中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年08月01日

マーラー 交響曲 第7番「夜の歌」 クレンペラー/ニューフィルーモニアo 1967年録音


クラシックを聴く楽しみの一つに迷盤に出くわすというものがあります。所謂アンサンブル糞喰らえみたいな爆演とか、指揮者とピアニストが全くそりが合わない協奏曲等。
klemperer2.jpg
クレンペラーのマーラーの演奏は、通常の彼の演奏通り基本的に遅いテンポですが、この「夜の歌」は常軌を逸した遅さです。昔から迷盤・珍盤・奇盤、いや超名盤だと賛否両論ある演奏です。長きに渡って廃盤でしたが、最近は話題作と広まったためか安定して入手可能な状態です。

マーラー 交響曲第7番「夜の歌」
指揮:オットー・クレンペラー
ニューフィルーモニア管弦楽団
1967年 スタジオ録音
録音 4.30点  演奏 −


国内盤もありますが、輸入盤だと同じ値段でクレンペラーの正規マーラー録音全てが入手出来ます。音質も変わらないか上。私は評判のいい仏EMIのBOXで所有。



第1楽章冒頭ホルンの旋律から尋常ではない遅さですが、まぁいつものクレンペラーだなという感じです。ただ各楽器があまり歌わないため楽譜を顕微鏡で覗いたかのような演奏で、細部が良く見える見える。特にクレンペラーは木管楽器を重要視していますから、通常弦楽器や金管楽器にマスクされてしまう音も明瞭に聴こえます。そして古典配置(第1ヴァイオリン左、第2ヴァイオリン右と分かれている)による演奏なので、第2ヴァイオリンもはっきりとハーモニクスがわかる。

全楽章通じて一番普通のテンポなのは第3楽章スケルツォでしょうか。トーマス盤で10:03に対しクレンペラーは10:27。ちなみに第1楽章はトーマス盤 20:43に対し、クレンペラー27:43。第3楽章と第4楽章【夜の歌U】は全楽章通じても優れた出来です。第3楽章は分離の良さが生き各楽器の滑稽さ・諧謔さが浮き出てきますし、第4楽章がマンドリンが活躍し夜の歌っぽく雰囲気を醸し出しています。別にタイトルに縛られた演奏ではないのですが。


第3楽章。緻密ですね。少し緩慢なところもありますが。

さて愛川欽也さんに敬意を表して「おまっとさんでした」と言うべき問題の第5楽章。ティンパニのソロから始まるのですが、通常「ダンダラ ドンドン・ダンダラ ドンドン・ダダダダドドドド・ダダダダドドドド〜」と軽快に叩かれるところ・・・LP時代の昔は「回転数の設定を間違えたかとプレーヤーを確かめに行った」と言われるように滑稽を通り越した超スローテンポ。

その為、先のティンパニが「ダ ダ ダ ドン ダン・ダン ダ ダ ドン ダン・ダ ラ ラ ラ ド ロ ロ ロ・ダ ラ ラ ラ ド ロ ロ ロ〜」と一打毎にはっきりと聴こえます。その後のホルンもスピードを上げるどころか同じように咆哮します。アマチュアオケがミスなく演奏するためのリハーサルかと思うような始まり。嘘でしょと思う方聴いてみてください(笑)

まずは普通の演奏。バーンスタインで。

ではクレンペラーです。

むふふふふふ。

通常スピードを上げて行く指揮者が多いのでトーマス盤で18:06なのが24:15。冗談みたいな演奏ですが本人たちは大真面目に生真面目に演奏していますので笑いが止まりません。これでは全く楽器が歌えません。

最近の指揮者でマキシミリアン・コブラがいますが、彼もチェリビダッケ真っ青の遅いテンポでCDを出していますが彼の演奏が音楽が破綻しているのに対し、クレンペラーは流石というかニューフィルハーモニア(フィルハーモニア管弦楽団がEMIの後ろ盾を無くした後の名将)の巨匠への愛情が凄いのか音楽が成り立っているのが不思議。音楽が全く進まないというか音符が一つ一つが分解されてスピーカーから流れてくる感じです。

コブラのベートーヴェン 第9の演奏。なんじゃこりゃ?プレティッシモの通常聴こえないヴァイオリンのハーモニクスが聴こえるのは面白い。約2時間もかけてます。よくオーケストラは納得したな。無表情で弾いてますが。

このクレンペラーの演奏は聴いた後に、マーラーを果たして聴いたのだろうか?と思いますが、面白い事この上ない。音楽を聴いたなぁという満足感は浸れる。クレンペラーの音楽なのかもしれない。これだからクラシック音楽は面白いと言えます。その好例の1枚です。いつか怒り新党ではないですが、新3大世界が誇るべきクラシック迷盤の記事を作りたい。その際にはまず間違いなく取り上げることでしょう。


この演奏かなり有名でしたが、あまりにクラシックマニア向け過ぎ廃盤時代が長かったですが、最近は国内メーカーも継続して販売中。しかし音は輸入盤の方がよいでしょう。この仏EMI盤はかなり明瞭で50年以上前の録音とは思えない。悪名高きEMI録音の靄を振り払ったかのようなリマスタリング。好き嫌いあるでしょうが、私は好き。レビューも概ね高評価。演奏については私は「面白い」けど、この曲の名演かというとそうは思えず、トーマスかバーンスタインの新盤を薦めます。


安いバーンスタインの旧全集、初心者はまずバーンスタインの旧盤やベルティーニを薦めます。

トーマス盤についてはこちらの過去記事↓
マーラー 交響曲第7番 M・T・トーマス/サンフランシスコSO

posted by 悩めるクラヲタ人 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マーラーの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする