中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年09月24日

ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」 ペーター・マーク/東京都交響楽団 1990年ライブ

名匠ペーター・マークと東京都交響楽団との「第9」のCDです。1990年と1995年に単身来日して振っていたので、どこかにのこされているだろうと思われていた音源。

thL2U94N69.jpg
かっこいい。

しかしペーター・マークは一部の人にしか評価されていない指揮者です。シューリヒトのように名声を得ようとは思わず、人生の後半は実力に見合わぬ田舎のオーケストラばかり振っていました。そんな中で東京都交響楽団はよくぞ田舎からマークを引っ張り出してくれたとお礼が言いたい。若い頃のロンドンsoでの名演しか残っていないマークのベストフォームをも引っ張り出してくれたのですから。

ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調「合唱」
小濱妙美・郡 愛子
市原多朗・福島明也
尚美学園第九合唱団
指揮:ペーター・マーク
東京都交響楽団
1990年 ライブ録音
録音  4.40点   演奏  4.70点



マークは晩年にパドヴァ・ヴェネト管弦楽団とベートーヴェンの交響曲全集を録音しています。私は飛びついて買いましたが、結果は残念。レビューや一部の目立ちたがり屋評論家には受けがいいみたいですが、さっと売ってしまいました。彼のお得意のメンデルスゾーンの交響曲もベルン交響楽団との演奏が残っていますが、こちらも残念。オーケストラの力量及び録音(artレーベル)がマークについていけていない(これもシューリヒトの辿った道と同じ・・)。特にベートーヴェンは小編成にもかかわらず、ぼやけた音で全く良く思えなかったです。

買わない方がいいです。
またリマスタリングされて再発売されるそうですが、買いません。

それに比べ東京都交響楽団とのライブ録音は優れたものが多い(ブルックナーみたいなハズレもありますが)。だいぶ前に紹介した「スコットランド」も素晴らしいですが、それと同じくらいこの「第9」は優れた出来です。パドヴァ・ヴェネト管弦楽団との録音で期待を裏切られた分を十分取り戻せたと思います。都響はマークが振ると何故か深い音が出てくる。


結構珍しいマークの演奏映像。

さっと早い感じで流していく演奏を少し期待していましたが真逆でした。誰の演奏に近いかというと、フルトヴェングラーの演奏です。第1楽章は風格たっぷりに進みます。少し暖まるのが遅い出だしではありますが、恰幅のあるテンポでしっかりと低弦を鳴らし、ティンパニを強打させています。しかし入念にリハーサルをしたことが垣間見えます。全楽器が決して音を流さない、大事なところではしっかり音に角をつける、第1楽章コーダの独特な(しかし効果的な)弦の刻み方を聴けばわかります。ドラマティックではありませんが、しっかりとした重みがある演奏です。

第2楽章は一転早めのテンポ。ここでもティンパニが効いています。しっかりとアクセントをつけ、細部にも目が行き届いている。木管楽器を上手く際立たせ、ただのティンパニ協奏曲にならないようになっています。これだけ頑張っているティンパニストですが、トリオ前(ワーグナーがホルンを追加した旋律の部分)で打ち忘れるという失態がありますがご愛嬌。楽章後半の同じフレーズのところでは「さっきはごめん」とばかりに忘れずに強打しています。

第3楽章は超スローテンポで密やかにヴァイオリンが歌い始めます。終始細やか。こんなに何回も第3楽章を繰り返し聴くのは久しぶりです。普通に聴いているとゆっくり美しく歌い上げているだけのようで、フレーズごとに強弱を巧みにつけて単調にならないようにしています。なので緊張感を伴った美しく嫋やかな響き。19分近い演奏時間なのでバイロイトのフルトヴェングラーとほぼ同じテンポ。録音が良いのでこちらの感銘度の方が高い。後半の2度目のトランペット警句の強奏と響き方はバイロイト盤とそっくりです。

マークのピアノの師匠はコルトー、指揮の師匠はアンセルメとフルトヴェングラーだったことをふと思い出します(なんという贅沢な境遇)。この楽章、木管楽器と弦楽器の奏で合いをホルンが邪魔しないように絶妙な音色と強さをコントロールしています。


N響と共演したこともあるとは知りませんでした。

第4楽章は90%と95%の力の入れ具合を変えて進みます。冒頭は90%でティンパニで荒々しさを出しながら、木管楽器を明確に聴かせます。テノールの行進曲後から力を入れはじめ、歓喜の合唱の再現部ではテンポを一気に速めるのでオケと合唱団がびっくりしているようについていきます。ここが95%。一瞬?とそこは思いますが、その後の合唱によるフーガ部分とのコントラストを明確にするためのものと後に気づきます。

最後のプレティッシモで100%をようやく出します。早い早い。そして打楽器が豪快に鳴ります。トライアングル・シンバルが際立っていますが、マタチッチなどと違い力技ではないのでうるさくない。マエストーソで大きくテンポダウンし再び一気に駆け抜けるコーダ。これはかなり早い部類。良く東京都soがしっかり鳴ってついていってますし、最後のティンパニ5連打もしっかり決まっている。「ティン・タ・タ・タ・タン!」とクレッシェンドもしているし揃って終わる。ありがとう、都響!

声楽陣のソリストはテノールの声が小さいのが難点位であとは十分。合唱もまずます。最後のプレティッシモの最後の最後で疲れたのか「Götterfunken」が少し音程が悪くなるのは残念。最後の「フンケン」がしっかり聴こえるのは嬉しいですが。

前に取り上げたトーマス/サンフランシスコsoの演奏は「技」が素晴らしいのに対し、マークの第9は「芸」が見事。普通に聞き流しているとわからないですが、良く聴くと細かいところに手が入っている。硬軟織り交ぜ、各フレーズを上手く聴かせるようにしているのがわかりますし、作品全体を通しての設計図がしっかりとある。こう思うと、パドヴァとの録音・解釈はオケの技術に合わせたものだったのかもしれません。

しかし、これはライブならではの名演奏です。廃盤になって欲しくない。

posted by 悩めるクラヲタ人 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ベートーヴェンの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 クリュイタンス/ベルリン・フィル 1960年録音


クラシックを聴き始めた時には、ベートーヴェンの中では一番メロディアスでとっつき易いという理由で、中学生の財布には厳しい2,000円を払ってカラヤンのLPを買いました。しかし、全曲聴くと意外と面白くない曲だという印象がその時についてしまい、未だその呪縛から逃れられていません。(カラヤンの演奏がせかせかして駄目だったのもありますが)
22177001209.jpg
クリュイタンスとベルリンpoとの交響曲全集の中で、昔から評判の良いのが「田園」。ワーナーのリマスタリングで音質が鮮明になり、苦手としていた「田園」もそのおかげで今はそれなりに聴ける耳になっていました。

ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」
指揮:アンドレ・クリュイタンス
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1960年 スタジオ録音
録音  4.35点  演奏 4.60点

※ベルリン・フィルがステレオで最初に録音したベートーヴェン交響曲全集でもあります。意外とカラヤンでないことは知られていない。

SACDシングルレイヤー国内盤。これは流石に高い。これなら輸入盤のクリュイタンスEMI録音集の方がお得。ベートーヴェン交響曲全集は勿論、ラヴェル・ドビュッシー・ビゼーなどの名盤が全てオリジナルマスターからのリマスタリングで音も十分。


ベートーヴェンの交響曲の中では心底明るくメロディアス(悪く言えばムード音楽的)な曲で、田園を散策している時に頭に浮かんだ旋律を譜面に落とした名曲です。緑に囲まれた時の心情から小川のせせらぎの音、そこに過去目れて暮らす人々の踊り、突然の雷、そして牧歌と美しく分り易い旋律が次から次へと流れ出してきます。初心者には向いているのかもしれませんが、私には他の交響曲に比べ内容が薄く感じてしまいます。(上から目線で失礼な話ですが)R・シュトラウスの「アルプス交響曲」とコンセプトは同じですが、感銘は断然こちらの方が上。


紹介するまでもないワルター/コロンビアsoの演奏。しかし私のCD棚にはありません。

このクリュイタンスの演奏は、彼のベートーヴェン交響曲全集の中でも昔から特に評価されていました。他の交響曲ではラテン的で明るすぎると全集としては評判があまり良くなかった。ただ「田園」の演奏では、その特徴がメリットに働いており、かつベルリン・フィルの重厚な音も相まってこの曲を格調高くしている名演です。何よりクリュイタンスの最大の美質である品がこの曲に加味されています。さらにオリジナルマスターからのリマスタリングで、三角バランスの整った低音部も蘇っている、というか本来の音はもっと良かったのかと驚く。



昔はセラフィムというEMIの廉価LPで発売されていました。クリュイタンス=フランスものというイメージが強かったですから、売れなかったことでしょう。誰がアンセルメのベートーヴェンを聴きたいかという話と同じです。

ありますけどね。DECCAは録音したいというアンセルメに困ったという話もあります(笑)

このコンビの名演は一時期仏EMIのリマスタリング廉価BOXがリスナーの間では大評判となりました。そのBOXもいい音質でこの全集の評価を一変させましたが、ただ今回の没後50周年企画のリマスタリングはさらに素晴らしい音質。

ベートーヴェンの交響曲だけでいいよという方には。今でもベストセラーの逸品です。

veniasレーベルのクリュイタンスBOXの音質も悪くありませんでしたが、やはり本家本元が本気を出した今回のリマスタリングで低弦がよりしっかりしてコシが出た。第5楽章を聴くと特にわかります。それにより高音も腰が据わった印象で、少し明るすぎと感じていたヴァイオリン・金管楽器がそれほど耳障りに感じられなくなりました。ちょっとしたことで本当に変わるものです。


よく考えれば、バイロイトでも評価された指揮者ですからね。

「運命」と第7番も聞き比べましたが、やはり印象が変わりました。ライスターやニコレなど錚々たるメンバーがいたベルリン・フィルの最盛期の音。それを巧みに引き出すクリュイタンスの技量。往年のベルリン・フィルがいかに魅力的なピラミッド型オーケストラだったかを確認したい方は是非と思います。ラヴェルも国内盤と雲泥の差。

シューリヒトがベルリン・フィルと、クリュイタンスがパリ音楽院管弦楽団とベートーヴェン交響曲全集を作ればよかったのにと昔は思っていましたが、それは間違いでした。

EMIの指揮者選定は正しかったことも半世紀を経て証明されました。なんと長い時間がかかったことか・・・。24bit96khzでリマスターされたままの音源が、ハイレゾ配信もされています。シングルレイヤーを1枚買う位なら、こちらのダウンロードをお薦めします。
André Cluytens - Complete Stereo Orchestral Recordings, 1957-1966

もっと驚きます。結局、箱も買ってハイレゾも買うというわけのわからないことをしてしまいました。
posted by 悩めるクラヲタ人 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ベートーヴェンの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ベートーヴェン 交響曲第7・8番 ブリュッヘン/18世紀o 1988-9年録音


暑苦しいよるに、軽くスパイスの効いたベートーヴェンの交響曲を。フランス・ブリュッヘンも鬼籍に入られてだいぶ経ってしまい、徐々に忘れ去られてしまっているような気がします。

未だにブリュッヘンの残したベートーヴェンの交響曲録音の中でずば抜けて優れているのは、旧録音の第7番と第8番だと思います。ベートーヴェンを新鮮かつ軽く刺激があり良い録音でとなると必ず手に取ります。カルロス・クライバーとは全く違った興奮を得られます。

ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調
        交響曲第8番ヘ長調
指揮:フランス・ブリュッヘン
18世紀オーケストラ
1988-9年 ライブ録音
録音 4.50点 演奏 4.60点


タワーレコードさんだとカッティングなどにこだわってほぼ同価格でタワレコ限定盤として発売されています。
ブリュッヘン ベートーヴェン: 交響曲第7番&第8番<タワーレコード限定>
全集で分売されています。第5番も薦めます。

両曲とも目が覚めるような録音。抜けもいいですし、トランペットとティンパニのアクセントが効き響きも新鮮で両曲とも目から鱗の演奏です。古雅でありながら迫力も適度、ノンヴィブラートで颯爽と駆け抜けますが、アクセントがくっきりついていてあっという間にこの曲を聴き終えれます。この曲の良さを再発見できる演奏です。

第7番は最初の和音で「少し重みが足りないかな」と思いますが、全体を通して聴くとそこだけ重みを付けると不自然になるので妥当な始まり。あとは基本テンポは早いですがクライバーの演奏と違い一つの音も流さずにしっかりと弾き・吹き切る。そこが爽快。人によっては古楽器特有の弦楽器の薄さ、トランペットなどの強奏が気になるかもしれませんが、この7番に関してはそれが功を奏しているように思います。

第4楽章などは特に推進力と迫力があり、何回聴いても飽きないし発見と興奮が味わえる名演。鳴りにくいはずの第4楽章が古楽器演奏でもこれだけ鳴りきらせることができるのかと感心。クライバー並の一気加勢のテンポなので繰り返しも「お代わりちょうだい」位で丁度いい。クライバーよりも曲の内容(解釈ではなく)を抉っている。コーダ最後の「タタタッ・・タタタッ」という和音も思い切ってストップをかけ、明確に区切って〆るのもオケが鳴りきって素晴らしい。最初は違和感がありましたが。

このブリュッヘンの旧録音はツアーを回って、演奏の質と向上・精度が高まった最後のオランダ公演をライブ録音するのが恒例でした。なので指揮者・オーケストラが自信がありつつ「さぁ録音だ」という気迫が感じられる。カラヤン方式とは真逆。

だから全集買っても損はないと思います。安いですね。

次の第8番、第1楽章の清々しい小気味よい入り方から魅かれます。こちらも全楽章に渡り、各楽器の明るい響きと乾いたティンパニの音がいい味をだしています。それでいながら第1楽章クライマックスでの凄惨な鳴らせ方、第2楽章古楽器特有の温もりとユーモア感、第3楽章のスキップするように通り過ぎてゆく軽快さ。特に第4楽章は前進性に優れティンパニが好調。コーダの「パコポコパカポコパッ」というところはこの録音だとしっかりとスピーカーから品よく飛び出してきます。最後の和音の後のホールに残る余韻も倍音が綺麗で清清しい。

ベートーヴェンの交響曲第8番は地味な曲ながらいろんな解釈が可能。ワインガルトナーで戦前ウィーンpoは良かったなぁと懐古趣味に浸りながらワインを嗜み、メンゲルベルクの硬質な演奏とポルタメントで時々前のめりになって驚きペルシャ猫が逃げてワインを零しそうになり、クナでワイングラスを落として割って思います。ブリュッヘンは朝、コーヒーを味わいながら「今日も一日頑張るか」と聴くのに最適な演奏です。

ブリュッヘンは晩年にSACDで再録音しましたが、折角の演奏がオフ気味の録音でホールトーンを取り入れすぎ、低音がぼやつき残念。スケールが増していいところも多いのですが、手を伸ばすのは旧録音の全集ほうが多いです。正直ブリュッヘンが心身ともに元気だった、もう少し早い2000年代に再録音してくれればよかったのに・・・

リマスタリングされれば変わるかな?

この後、現代オケで様々な同曲を聴きましたが、古楽器演奏の影響を受けたのか中途半端な演奏が多い気がします。第1・2・8番はなんだか古楽器オケの曲になってしまった・・

ラベル:優秀録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 20:21| Comment(2) | ベートーヴェンの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする