中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年07月21日

プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第2番 ムローヴァ&プレヴィン/ロイヤルpo 1988年録音


今日は好きな曲を名演奏で名録音のものを。

プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第2番
ヴァイオリン:ヴィクトリア・ムローヴァ
指揮:アンドレ・プレヴィン
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
1988年 ロンドンでのスタジオ録音

(カップリングはショスタコーヴィチの協奏曲第1番。こちらも素晴らしい)



私の好きなヴァイオリン協奏曲の一つです。それほどコンサートで取り上げられませんし、録音も第1番の方が多いような気がします。プロコフィエフというとグロテスクな曲のイメージ(実際ヴァイオリン協奏曲第1番は少し前衛的)かもしれませんが。この協奏曲は技巧的には高度なものが必要とされますが、旋律はロシア民謡やスペイン的な旋律を取り入れており、伝統的なスタイルで聴き易い曲です。

第3楽章のロンドの旋律の良さ、終曲部の高い演奏効果を考えれば、もっと評価されてもと思います。ハイフェッツが愛奏していた協奏曲でもあります。

ヤンセンは私はあまり好きなヴァイオリニストではありませんが。

さて演奏ですが若きムローヴァがすっきりとメロディアスに演奏しており、ヴァイオリンの美音と打楽器的な鳴らし方ともに優れています。それに加え特筆すべきはプレヴィンの伴奏。本当にチョン・キョンファとのシベリウスなどもそうですが、プレヴィンは伴奏が上手い。第3楽章のヴァイオリンとの音量バランス、この楽章で特徴的な大太鼓とティンパニの鳴らし方と絶妙なタイミングでの強打。

もう少しダイナミックでもと思う部分もありますが、その代り何度も繰り返し聴きたくなるかっぱえびせん的演奏です。正直、この演奏を聴いて満足してしまい、他のCDを探そうとしていないのも事実。
129_480x578.jpg
あまり容姿のことは言いたくないのですが、しかしムローヴァは美しい。

そして、やけに録音がいいなと昔から思っていて今回このブログを書くついでに調べたら、プロデューサーが内田光子も尊敬する名プロデューサーのエリック・スミス。栄光のDECCA時代からの活躍している人です。父親は名指揮者イッセルシュテット。それはいい録音なわけだ。曲の良さをちゃんと理解して録音されている。エンジニアも有名なヘルヴェクだった。

このコンビの演奏ではないですが、聴いてみてください。さて、誰の演奏でしょう。

因みに私の好きな演奏家ではないので、今後このヴァイオリニストを取り上げることはないでしょうが、この曲に興味を持ったのはこのライブCDからでした。指揮者は後に地味な巨匠になりました。

これをきっかけにこの曲の良さ、面白さを多くの方に知ってもらえればと思います。

タグ:優秀録音
posted by 悩めるクラヲタ人 at 23:20| Comment(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする