォ―タンの告別と魔の炎の音楽」。壮大な劇を締めくくるに相応しい壮大な前奏から雄大な音楽の流れに乗って娘への愛と葛藤・別れを歌う素晴らしく壮大で素晴らしいアリアと音楽です。それをクナッパーツブッシュの指揮で。

ワーグナー 楽劇「ワルキューレ」から
     「ヴォ―タンの告別と魔の炎の音楽」
バリトン:ジョージ・ロンドン
指揮:ハンス・クナッパーツブッシュ
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1958年録音
録音 4.40点  演奏 4.60点



・『神々の黄昏』から
夜明けとジークフリートのラインへの旅とジークフリートの葬送行進曲、
・『パルシファル』から
幼子のあなたが母の胸に S:フラグスタート
・『トリスタンとイゾルデ』から
第1幕への前奏曲と愛の死 S:ニルソン 
とワーグナーの楽劇、またクナッパーツブッシュのワーグナーのステレオ録音での名演が丸ごと収まったいいところ取りのCDです。

前奏から全オーケストラによるスケールと呼吸感が圧倒的な始まり。スタジオではどのように響いていたのだろうかと想像すると身震いしていまう位に呑みこまれる音楽の雄大な流れ。トロンボーンの強奏と録音の鮮明さ。60年以上前の録音とは思えない生々しい録音でもあります。ヴォ―タンが「さらば勇ある輝かしい子よ」とひとしきり歌った後、愛が膨れ上がるかのようなオーケストラだけによる音楽が挟まるのですが、その徐々に膨れ上がっていく音楽の流れと頂点のフォルティティシモの圧倒的な音塊はクナッパーツブッシュの真骨頂。そのオーケストラコントロールの巧みさには頭を垂れるのみです。その後の寂しいヴァイオリンの歌がより引き立つ。

1956年バイロイトでのホッターの名唱。

ジョージ・ロンドンによる歌唱は少し物足りない部分もありますが、それは当時の名ヴォ―タン ハンス・ホッターと比べてしまえばという贅沢な不満。あと後年の名演「パルジファル」での名歌唱に比べれば調子が悪いというクラス。

1962年伝説のパルジファル。この時の名唱部比べ、ちょっと声の出が悪く、一本調子かなと。クナッパーツブッシュの名伴奏に少し気後れしてしまっている感じがします。歌唱よりも伴奏が素晴らし過ぎる。この慈愛に満ちた伴奏に拮抗できたのは当時ならホッターしかいない。

クナッパーツブッシュの伴奏は歌の内容に合わせ時に壮大かつ雄大、ヴォ―タンの心象の移り変わり・揺れ動きを見事に音で表現しています。表情・音色・空気の多彩さ、その変化にすっと応えるウィーンpoも凄いですが。どのような棒の振り方をすればこんなの音が引き出せるのだろうかと思ってしまう。物凄い音圧でありながら決して耳障りにならない金管楽器から繊細なヴァイオリン、ぐっと斬り込んでくるチェロの深い音色。

最後のヴォ―タンがブリュンヒルデを悲し気に見つめた後に去っていく風景を、大きな輪を描くような深いチェロの歌、弦楽器が支える中フルートとトライアングルを生かし後ろ髪引かれる静かな終末部分といい、どこまでも人間味のある含蓄と包容力豊かな響き。素晴らしいの一言。控えめな金管とアクセントの効いた意味深いアクセントをつけるティンパニ・・・そしてスタジオに響く音・空気感を余すことなく捉えた録音。

これがホッターだったらなぁ・・・と無いものねだりしても仕方ない。そもそもは日本語でいうなら「ジョージ・ロンドン ワーグナーを歌う」というLPからの1曲なのですから。タワーレコードがそのLP通りで名復刻しています。オリジナルマスターからのリマスターをルビジウムカッティング、そして歌詞付で廉価という丁寧な仕事。
4988005879271.jpg
ロンドン・シングス・ワーグナー〜クナッパーツブッシュ<タワーレコード限定>


ティーレマンに期待していましたが、この境地には到底及びそうもないです。

安!!なんだ最新録音にも関わらずこの価格。抜粋じゃないですよ。
そもそもワーグナー歌手がいないですねぇ。ジョン・トムリンソンでも不満でしたが往年の名歌手と比べてしまったからで、今思えばまだ優れた名ヴォ―タンだったなぁと思う。



posted by 悩めるクラヲタ人 at 08:35| Comment(0) | オペラ・声楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

2017年08月22日のつぶやき


posted by 悩めるクラヲタ人 at 17:01| つぶやきまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

2017年08月21日のつぶやき




posted by 悩めるクラヲタ人 at 17:01| つぶやきまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする