中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年08月05日

ワーグナー 「タンホイザー」序曲・「ジークフリート牧歌」他 ノーマン&カラヤン/ウイーンpo


バーベキューから帰って来て、ふとワーグナーが聴きたいと思い、そしてカラヤン晩年のライブ録音を棚から取り出してみました。
thTE6E5E74.jpg

ワーグナー
・「タンホイザー」序曲
・ジークフリート牧歌
・「トリスタンとイゾルデ」から前奏曲と愛の死
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ソプラノ:ジェシー・ノーマン
1987年 ザルツブルク音楽祭でのライブ録音





「20世紀最高の指揮者は?」または「20世紀最高の音楽家は?」と訊かれたら、フルトヴェングラーかカラヤンの名前は外せないと思います。しかしながら私は決してカラヤン好きではありませんので、よいリスナーではありません。実際このCDも「タンホイザー」序曲はあまりよいとは思いません。

このCDの白眉は「ジークフリート牧歌」だと思います。前奏曲と愛の死もいいですが。もう今では聴くことの出来ないウィーン・フィルの独特な香りが漂っています。カラヤンというと、速いスピードで演奏するイメージがあるかもしれませんが、晩年はかなり遅くなりました。

その分、ワーグナーが愛する妻の誕生日のプレゼントとして贈ったこの曲を、この上なく官能的にでも少しごつごつした部分もあり人間味溢れる音楽として演奏しています。加えてウィーン・フィルの響きが堪りません。手綱を緩めていたのでしょうね。


古いですが、クナッパーツブッシュの素晴らしいジークフリート牧歌。

その後の「トリスタンとイゾルデ」からの2曲も名演。ノーマンの少し重めの声がこの時の伴奏にピッタリです。声をマスクしないように音量を少し抑えながら、萎びれて響くヴァイオリンと本当にうまく溶け合っています。

長年連れ添ったベルリン・フィルと決別した後、体調も優れず満身創痍でウィーン・フィルと残したライブ録音は全盛期のカラヤンより好きです。バトンテクニックに優れていて入念にリハーサルして、切って貼ったような如何にもパッケージ化された全盛期のベルリン・フィルとの数多くの録音は苦手です。

ですが私が始めてお小遣いで買ったレコードは、カラヤン/ベルリン・フィルのベートーヴェンの「田園」交響曲でした。ヲタクでなければ、まず何でもカラヤンの時代でしたから・・・すぐ飽きました。

やはり目は開けて指揮しないといけないと思います(笑)

体力そしてバトンテクニックは衰えたが気力は残り、それをカバーしようとその気力を補おうとするオーケストラとの関係がベストだったんだと思います。莫大な録音を残したカラヤンですが、ライブ録音は少ない。死後にようやくライブ録音が数多く日の出を見ましたが、意外とライブは良かったんだなと思います。あまりに録音技術に詳しすぎたんですよ、カラヤンは。

最近のウィーン・フィルではこのような音はもう出ない、引き出す指揮者がいないでしょうね。50年代のウイーン・フィルの独特のウィーン訛りの音色も古き良きですが、80年代の訛りは減ったが20世紀後半の機能美が加わったこの時期(コンサートマスターがヘッツェルまででしょうか)の音も今となってはまた古き良き時代だったのです。

ラベル:カラヤン
posted by 悩めるクラヲタ人 at 18:58| Comment(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: