中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年11月20日

ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」 フルトヴェングラー/バイロイト祝祭o 1951年 EMI盤


久しぶりにしっかりと定番のフルトヴェングラー/バイロイトの第9をハイブリッドSACDで聴いてみました。購入したのはだいぶ前。限定盤だったようで、HMVではもう売っていない。AMAZONならまだあるみたいですね。

ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調「合唱」
エリーザベト・シュヴァルツコップ(S)
エリーザベト・ヘンゲン(A)
ハンス・ホップ(T)
オットー・エーデルマン(Bs)
指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
バイロイト祝祭管弦楽団、合唱団
1951年 バイロイト音楽祭 ライブ?
録音  3.60点   演奏  4.60点


こちらはハイブリッドSACDで現在廃盤。

こちらはデルタの板起こし。数ある板起こしの中で一番いい。

演奏についてはもう説明不要な位に語られつくされていると思います。臨時のオーケストラなのでアンサンブルが甘い部分もありますが、当時としては優秀な録音です。一期一会の一発勝負という気合いが同指揮者の他盤と違うところです。ウォルター・レッグによって編集された記録と言われますが、それでもバイエルン放送から出たライブに比べ音も全体的な感銘度もこちらが上です。

緊張感を持って進む雄大な第1楽章は、低弦の刻みがしっかりと土台を支えていることがSACDだと明確にわかります。第2楽章の切迫感を持った響き。この楽章はピチカートを強めに弾かせているのが特徴的で、演奏時間ほど遅く感じない。


同年ウィーンpoとの第3楽章。音色的にはこちらの演奏の方がいいかも。

第3楽章は止まりそうなテンポで進みますが、まさに夢見心地のひと時。弦楽器の絡みもSACDだと非常に分離が良く聴こえます。中間部の弦のピチカートと木管楽器の会話の部分は演奏も録音も見事。最後のトランペットの警鐘は少し捉えきれていませんが。その後のシルキーな弦楽器の響きによる後ろ髪ひかれるような旋律と終わり方も溜息が出るよう。


これはバイエルン放送verの第4楽章後半?最後の三つの和音が揃っています。CDと違い自然な拍手がついている??違う音源か?

第4楽章は総決算。合唱の録音がどう足掻いても距離があり明瞭さに欠けるのは残念ですが、独唱陣の声は結構生々しく録音されています。コーダに向かって徐々にボルテージを上げていく演出がピタッとはまっています。冒頭のレチタティーヴォの語るようにかつ意味深い響き、歓喜の主題前の息が詰まるような間と最弱音で始まる歓喜の主題はもう有名なところですね。SACDだと最後のプレティッシモ前の4重唱の部分が実に分離良く聴こえます。そしてアンサンブルが崩壊する最後のプレティッシモでは管楽器などが抜け落ちていく中、弦楽器と打楽器が喰らいついていく生々しさもSACDになってよく聴こえるようになりました。
何度も買い直した演奏ですが、このSACDのおかげで打ち止めとなりました。

デルタのCDとの音質比較ですが、これが意外と一長一短。EMIのSACD層では、中低音の響きが分厚く各楽器の分離が良い点がメリット。上記のようにソリストの声や弦楽器の各声部の違いが明瞭で艶がある。情報量は今までのCDに比べ圧倒的に優れている。しかしテープの劣化によるものか高音域は抜けが良くない。トランペットの余韻や第4楽章のトライアングルなど、アナログのFALP盤で聴こえるところが弱い。


こちらは1954年のバイロイト第9。個人的にはこの演奏好きなのですが、良い音で残っていない。

残念。

デルタのCDは中高音の抜けが良い。アナログ盤のいい所が残っている。ただ明瞭度と情報量はSACDには劣ります。特に合唱とソリストの分離は明らかに負ける。ただしトランペットの抜けはこちらの方が良く、会場の雰囲気は何故か板起こしの方が伝わってくる。SACD層はSN比が良すぎる。CDでノイズの少ない初期盤を聴いている気持ちになれますが、英ALP盤を使用しているためか所持している仏FALP盤に比べ音色が深い。(一般的にFALP盤は明るめの音調と言われており、実際にアナログで聴くとプレティッシモ前のトライアングルが大きめの音で綺麗に聴こえる)

しかし改めてじっくり聴いてみると、SACD層でもさすがに古くなってきたかなと感じてしまったのも事実。この第3楽章を凌ぐ演奏が出てくるとは思いませんが、他の楽章はやはり録音状態のいい演奏の方に気持ちが傾いてきています。フルトヴェングラー並の音速プレティッシモをする指揮者は現れないでしょうが、それに匹敵する演奏がもうそろそろ出てきてもと思います。

posted by 悩めるクラヲタ人 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ベートーヴェンの交響曲名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする