中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年08月13日

ベートーヴェンの交響曲第9番 終曲部(プレティッシモ)聴き比べ


私がクラシック音楽で一番好きな曲の「ここ」という部分は、ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章最後の最後プレティッシモです。演奏効果もさることながら、交響曲の締めくくりとしてこれほど素晴らしい締め方は無い。ブルックナーやマーラーの交響曲位でしょうか?しかし、指揮者によってこうも違うかという程違う響き方や聴き終えた後の印象が違う。

ということで聴き比べてみましょう。

どの演奏が誰の演奏家は敢えて記しません(笑)80%以上わかる人は、かなりのクラヲタかと思います。フルトヴェングラーの演奏ともなれば、「あぁ、これは何年の何月の演奏だね」と答えられてしまう方もいるかもしれません。一応録音年代順で、まずモノラル録音からです。


th.jpg
過去から現代に至るまで、最速のプレティッシモは、やはりフルトヴェングラーですね。バイロイトの第9は、板起こしと正規盤の聴き比べも出来るように同じ演奏でも2種入れてあります。

では次にモノラルからステレオ初期の演奏から。


th.jpg
過去の巨匠時代はここまでとなります。まだまだ個性的な演奏が多いですね。

次は20世紀後半。まだ存命の指揮者も含まれています。ごく一部ですがレアな音源も混ざっています。ジュリーニが2種類入っていますが、どれかわかるでしょうか?スタジオ録音とライブ録音ではこんなに違うのかと驚きました。スカラ座管弦楽団と再録音してもこんないい演奏にはならなかっただろうなと思います。


Takashi_Asahina_1949_Scan10012.JPG
音質は全てステレオになり、だいぶ楽しめると思います。でもあまり違いが無くなって来て寂しい気もしてきました・・・

閑話休題

カラヤンです。普門館のライブで生中継のラジオ録音です。当時ウィーンpoやベルリンpoが来日することは一大事件だった。これエアチェックしてた人凄い。当時はカセットテープも高いし、第9を録音しようとすると、テープチェンジのタイミングとか難しかったですから。第4楽章とかアタッカで演奏されると涙ものでしたね(笑)

最後に20世紀後半から最近の演奏。最初の指揮者の演奏は最後に少しだけリタルダンドをかけています。結構マイナーな指揮者です。販売数が少ないし知名度も低いため、結構入手するのに苦労したCDです。誰か当てられたら重症なクラヲタです。
この第9を蒐集しているホームページから知って手に入れました。凄いCD量ですよ。
白夜営 ベートーベン 第9のCD一覧HP


音は良くなりましたが没個性的に・・・


うーむ、かっこいいですね。マイケル・ティルソン・トーマス。

指揮者の仕事って何なの?同じ楽譜からこんなに違う演奏になるのかと知ることができる面白い部分です。今このコンビなら面白そうと思うのはムーティとシカゴ響くらい?

しかしyoutubeで見た限りではちょっとうーんと。興味のある方は「muti Chicago beethoven」で検索をどうぞ。

posted by 悩めるクラヲタ人 at 17:10| Comment(3) | ベートーヴェンの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聞き比べ、興味深く聞きました。「モノラルからステレオ初期」の演奏に気になるものが幾つかありました。種明かしはしないんですか?
Posted by くりーく at 2017年04月16日 16:28
くりーくさん、コメントありがとうございます。種明かし遅れましてすみません。

1955 ワルター VPOとのライブ(ORFEO)
1957 クレンペラー POとのEMIスタジオ録音
1957 シューリヒト パリ音楽院oとのEMIスタジオ録音
1957 ベーム VSOとのVOXスタジオ録音
1958 クリュイタンス BPOとのEMIスタジオ録音
1958 モントゥー フランス国立管弦楽団とのライブ録音集から
1960 クレンペラー POとのウィーン芸術週間でのライブ録音
1965 シューリヒト フランス国立放送管弦楽団とのステレオ・ライブ
1968 セルとニューフィルハーモニアoとのBBCライブ録音(モノ)
1973 マタチッチ NHK響都のライブ録音
1977 カラヤン BPOとの来日ライブ(東京FM)
の順です。

同じ指揮者でもライブとスタジオでは違うものですよね。気になられたのはどの演奏でしょうか?気になりますね。入手は比較的出来るCDですよ。
Posted by 悩めるクラヲタ人 at 2017年04月22日 05:28
種明かし、ありがとうございます。
一番気になっていたのは、終結からブラヴォーが凄まじい、最後から3番目の演奏でした。
セルがライブで時々熱い演奏をしているのは知っていましたが、この演奏はまったく知りませんでした。さっそく購入の手配をしました。
良い演奏を教えてもらいました。ありがとうございました。
Posted by くりーく at 2017年04月26日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: