中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月18日

エーリッヒ・ラインスドルフのCDを聴いて


HMVでラインスドルフとベルリン・ドイツsoのベートーヴェン 第9が安くなっていたので購入してしまいました。明日には届くかな。

在庫処分みたいでAMAZONよ 新品より1000円以上安い。レビューもいいし。

ブラームスのピアノ協奏曲第2番のCDを探していたら、リヒテルとラインスドルフのCDが家にあり、意外にも名演で名録音。1961年録音のもの。

RCAリヴィング・ステレオ vol.2の中に往年の名匠エーリッヒ・ラインスドルフ指揮のCDが多数含まれています。マーラーやロッシーニ、ヴェルディのレクイエム、プッチーニのトスカなど大作が多い。当時かなり評価されていた証拠でしょう。

96958A88889DE6E2EAE3E6E1E7E2E0E4E2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXBZO4077955025042012000002-PN1-30.jpg
エーリッヒ・ラインスドルフ
1912年2月4日 - 1993年9月11日

日本ではあまり人気がなく、復刻されることも少ないですが、こうやって聴いてみるとなかなか職人気質で玄人好みの演奏です。メリハリしっかり、細かなところも手を抜かずピリリと辛口ながら、楽しく音楽を聴かせてくれます。リハーサルは厳しく、オーケストラには好かれなかったし、トラブルも多かったとか。しかし、オーケストラビルダーとしての腕は誰もが認めていた。

細かい・・・

晩年の1986年にはウィーン国立歌劇場と来日してフィガロを振ってます。あまり話題になりませんでしたね。そもそもこの年の来日公演の指揮者陣はシュナイダー、ホルライザー、ヴァルヴィーゾ、シノーポリと全般的に地味。来日自体に話題性にかけました。人気が登り調子だったシノーポリ位。

さて、全部をしっかり聴いた訳ではないですが、ライナーとラインスドルフの演奏は当時のRCAの録音と相性がいい。細部が見えるような演奏で斬れ味もあり、鮮烈なリヴィング・ステレオの録音がより映える。主旋律だけでなく伴奏楽器もしっかり鳴らして立体的なハーモニーを奏でさせる手腕も見事です。ボストン交響楽団とのマーラーの交響曲第1番「巨人」は筋肉質でいい演奏です。この後の小澤とのダルなボストンsoよりもいい響きだと思います。

映像も残っているんですね。魅せる指揮姿ではないですが。


ラインスドルフは耳の良さと暗譜能力に優れ、リハーサルでは各楽器に細かく指導したそうですが実演では手綱を緩め自由に演奏させることで、嫋やかな響きを生み出したそうです。「リハーサルではみっちり扱かれ二度と一緒に演奏したくないと思うのだけど、コンサートでは優れた演奏になり幸せな気持ちになりまた一緒にと思う。でも翌年リハーサルでその思いを後悔する」という団員の声も面白いものです。

地味な指揮者ですが、音楽にひたすら実直に取り組み、よい音楽をスピーカーの向こう側にいる聴き手に届けようとする気持ちが伝わってきます。その気持ちは録音スタッフも同じ。

録音は今に比べレンジは狭いですが、情報量は多い。歌ものだと少し歪みが気になる部分はありますが、ラインスドルフを再評価するには十分です。リヴィング・ステレオ録音は録音現場の空気が伝わってくる。かなり楽しめそうなboxです。ライナーに比べラインスドルフが多いのが不満?いやなかなかですよ。

第9についてはまた週末に。


posted by 悩めるクラヲタ人 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429388903
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック