中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月30日

マーラー 交響曲第9番 ワルター/ウィーン・フィル 1938年ライブ録音


ワルターとウィーンpoの戦前のマーラー「第9」は未だに語り継がれている名演です。1938年のライブ録音としては驚異的な録音(と言ってもモノラルですが)ですし、戦前のウィーンpoの弦楽器特有の響きが加工無く感じられる貴重な音源です。

250px-Bruno_Walter_Wien_1912.jpg
20世紀中盤からバーンスタインなどのようにゆっくりで厭世観たっぷりの演奏に慣らされた耳には、モノラルながら新鮮に聴こえるスッと流れる演奏です。晩年のワルターとも違います。全体的に早いテンポで進みますが、切迫感を感じるのは時代背景が裏にあるからでしょうか。ワルターが若いということもあるのですが。

マーラー 交響曲第9番ニ短調
指揮:ブルーノ・ワルター
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1938年 ライブ録音
録音 3.00点  演奏  4.60点


この第9に関してはいろいろ買い替えましたが、このメモリーズはノイズは多いが悪くないと思います。その他にも貴重なマーラーのライブが含まれていますし。手に入りやすいのは下記CD。

一番優れた復刻と言われているのはダットン盤。私は未聴。


この演奏会が始まる前には、ナチスによる足音や叫び声による妨害があったなどという話などを知る人ももう少ないことでしょう。ユダヤ人であるワルターがウィーンでも窮地に追い込まれた状態でのライブでした。この公演後すぐに命の危険を感じワルターはアメリカに亡命することになります。家族はナチスにより命を奪われ、ワルターの最悪な時期が大戦が終わるまで続きます。


第1楽章のSP起こしでしょうか。生々しい音。

そんな心の葛藤が表れているような演奏。荒れ狂う心情を吐露しているような激しい斬り込むような演奏です。まだまだマーラーの交響曲に拒否反応を示していたウィーンpoの面々が必死にワルターの棒に応えています。しばしの別れを察知していたかのような暗くて深いトロンボーンの呻きと甘美な音色で奏でつつ時に切先鋭く切り込むヴァイオリンの音。第1楽章だけでも十分な位の聴きごたえがあります。音の悪さは途中で忘れてしまいます。そんな壮絶な響きの中で木管楽器の哀切な訴え。

第2楽章の愛らしいく朴訥な木管楽器に分厚い弦楽器群がコントラストを描いて進みます。第3楽章はワルターが激情に駆られて演奏しています。コーダのアッチェレランドは録音がさすがに物足りなく感じますが、激しい追い込みです。この後の第4楽章を聴くのが辛い。

荒れ狂う第3楽章コーダは圧巻。

第4楽章は早い。20分かからず通り過ぎてしまいます。しかしながら、それ程早いと感じさせず、マーラーの死への恐怖と演奏時にワルターの命への危機感が同期したような音。それをウィーンpoが昇華するように音にしています。鼻にかけたようなヴァイオリンの響きとポルタメントが、曲の重さを美しさへ転換してくれています。

木管楽器に懐かしい音、しかし寂しさ・侘しさがここかしこに聴こえる。それにしても聴衆のノイズがそれほど聴こえないのは不思議です。固唾を飲んで耳を傾けていたのでしょうか。

世界文化遺産に登録されてもいいような戦前のウィーンpoの響きが堪能できる第4楽章。

ユダヤ系奏者がこの後にウィーンpoからも去ることになり、オーケストラの音は微妙に変わっていきます。この演奏会の記録はワルター自身が破棄したいという程、嫌な思い出があったそうです。しかし皮肉なもので、後年のコロンビア交響楽団の演奏よりも評価が高く後世に残るのはこちらの演奏でしょう。上のyoutubeの方の復刻は見事ですね。どこにマイクを置いていたのかと思う程、当時としてはシンバルもグランカッサ・低弦もしっかり押さえている。

80年前の録音ですが、スピーカーの前で聴いているとそんな時間の経過を忘れてしまう演奏。しかし、戦争・悲劇は繰り返してはいけないという思い、そして大戦によって失われてしまったものを思い出させてくれる演奏です。

録音もよくバーンスタインのような粘着力のないMTTの優れた演奏。純度が高い!

日本製ではコバケンでしょうか。世界の小澤より日本のコバケンの方がいい。

ともにハイブリッドSACDです。コバケンはハイレゾ配信もされてます。


posted by 悩めるクラヲタ人 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マーラーの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

マーラー 交響曲第4番 クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団 1961年録音


クレンペラーのCDもBOXで格安で入手できる時代になりました。EMI(今はワーナーですか)にとっては、フルトヴェングラー・クレンペラー、そしてテンシュテットは永遠のドル箱録音になると思っていましたが、隣接権が切れる前でも叩き売られる録音になるとは思ってもいませんでした・・・


マーラー 交響曲第4番
指揮:オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団
ソプラノ:エリーザベト・シュヴァルツコップ
1961年 ロンドンでのスタジオ録音


ワーナーからも出ています。

タワーレコードの方が新品なら安いですね。
クレンペラー Mahler: Symphony No2・4・7・9, 大地の歌<限定盤>
※マーラー:交響曲集では、第2、4、7、9番に加え、「大地の歌」も収録した6枚組。※第4番以外は、2011年、もしくは2012年の最新デジタル・リマスター!第4番のみ、1999年のデジタル・リマスターによるCD化とのことです。


マーラーの交響曲で一番洒落て、時間的にも聴きやすい曲ですが、ヘビーな演奏を選んでしまいました。本当はバーンスタイン/ニューヨーク・フィル&レリ・グリストのSACDにしようかと思ったのですが、バーンスタイン続きでもなと思いまして。ちなみにそのバーンスタインSACD、中身だけが一時行方不明になっていました。必死に探したが見つからず、もう一度買おうかとしました。

オチとしましては、なんとメインCDプレーヤー DENON SA-500の本体の中に落ちていました。次男が触って開けたトレイの上の隙間に突っ込んでいた・・・ネジを外し蓋を開けて取り出しましたが、そのSACDが見つかった感動よりも、よくCDプレーヤー壊れなかったな(もう一枚実は入っていました)と胸を撫で下ろしました。

結局書きましたけど・・・過去記事↓
・マーラー 交響曲第4番 グリスト&バーンスタイン/ニューヨークpo 1960年録音

さてこのクレンペラーの演奏ですが、まだクレンペラーも偏執狂になっておらず、有名な第7のような拘泥するような演奏にはなっていません。最初の鈴の音からやんわりとこの曲の美しさとしなやかさ、そしてその楽しさを色彩豊かに伝えてくれる演奏です。感情移入することなく、淡々と美しいメロディーを奏でていきます。クレンペラーは木管楽器をはっきり聴こえるようにする特徴がありますが、この曲にはそれが適合しています。ただ整ったよい演奏という印象で、私にはベストではないです。

第4楽章のシュヴァルツコップのソプラノも同様の傾向。発声法もしっかりしてますし、美声で魅力的ですが、ちょっと風格を感じます。そこがこの曲に求められる天使のような歌声とちょっと違うような気がするのです。バーンスタイン盤のグリストと比べてしまうと、印象が薄いかなと思います。グリストが可憐過ぎて、耳に残っているんですよね。

このCDを取り上げて一番お伝えしたいのは、国内CD盤より上記フランスEMIのBOXのほうが素晴らしいリマスターだということ。国内盤のSACDは未聴ですがこのBOXで十分。これを買うまでクレンペラーのマーラーは有名な大地の歌も含め聴きましたが、概ね「音悪い」という印象しか残っていませんでした。

しかし、廉価なのでとこのBOXを購入してびっくり。当時のEMIでもこんないい音で録音していたんだと再評価。大地の歌もこんなにいい演奏だったかと。たぶんアナログのSAX盤とかなら、こういう音質で聞けたのかもしれませんがうん万円しますから。フランスEMIはフランソワでもいいリマスターだったので、ぜひクレンペラーのベートーヴェンもBOXで出してとお願いしたいです。

3:10からです。ふー、おっかない。これ位国内メーカーにも怒りたい。しかし凄く貴重な映像集ですね。

ちなみに2012年にまとめて出されたクレンペラーのBOXCDシリーズは、新たにリマスターされた形跡なく国内盤よりまし位でした。安いのでベートーヴェンBOXだけ買いましたが、後は止めました。

ベートーヴェンの第7番を3種と、序曲集の様々なテイクが聴けるのはいいのですが。あとはフランスEMIかe-onkyoが格安ハイレゾ配信するまで待つとしましょう(笑)

・作曲家別の過去記事を探すにはこちらが便利
→ クラシックの名曲・名盤 作曲家別記事まとめ

posted by 悩めるクラヲタ人 at 08:27| Comment(0) | マーラーの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

マーラー 交響曲「大地の歌」 バーンスタイン/ウィーン・フィル他 1966年録音


DECCAの名録音とバーンスタインの若い頃の勢いが相乗効果となっている名盤。キングのストレートに伸びる歌唱と巧すぎるディースカウの歌唱が耳に残り、今でも愛聴するマーラーの大地の歌。個人的には名盤の誉れ高いワルター/ウィーン盤よりも好きです。後はM・・トーマスかベルティーニかな、聴くのは。

マーラー 交響曲「大地の歌」
テノール:ジェームズ・キング
バリトン:D・F・ディースカウ
指揮:レナード・バーンスタイン
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1966年 ウィーンでのスタジオ録音
録音 4.45点  演奏 4.55点



テノールとアルトで歌うのが普通ですが、この盤ではアルトのパートをバリトンが歌っています。マーラーもそれでもいいと指定してます。バーンスタイン、キング、ディースカウ。3人とも若いですね。バーンスタインは当時ニューヨーク・フィルとマーラー全集を録音中でしたが、大地の歌だけはDECCAでウィーン・フィルと録音しました。(SONYには後にイスラエル・フィルと録音)

再録音はあまり評判が良くないですね。私も聴かない派。

今、CDで聴かずスピーカーからは英DECCAの初期アナログレコードの音が流れています。久しぶりですね、アナログで聴くのは。当時の名録音の一つです。第一楽章最後の「バッ!」というところは非常にリアルにマイクが捉えていて、生々しい。バーンスタインは、まだウィーンと蜜月な関係になる前ですが、少し強引気味にドライブしています。トランペットがジャージーになるところはご愛嬌。勢いだけになるかと思いきや、ウィーン・フィルも艶(あで)で対抗しているのが面白いところ。チェロなど低音楽器もしっかりと美しく収録されているし、所々ウィーン訛りもしっかり刻印されています。
DSC_0116.JPG
かっこいいですね。このジャケットの裏表紙。レニーが若々しい。


ルネ・コロとの第1楽章。懐かしい。





キングのテノールは非常に伸びやかで好感が持てる声。評価が分かれるのは、ディースカウの方でしょうか。ただでさえアルト版に慣れた耳には違和感がありますし、また巧すぎる(笑)でもアルト版より歌詞が明確に聞こえます。第4楽章中間部の早いパッセージのところは、唖然とするほど早口ですが明確。それで表情もつけて歌っているのは凄い。今でも名演で名唱とされているワルター/ウィーン・フィルでのフェリアーの正規録音より私は好きです。しかしさすがのディースカウも第6楽章は、ウィーン・フィルの美感に押され気味。LPなので、この楽章だと流石にバチバチノイズが目立つ。でも極楽浄土の響き・・・・

バーンスタインは後に再録音をしますが、この盤は超えられなかったですね。再録音ではアルト版に宗旨替えしてます。バリトン盤にしたのは契約の加減もあったのでしょうか?でもディースカウは、当時EMIからグラモフォン専属ではなかったのでは?謎です。

弟子であるM・T・トーマスはバリトン版(ハンプソン)で録音してますね。理由は別のところにあるような気もしますが(笑)SACDで優れた演奏で録音です。


定番はワルターのDECCA盤。録音が流石に古く、フェリアーの歌がちょっと私は苦手。


このyoutubeの演奏は、戦前の録音の方ですね。パツァークの声ではないですね。
posted by 悩めるクラヲタ人 at 20:45| Comment(0) | マーラーの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする