中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年08月06日

ラヴェル 「ボレロ」 ムーティ/フィラデルフィア管弦楽団 1982年録音


ボレロの演奏で忘れられない映像があります。ウィーン・フィルの125周年記念演奏会をムーティが指揮したのものです。最後のクライマックス部分でウィーン・フィルをここまで鳴らすか!という位、少しリタルダンドをかけホルンを強奏させていて面白かったです。

その演奏会の映像は、LDでは発売されたのですが、何故かDVD化はまだ。同日に演奏されたメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」やシューベルト「未完成」も名演だったので今もDVD化を期待しています。
th.jpg
ムーティ得意の振り終わりのポーズですねぇ。

で、この映像。レーザーディスクでは発売されたのですが、何故かDVD化されないウィーンpoの125周年記念コンサート。

時は経て、シカゴ交響楽団との「ボレロ」がSACDで発売されるニュースが流れました。すぐ予約しましたが、発売がNGになったらしく、お蔵入り。ではと、廉価だったのでフィラデルフィア管弦楽団と演奏したCDを購入したというのが行き着いた先。

ラヴェル 「ボレロ」
指揮:リッカルド・ムーティ
フィラデルフィア管弦楽団
1982年 スタジオ録音
録音 4.25点  演奏 4.40点




オーマンディ・トーンが抜け、オーケストラがムーティの音に変わっています。若気の至り(とイタリー)的な迫力満点の快演です。ブラスをやはり強調して鳴らしています。この頃のムーティの録音は、結構金属的な音作りで余計に耳あたりが強く感じます(エンジニアのせいです)。

先のウィーン・フィルとの演奏から落ち着きを少し削り、ウィーンの音色を消したらこのCDの演奏になります。ほぼ同時期に録音されたアバドの演奏よりもこちらのほうがよいと思うのですが、評論家筋の評価は芳しくないようで。1980年前後では他のコンビよりもムーティ=ラヴェルでは、確かにいいイメージが沸かない・・・デュトワ盤も出てきていた頃ですし。

その頃のフィラデルフィア管弦楽団との映像も見つけたのですが、ライブの方がいいです。


最後の雪崩落ちがちょっと雑ですが。ムーティのEMI録音チームは、当時のムーティの長所でもあり短所でもあった部分を強調しすぎたような気がします。その為、なんでもかんでも当時はアバドの方が評価が高く、「ローマ三部作」以外のフィラデルフィア録音は無視されていました。

このコンビのラヴェル録音は、アバドとロンドン交響楽団のラヴェル録音(例のボレロでは楽団員の”興奮で自然と沸き上がった絶唱”が聴こえるという謳い文句)より好きです。

こちらはムーティとフィラデルフィアのラヴェルをまとめた廉価盤。

是非お蔵入りになったSACDのシカゴ交響楽団との演奏を聴いてみたいものです。

ラベル:ムーティ
posted by 悩めるクラヲタ人 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーツァルト ピアノ協奏曲第25番+20番 アルゲリッチ&アバド/モーツァルト管弦楽団 2013年録音


モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも比較的地味な25番は隠れた名曲だと思います。しかし、如何にもモーツァルト然として演奏では物足りない。そこがこの曲の難しいところで地味になっている原因ではないかと。この曲って意外といいなと思ったのは、内田光子がムーティ/ウィーンpoの演奏会のライブをBSで見た時でした。こんなに交響的でピアノも豪胆に弾いても耐えれる曲なんだと。特に第3楽章は。
71Wz2ig0hQL__SL1400_.jpg
その時ほどの衝撃は無かったですが、この奇しくもクラウディオ・アバドの追悼盤になってしまったアルゲリッチ盤も素晴らしい。2013年のルツェルン祝祭音楽祭でのライブ録音。アルゲリッチの語り口はいつも通りですが、昔のように指揮者を追い詰めるほど攻めていない。モーツァルトですしね。

モーツァルト ピアノ協奏曲第25番ハ長調
       ピアノ協奏曲第20番ニ短調
ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
指揮:クラウディオ・アバド
モーツァルト管弦楽団
2013年 ライブ録音
録音 4.40点  演奏 4.55点



裏面のジャケットには昔のスタジオ録音時の写真が載っていて懐かしい。
9111Q5d12gL__SL1500_.jpg

オーケストラは少しピリオド奏法を取り入れた感じでノン・ビブラート奏法を取り入れていて、アバドも特に何もせずにというか晩年の透徹とした感じで全てにおいてバランスが取れています。その中でアルゲリッチが
楽しそうに弾いているといった感じが素晴らしいのが25番です。

柔かく大きく膨らませるような演奏に終始しがちな第1楽章冒頭部もそれではアルゲリッチが遊べないでしょうと、厚めの音調で開始されるのがいいですし、やはりアルゲリッチが弾き始めてそれに合わせるように音楽が大きくなっていくのがこの演奏のいいところです。第2楽章もあまり魅力的な旋律ではないですが、指揮者とピアニストが上手くベクトルを合わせて神妙で繊細な音の紡ぎで耳を離さない。

美音のペライア。良くも悪くも決して汚い音がしない。モーツァルティアンな演奏。

第3楽章は「待ってました」と言いたくなるような軽快ではあるものの、しっかりとここぞという時のアクセントの強さと思い切りがあり好ましい。意外とアルゲリッチにしては大人しい方ですが・・・アバドの見事な合わせとあいまって最後はかなり満足させてくれます。バレンボイム(旧盤・新盤)やハイドシェック(旧盤)はもう聴けない。

ただ内田光子の方がもっと自由奔放でしたが比べなければこれで十分かと思います。内田のライブは第3楽章ではころころと表情を変えるし、アクセントやタッチに思い切りがありベートーヴェンの協奏曲か?と思う程ダイナミックな弾き方でした。

で期待した新譜でしたが、あの時のような演奏までにはなっていませんでした。この弾き振りのクリーブランド管弦楽団とのシリーズはいまいち内田のベストテイクではないし、録音も不満。指揮者ありの方が良かったのでは?

このカメラータ・ザルツブルクとのモーツァルトは弾き振りですが、降参するほど素晴らしいのに・・・このコンビで録音すればよかったのに。

有名な20番をおまけのように取り扱ってしまうのは、こちらは上の内田/カメラータ・ザルツブルクとの演奏が素晴らし過ぎるからで、このアルゲリッチ盤も悪くはないです。ただこの曲だったらラビノビッチが伴奏したアルゲリッチ旧盤の方が彼女らしい演奏です。第2楽章などはいいのですが、第3楽章はちょっと上滑りしてしまっているかな?というテンポ設定とアバドとオーケストラが少し付いていききれていない気がします。ちょっとこのコンビにしては、すっきりし過ぎ。(普通の演奏よりかはよっぽどノリはいいですけど)

こちらが旧盤。ジャケットからしてふてぶてしい(笑)

録音も微妙に25番より劣るような気がしてます。でも何というか最近のアルゲリッチはピアノ協奏曲を演奏すると緩徐楽章の時の方が聴き惚れてしまう瞬間が多いです。昔はアレグロ楽章の猪突猛進の方がインパクトが強かったので、やはり彼女も変わってきているのだなぁと感じ入ってしまいます。昔の彼女のピアニッシモの美しさも当然素晴らしかったのですが、ちょっと風合いが変わってきている。ピンとして緊張感があり、どこか触れることが許されないような危うさが昔はあった。

最後に内田さんとムーティで。

この演奏会全体素晴らしかったので、映像作品で出してくれればいいのにと嘱望して終わります。


ラベル:アルゲリッチ
posted by 悩めるクラヲタ人 at 05:40| 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新世代たばこ iQOS(煙の出ないたばこについて) 使用感とメリット・デメリット


やっと入手難が解消されたみたいでAMAZONで買えるようにもなったみたいです。もうヤフオクで買う必要はない。

結構喫煙者には興味のある話題みたいで・・・会社の同僚も私のを見てかなり興味を持ちiQOSへ移行してますね。少し校正して再掲します。嫌煙者の方にもiQOSが広まるのは嬉しいはずです。

th.jpg
煙草に関する記事ですが、決して喫煙を薦める記事ではありませんのであしからず。吸わない方がいいに決まっている。

私は残念ながら喫煙者です。たばこ増税がまた叫ばれ頭が痛いものです。若い頃からの喫煙者ですが、たばこ1箱の値段は気づけば倍になってしまいました。嗜好品中の嗜好品なので仕方がないことかな・・・と諦めています。止めようと何度も試みたのですが、ストレスを理由にしてまた吸い始めるというサイクルです。

そこに輪をかけ、ストレスを理由にたばこの量が増えてしまいました。1回に2本連続で吸うというチェーンスモーカーにも。これは身体に悪い。それ以上に身体に匂いが付きすぎる。

たばこを吸って仕事場や家の中に入るときに、自分でも嫌になるほど身体にたばこの匂いがついてしまっている。ファブリースなどを振りかけても髪の毛や肺に溜まっている匂いがどうしても取れない。妻には「洗濯物、子供の服と一緒に重ねないで!たばこの匂いがつくから」とまで言われる始末。加齢臭よりそちらが先か・・・。

困ったものだ・・・体に悪いし、人に不快な思いをさせてるなぁ・・・

20歳以上の方だけね。
フィリップモリス 新時代のたばこ iQOSサイト

と悩んでいた時に、「煙が出ない、火を使わない、匂いがほとんどない新時代のたばこ iQOS」がフィリップモリスから発売されました。たばこの葉を燻してその蒸気を吸うので、喫煙中に出るのは口から出る水蒸気だけ。それによりたばこの匂いも95%カット、燃やさないのでタールなどの付属有害物質もカットされ身体にも悪影響が減ると。この情報は喫煙者誰もが気になったことでしょう。
d33ced2ecb185dd2362cb855c6f17382.png

ただ初期投資に9,500円位かかるので、そこが皆躊躇するところ。と思っていたのですが、昨年の正月休みの早朝散歩中にコンビニで見かけ衝動買いして入手。店員さんに訊くと「一度買われた方はこれ(iQOS専用のたばこ)に変わってますよ」とのこと。割引クーポンも手に入れず定価で買ってしまった・・・

約2か月。その店員さんの言うとおりになりました。iQOSに切り替わっていて紙巻きたばこには戻れない。電子たばこはすぐに駄目でしたが、これはいい。最初はその味と香りがお茶のようで多少違和感がありましたが慣れれば問題ないし、メリットが大きい。

火を使わないということも大きいですが、吸っている最中のたばこからの副流煙が無い。副流煙もさることながら、体に匂いが付着しないので何より他人に不快感を与えないところが何よりうれしい。吸殻は出ますが、匂いは少ないのでポケットにオンできるのでポイ捨ても100%無くなる。

s_672-458_resize.jpg
私は6種類あるカードリッジの中で一番たばこ感があるレギュラーとバランスドレギュラーを、気分によって使い分け吸ってます。やはりレギュラーが一番ニコチン感が強い。元々メビウスの3mmを吸っていたのでちょっときつい感じがするくらいのニコチン感。バランスドレギュラーは、少しその感じが和らぎ、ほのかに甘い香りがある。

周りの人にはミントが一番評判がいい。たばこ感とミント感のバランスがよく、一番紙巻きたばこからの移行に適している。私も試してみましたが、鼻からふーと蒸気を出すと鼻のすーすー感が当分続く。花粉症時の鼻づまりにもいいかも??

フィルターが黒くならないのでやはりタールなどの有害物質は少ないようです。身体への悪影響も減ったのか、髪の毛を洗う時の感じと朝顔を洗った時の肌の感覚が違います。運動も辛くなくなった。肺への負担も少ないのかも。

匂いに関しては締め切った部屋で吸えば匂いは多少しますが、いわゆるたばこ臭いではなくお茶の葉の香りのよう。吸ってすぐに大のたばこ嫌いの妻のそばによっても気が付かないので、他人への不快感減少はかなりの効果。これは大きい。ただやはり換気の悪いところだと匂いは残るようで、部屋で吸った後に妻がすぐ来ると気づきます。

この寒空の下で凍えながら煙草を吸っていたのですが、IQOSに変えてから換気扇の下で吸えば室内で吸える。独身時代以来味わえなかった、室内でコーヒーとたばこを味わいながら音楽を聴くという至福の時間を味わえている・・・

デメリットはやはりiQOSホルダーなどに初期投資が少し必要になることとカートリッジが少し高い(460円)こと。しかし、たばこを吸うために喫茶店を探したりパチンコ屋に入ることは無くなりましたし、ライター・携帯灰皿を買わなくて済むなど長期的な目で見ればこのデメリットは潰せるかも。

あとiQOSホルダーがデカく重たい。昔のスマホ並。胸ポケットには入れられない。冬場はコートなどのポケットに入れておけるが、夏場はズボンのポケットが右はスマホ、左がiQOSホルダーで重たい。

充電とたまにヒーターの掃除が必要ですが、携帯がもう一台増えたと思えばそれほど気にならない。掃除はめん棒で毎日やった方が、やはり一本の味わいが変わるので今日もありがとうと感謝の意を込めてやるべき。ブレードを折らないよう気をつけて。

このクリーニングスティックは優れもの。きれいになるなる!洗浄液が付いて細いので、よくとれる。週1回はこれでお掃除。

1本吸うとヒーターの充電が切れ、ホルダーで5分充電しないと吸えない(チェーンスモークできない)という点をデメリットに挙げる方もいますが、iQOS 1本吸うのに普通の紙巻きたばこ2本分の時間はかかる感じがするし、健康的なことを考えればこれはメリットにもなるかと思っています。結果、自然と本数は減るし。
887-721.jpg
意外とデメリットとして挙げられるのが、「喫煙所で吸えない」ということ。喫煙所で吸うと「こいつ何吸ってんだ?危ないたばこか?」という視線を浴びるのと、こちらとしてはたばこの煙の臭いが付けられてしまいメリットが潰される。

しかし、紙巻たばこを吸っていた時に自分がどれほどたばこの匂いを身体に纏わせていたかをものすごく思い知ります。パチンコ屋にいくだけで匂いってかなりつくことも知りました。

第2世代も出ました。

といって、喫煙所でもない社内の廊下で吸っていると「おいおい」と言われるのは目に見えてますし。ということで、会社とかでは喫煙所の外で吸う羽目に。変な話ですね(笑)

一番のデメリットは多くの方がブログなどで書いているように、折角のiQOSアプリの出来が最悪なのとHPへのアクセスがしにくい。サーバーが足りないのか、アクセスに追いついていない。キャンペーンや特典などが結構あるにも関わらずこれでは恩恵を享受できない。しかし一度ログイン出来ると、あとは優先的につながるみたいで、同僚にクーポンあげる羽目に。こちらは是非改善して欲しい。

music_ongaku_kansyou.png
嫌煙者の方には面白くない記事ですが、喫煙者も考えているのですという記事でした。まぁでも・・・本当はたばこやめたい・・・orz

でも、喫煙者にはお薦め!会社で意外にもiQOS転向組が多くなってきていることにも驚く。

posted by 悩めるクラヲタ人 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする