中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年05月28日

ブルックナー 交響曲第6番 ヴァント/北ドイツ放送交響楽団 1996年ライブDVD


愚かだ・・・ヴァントの演奏は晩年のほうが良いという先入観もあるし、ヴァントのライブ盤の嵐に嫌気がさしていた頃のリリースということもあって全く無視していた北ドイツ放送交響楽団とのDVD集。youtubeでブルックナーの第5番や8番は見て「ベルリンpoのほうがいい」、第7番は中古で安かったので買いましたが変な編集でこのシリーズはあまり期待してなかったのですが・・・
003.jpg
HMVで在庫特価だったので1,000円以下で買えるということで未聴のブルックナーの第6番を購入。1996年のライブなので、以前書いたミュンヘンpo 1999年ライブより3年前。だからまだ完成されてないだろう・・・見て聴いて唖然。DENONとARTHOUSEでは音も映像も違うのか、ただ第7番の編集が酷かっただけなのかその素晴らしさに驚き、今まで無視していたことを後悔しきり。ブルックナーの第6番はもうこれ以外は聴かないだろうと思うほど何回も通勤の車中、そして帰宅してからも見るというはまりぶり。ヴァントの絶頂期は1995年前後だったのではないかと思ってしまう演奏です。

ブルックナー 交響曲第6番イ長調
指揮:ギュンター・ヴァント
北ドイツ放送交響楽団
1996年 ムジーク・コングレスハレでのライブ録音
録音 4.45点 演奏 4.70点


この演奏会シリーズはTDKでも出てたし、DENON・ARTHOUSEからも出ていて版権関係がよくわからないですが、もう入手難になってきていることだけは確か。取捨選択して残すべきものは残してほしい。私が所持しているのはARTHOUSE MUSIC発売のもの。AMAZONで探しても見つからなかった。

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭での演奏会です。ヴァントのライブ録音の評価はまずRCAからの北ドイツ放送交響楽団で名声に火が付き、ベルリンpoとのブルックナーでそれは確固たるものとなりました。その後、ミュンヘンpoとのライブが出て「ベルリンpoとどっちが名演か?」となり、ベルリン・ドイツ交響楽団とのライブ録音も出て気迫に満ちるヴァント再評価と辿りました。そんな流れの中で本妻であった北ドイツ放送交響楽団との録音群は徐々に忘れ去られる運命となってしまいました。ライブDVDや未発売のライブ録音も「またブルックナーの、それも北ドイツ放送交響楽団とのライブ録音か・・・」というタイミングで発売だったので損した感じです。

この演奏会は1996年なのでベルリンpoとのブルックナーの交響曲第5番を演奏した年と同じということになります。よほど気力・体力に満ちた年だったのか、演奏にケルン時代のような気迫もあり神懸ってくるターニングポイントだったのかもしれません。ヴァントの同曲の録音は、ケルン放送交響楽団との1976年盤、その後ヴァントのブルックナー再評価の端緒となる1988年のRCA録音、その後1995年にもライブ録音がされています。

もともとケルン時代の録音から、ヴァントのブルックナー演奏の中では6番の評価は高かった。

このDVDに話を戻すと1曲目にハイドンの珍しい交響曲76番が演奏されています。その後、ブルックナーが始まりますが、緊張感がぐっと増すのが映像だと如実にわかります。第1楽章の「ティッティ・ティティティ・ティ」というヴァイオリンの弱すぎないヴァイオリンの明確なで揃った刻みから、この日のヴァントの演奏の方向性がわかります。リズムをクッキリとさせながら、各楽器を陽光さすような温かい音色で歌わすということ。だれないようにティンパニは決然と叩かせる。その為、スケール感の物足りなさから第5番と第7番の陰に隠れがちなこの曲を、「そうではない」曲として仕上げています。

youtubeのサンプル動画。画質が悪いだけで本物は大丈夫ですよ。

常にバスを強めにし、緩まないテンポで金管も主旋律だけでなくしっかりと吹かせる。弦のピチカートで演奏する部分でも強め。そういう細かな積み上げでスケール感もありながらリズミック、そしてなにより第9番の予兆も感じさせるような演奏です。この交響曲ではティンパニのリズム打ちが目立ちますが、一転交響曲第7番でのティンパニはトレモロでしか叩かないって知ってました?第7番の完成形が第8番だと思うのですが、第9番は第6番傾向の完成形になる予定ではなかったのかと思います。ヴァントがそう捉えて演奏していたとは思えませんが、この交響曲らしからぬ深さと重さも感じさせてくれる演奏です。

この演奏での第2楽章の深さ・神秘的な美しさは言葉に表しようが無く、並の演奏による第7番・8番アダージョよりも圧倒的に美しく・魅力的で濃縮(凝縮では無く)されています。楽章最後の部分はブラームス的でもありながら「マーラーの音楽か?」といった不思議な感覚に陥る響きがします。この日の北ドイツ放送交響楽団の調子の良さも大きな要因です。アンサンブルが揃っているのもそうですが、各楽器・各奏者の良さが出ているという意味で。特に全楽章に渡ってヴァイオリン、コントラバス、ホルン、ファゴット・クラリネット、そしてティンパニが素晴らしい。

違う意味で荒っぽいバーンスタインの演奏。予想外のコーダの粘り。

第3楽章の迫力の中にも木管楽器の魅力が散りばめられています。颯爽と切れ味がいい。ヴァイオリンの強めピチカートの中で行われる木管楽器の絡み合い・掛け合いが本当に愉しいし、聴いていて幸せになります。トランペットが8割の力で流さずに吹いているのもいい。第4楽章は総決算でこんなに壮大な交響曲だったかと本当に驚かされます。ヴァントにはこのほかにミュンヘンpo、ベルリン・ドイツ交響楽団とのライブもあり所持していますが、この日のライブ録音が一番優れています。

表現としてはミュンヘンの深遠さとベルリン・ドイツとの荒々しさのいいところ取りであり、北ドイツ放送交響楽団の音色と調子の良さが光ります。特にティンパニ。第4楽章コーダのティンパニの腕の見せ所ですが、最後の総奏に入る前に「タンッ・ダラララララッ・ダン、タンッ・ダラララララッ・ダン、ダダダダダダダダダダダダンッ」と叩くところが絶妙で、後半のダダダの続きが「まだまだまだまだいくよ(ダンッ)!」という感じに見事に決まっている。

ヴァントの指揮ぶりからして元気そうな演奏会。縦に左右によく指揮棒が振れているし、逆に振りを抑えてオケに任せる様な部分も見受けられるのはちょっと驚き。「今日はあなたたち調子いいからリハーサルのようにやってくれればいいよ」と。以前ヴァントとミュンヘンpoの1999年ライブも記事にしましたが、明らかにこちらの1996年北ドイツライブを薦めます。過去記事↓
・ブルックナー 交響曲第6番 ヴァント/ミュンヘンpo 1999年ライブ録音
もうミュンヘン盤聴かないと思います。後々記事削除します・・・他の指揮者の演奏も聴かないような気がします。土下座します位な気分。この演奏を知らなかったのでお許しください。

本当に購入してから何回も繰り返し見たDVDです。一緒に買ったジュリーニとシュトゥットガルト放送交響楽団のブルックナーの交響曲第9番のリハーサル+コンサートDVDに1週間全く手が伸びない位。この文章の長さ、要領の得なさから感銘度の深さをお察しくださいといったほうが丁度いいのかも(笑)

タグ:ヴァント
posted by 悩めるクラヲタ人 at 10:45| Comment(0) | ブルックナーの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする