中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年08月11日

プーランク 「ぞうのババール」 ジャンヌ・モロー&ジャン=マルク・ルイサダ 1994年録音 


先月末、フランスの名女優 ジャンヌ・モローさんが亡くなられました。私はあまり映画を見る方ではありません。なので、モローさんの名前は知っていても、映画は「死刑台のエレベーター」位しか見た記憶がありません。かなり昔ですね。
jeanne-moreau.jpg
映画界で長きに渡り活躍しており、映画大好きなピアニスト ジャン=マルク・ルイサダのような映画好きには神のような存在だったそうで・・・このCDを制作すると決まった時にはルイサダはかなり興奮気味だったそうです。このプーランクの語りとピアノのための音楽「ぞうのババール」はあまり録音も演奏もされないのが残念な位、魅力的な音楽です。その音楽とフランス語のニュアンスだけで幸せな一時を与えてくれます。ジャンヌ・モローさんを偲び聴き入りました。

プーランク 「ぞうのババール」
語り:ジャンヌ・モロー
ピアノ:ジャン・マルク・ルイサダ
録音 4.50点  演奏  4.70点


とっくの昔に廃盤ですが、タワーレコードさんが独自企画で継続して販売してくれているのはありがたいことです。
プーランク:ぞうのババール; サティ: ピアノ曲集 / ジャン=マルク・ルイサダ(p), ジャンヌ・モロー(語り)<タワーレコード限定>


カップリングはモローの語り付サティです。有名な「ジムノペディ」も含まれます。その他は渋い選曲ですが、独特の世界観を1時間堪能できる1枚。フランス色一色です。そのメインとなる1曲「ぞうのババール」は、フランスの作曲家 フランシス・プーランクが作家 ブリュノフの同名絵本に夢中になっていたいとこの子供たちのために書いた曲です。

内容は絵本らしく小象のババールは母象とともに散歩中、狩人に襲われ母象は撃たれてしまう。ババールは泣きながら森から逃げ、街に辿りつきます。運よく優しくしてくれる人間のおばあさんと出会う。街の生活は快適ながらも、友達の象や亡くなった母象のことを思いだしながら日々暮らしていた。そんなある日、いとこの象が街に現れ一緒に森に帰ることになる。森では丁度その時、象の王様が死んでしまい、次の王をどうするかという話になっていたのですが、いろんな経験をしたババールに王になってもらおうということになり、ババールは結婚と戴冠を行いめでたしというお話。
61-FBjncqIL__SL500_AA300_.jpg

ウィキペディアでは、「シューマンの子供の情景やドビュッシーの子供の領分と同類の曲」というようなことが記載されていますが、実際にはちょっと風合いが違います。ピアノの伴奏はそれほどメロディアスではありませんし、響きもロマン派・印象派的なところは皆無で現代音楽的です。初めて聴いた時にはこれが子供のために書いた音楽か?と感じました。今改めて聴くと、これは絵本をそのまま音楽に移し替えたものだと感じます。不思議な絵と色合いがある輸入絵本のようなものです。ひょっとすると想像力豊かで感性の強い子供の方が受け容れやすいのかもしれません。

演奏は録音も少ないので比較対象があまりありませんが、このモローとルイサダ盤があれば他は必要ないでしょう。冒頭の曲名・台本・作曲者紹介の口上からふっと違う世界に誘われるようなモローの語り口。フランス語の美しさとその語り口は、未来に渡って他の追随を許さないでしょう。若干ハスキーなその声もこの台本には相応しい。話の筋に合わせて声色を変えているところもあるかと思います。特に話し言葉の部分は流石名女優です。しかも子供に聞かせるような感じもしっかりとあります。


英語版ですね。話は頭に入ってきやすいですが、フランスの匂いが薄れる。この語りも上手ですが、アメリカの絵本になってしまっている。

ルイサダのピアノも色彩感と感受性豊かで、いろんな色合いを醸し出して聴き手の想像力を豊かにしてくれます。モローに合わせるだけでなく、しっかりとした存在力で大女優との共演にも臆さず見事な演奏。説明できないような独特な空気感があります。海外の絵本を手に取った時の匂い、ちょっと奇抜な絵と色使い、でもなぜか魅入られ引き寄せられる感覚とでも言いましょうか。

最後に「fin!」と締めくくられるのですが、モローとルイサダの音の絶妙なこと。「おしまい」という日本語では感じられないお洒落さがあります。フランス語独特のニュアンスには勝てない。しかしこの音楽と演奏は子供のための絵本というよりも、大人の絵本で品格がある。

舘野泉さんと岸田今日子さんの日本語版。聴いてはいないですが、これもありかも。昔、BSで原田知世さんが語りをしているのが放送されていました。

子供のためのようで大人のための洒落た一枚。ジャンヌ・モローさんの音楽界に遺した貴重な記録が埋もれないようにして欲しいものです。

ラベル:優秀録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 18:07| オペラ・声楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」 ズヴェーデン/オランダ放送po 2006年録音


BOOKOFFで1,250円で入手したズヴェーデンとオランダ放送poとの優秀録音による「春の祭典」。同じ日に持ってはいたけど古い盤なので、リマスタリングされたスウィトナーのブラームス ハンガリー舞曲集もあったので購入。こちらは通常CDですがHQCD仕様で1,680円。少し高いとは思いながら、ずっと気になっていた前者が安いしSACDなので足して割れば丁度いいいかと両方とも購入。
articleLarge.jpg
発売当時からレコード芸術でも特選、しかもレコードアカデミー賞の管弦楽部門も受賞と評価が高かったです。故宇野功芳氏も「作品そのものが光るズヴェーデンの名演」と絶賛していました。ゲルギエフの名盤と対極にある演奏とのことで、それは言っては悪いが個性がないということでは?とちょっと手が伸びなかったのです。どの評論家も同じ論調で録音は超優秀とこれも横並び一線。さて結果は如何に。

ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」(1947年版)
指揮:ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
2006年 スタジオ録音 ハイブリッドSACD
録音 4.80点  演奏  4.35点




なるほど冒頭からノイズも少なく楽器の音色や息遣いも感じられるほど繊細な録音。美・サイレント 山口百恵か・・・・静かな環境で聴くとよくわかります。スタジオで自分のためだけにオーケストラが眼前で演奏しているかのよう。演奏もこなれていて、過激さというよりかはブーレーズ的でしっかりと楽器を読み込み冷静に少し分析的な傾向。ブーレーズほど刺激的・機械的でなく、デイヴィス盤ほど熱くもなって行かない。

なるほど「指揮者や演奏家の存在を忘れてただ作品の良さだけが感じられる。それは演奏家にとって非常に名誉なことだ」との宇野節もあながち間違ってはいない。端正でリズムもよく、ティンパニ・グランカッサなどの迫力もしっかりとしていて聴かせる。夜に聴き終わってふと「春の祭典を聴いていてボリューム操作をせずに夜に聴けたのは初めてのことだなぁ」と気づく。

普通は1部の最後や第2部後半の一部でボリュームを抑えざるを得ない部分があるのですが、それが無かった。そういった部分でも音が暴れないというか刺さってこない。と言って、不満足でもない。録音の良さのせいでしょうか。迫力不足にはかんじない、けどこの曲に少しは求める「うぅぃぅ・・・」という息苦しさや圧迫感には欠ける。じゃぁつまらない演奏ですかと問われればいえ優れた演奏ですと答えます。

ブーレーズ的ベクトルの演奏ですが、オーケストラがいい意味で巧すぎないために、人間味がある音でそこまで分析的に聴こえないし、刺激的にもなっていない演奏です。そしてこれがここまで優秀な録音でなかったらいい演奏と言われたかは微妙だろうなぁと思います。録音が演奏を超えてしまっているといいますか。

グランカッサと強烈なシンバルの音がここまで鮮明でリアルに捉えられた録音は無いかと。しかもティンパニストは微妙な強弱をつけているのが明確にわかる。弦のピチカートも目の前で弾かれているようにリアル。



ズヴェーデンはニューヨーク・フィルの指揮者になりますが、ニューヨークで同じ演奏をしたら多分この演奏より機械的で圧倒的過ぎる音響でちょっと真面目過ぎる五月蠅い演奏になるのではと思ってします。良くも悪くもオランダ放送poという丁度いいうまさのオケとの録音だったから良い結果につながったような・・・褒めて無いですねなんだか(笑)

「初めて春の祭典を聴くんだけど、どの盤がお薦め?」と聴かれて、この盤は決してお薦めしない。多分M・T・トーマス盤を薦める。「録音がめっぽういい盤は?」と言われたらスッと渡すけど。M・T・トーマスやドラティを聴いて曲を知り、ブーレーズ(旧盤)やゲルギエフ、ディヴィスなどの解釈を聴いた後に、「最近でいい演奏ある?」と言われたらお薦めします。個性的な演奏を聴いてから聴くと耳洗われて新鮮に感じる演奏だと私は思います。耳を一旦いい意味でリセットして、またゲルギエフって凄いなぁとかドラティって老練だと気づくことができるようになる毒消し的な名演。

今となってはこのマゼール盤も超個性的な演奏ですが、11拍子の部分以外は忘れ去られる運命か・・・

このような超オーソドックスでセンスよく技術もまとめられた演奏で初演をされていたら、果たして初演であれほどのスキャンダラスになったのだろうか?と考えてしまう程、すでにクラシックの古典として演奏されている好演です。私は名演で名盤です!、諸手で称賛とは言えないかなぁというのが正直な感想です。録音に関しては絶賛します。是非SACDで聴くべきです。


ズヴェーデンという指揮者はセンスはいいし、元RCOのコンサートマスター経験者だけあってオーケストラをまとめるのも上手い。ニューヨーク・フィルハーモニックはアラン・ギルバート時代は全く持って興味が無くなったのですが、少しは興味が戻りそう。ズヴェーデンの正念場でしょう。この新しいコンビのCDを早く聴いてみたいものです。

最後にバーンスタインとボストンの演奏。なかなか面白い。まだようやくオーケストラがミスなく演奏できるレベルになった頃ですね。時代を感じる。

関連記事
・ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」 ゲルギエフ/キーロフ歌劇場o 1999年ライブ録音

posted by 悩めるクラヲタ人 at 12:14| Comment(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする