中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月09日

イベール 「ディヴェルティスマン(喜遊曲)」他 マルティノン/パリ音楽院管弦楽団 1960年録音 


81E4KzHsIpL__SL1007_.jpg
フランスの名匠 ジャン・マルティノンによるフランス音楽集。録音は古いですが、再発売時にFMfanで故長岡 鉄男氏もレビューで褒めていた名録音。演奏も大人しいEMI録音よりもマルティノンがはじけています。

イベールの「デヴェルティスマン」は非常にマイナーな曲ですが、全体として演奏時間も短い組曲の佳曲です。とにかく愉しいしマルティノンとパリ音楽院管弦楽団がおもちゃ箱をひっくり返したかのような愉しい音の数々。DECCAの名録音と共にもっと知られてもいい曲でありCDです。

マルティノン フランス音楽コンサートより
イベール 「ディヴェルティスマン」
指揮:ジャン・マルティノン
パリ音楽院管弦楽団
1960年スタジオ録音
録音 4.40点 演奏 4.60点


カップリングはサン=サーンス、ビゼー、ベルリオーズの下記作品。
交響詩≪死の舞踏≫
小組曲≪子供の遊び≫
交響詩≪オンファールの糸車≫
序曲≪ローマの謝肉祭≫
ハンガリー行進曲 (≪ファウストの劫罰≫より)
序曲≪海賊≫
どの作品もスタジオ録音にもかかわらず、パリっ子の勢いとノリがあり、とにかくいい意味で賑やかで愉しい
CDです。マルティノンの粋を満喫・堪能、そして当時のパリ音楽院管弦楽団の独特の音色をDECCAの名録音が見事に捉えています。
789619a454390f27535dc5bb3e02c2e1.jpg

このCDを知ったのはオーディオの神様 故長岡鉄男氏がFMfanで優秀録音と推薦していたからです。こんな古い録音にも関わらずです。安かったので騙されてもと思って購入してみたら、実際その通りでしたし、何より楽しい曲の発見に驚きました。

もっといい音で聴きたいという病気も併発し、アナログ初期盤(SXLでなくやはり米CS盤ですが)まで探す羽目になりました。「ディヴェルティスマン」は録音されることは少なく、私はあとデュトワ盤位しか知りません。(こちらもアナログ盤で所有)マルティノンに比べると、大人しくて少し物足りない。田舎臭さがもう少し欲しい。


これをマルティノンがパリ音楽院管弦楽団の美質を生かして活き活きと演奏しています。この時の首席奏者は皆音色に一癖あり、トランペット・バスーン・オーボエは特に特徴的で味がある響きです。イベールでは特にトランペットのヴィブラートといったら!!

快活でピアノも含めた打楽器も賑やかに鳴っています。名プロデューサー カルショーが曲とオーケストラの特徴を熟知して、それを見事にパッケージに収めています。録音に関して言えば、ヒスノイズは多めに残してマスターの良さをそのまま生かしていますが、大太鼓ドン!の時に少し音が混濁(当時のレンジの限界)する位でしょうか。

1曲目の序曲から音が飛び出してきます。

ウキウキしてきますよね。初期盤はなかなか再生が難しいですが、何ともノスタルジーを感じる。何よりマルティノンがフランス音楽を愛して已まないやまない風情が随所に漂ってきます。洒落っ気もたっぷり。

ベルリオーズの序曲「海賊」。こちらもマイナーですが、スタジオ録音とは思えない最後の熱気。

マルティノンもクリュイタンスもEMIではなく、Decca専属になっていたらなぁと思わせる輪郭のかっちりした録音。

amazonでもいいですが、中古で見つけたら是非一度聴いてみて欲しい曲・CDです。ハイレゾ配信して欲しい名録音の一つです。


posted by 悩めるクラヲタ人 at 13:27| Comment(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: