中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2018年05月20日

ハチャトゥリアン バレエ音楽「ガイーヌ」より「レズギンカ」 フェドセーエフの録音 2003年録音


2015年冬にフェドセーエフは単身来日し、NHK交響楽団の定期を振りました。そこで「ガイーヌ」抜粋を演奏しましたが、レズギンカ…今のN響をもってしても、あの伝説的なモスクワ放送soのアンコールの時とは、音圧がかなり違うし、勢い・ノリは再現出来なかった。

フェドセーエフも晩年のスヴェトラーノフのようにちょっと腰が据わってしまったような気がしました。

02.jpg
25年前にモスクワ放送響とフェドセーエフが来日した際にアンコールで演奏され、未だに語り草になっているハチャトゥリアンの「レズギンカ」。打楽器炸裂、ロシアのオーケストラの圧倒的な迫力をまざまざと見せつけられた演奏です。

バレエ音楽「ガイーヌ」の名前自体は知られていますが、それは「剣の舞」だけで知られているだけ。でもこの舞曲「レズギンカ」の方が曲としても優れているし、なにせ短く圧倒的な迫力。聴くとうきうきしてくるし、興奮するのは「剣の舞」の比ではないですね。

ハチャトゥリアン バレエ音楽「ガイーヌ」からレズギンカ
指揮:ウラジーミル・フェドセーエフ
チャイコフスキー記念交響楽団
(モスクワ放送交響楽団)
2003年 ライブ録音
録音 4.50点  演奏  4.70点




因みに有名な剣の舞はこんな曲。誰でも聴いたことはあるはずです。

で、レズギンカはこんな曲。両曲とも作曲者ハチャトゥリアンの自作自演。

これが普通の演奏でスタンダード。これでも愉しい演奏だと思います。私は作曲者自作自演、しかもウィーンpoとの録音、そしてDECCAなので録音もさぞかしと思って買いました。そもそも、「ガイーヌ」の録音自体が少ない。全曲なんて買うつもりはないし・・

悪くはないですが、フェドセーエフを聴いてしまった後だと。また録音も年代にしては優れていますが、この曲には少し物足りない。

去年フェドセーエフがNHK交響楽団を客演した演奏会が放送されていました。時間あまりに25年前の来日時の下記超絶名演が再放送されました。当時中学生の私は、メインプログラムの印象はさっぱり覚えていませんでしたが、「なんだこの曲!この演奏!」とビデオが擦り切れるまで繰り返し見たのを覚えています。やはり一部のファンには記憶に強く残っているらしく、youtubeでも人気ですし、再放送もされるわけです。そしてこれがその時の映像。
25年前の来日公演時のアンコール

全然違いますよね。早い、小太鼓暴れる。ムラヴィンスキーの「ルスランとリュドミラ」序曲に匹敵する小曲の壮絶な演奏。

それから執念深くフェドセーエフがこの曲を録音するのを待っていたら・・・10年前に出ました。すぐに手に入れました。「ガイーヌ」全曲買わなくても済む!剣の舞も入っている。浅田真央選手がフィギュアのプログラムで使った「仮面舞踏会」のワルツも入っている。

レズギンカだけでもお釣りは来る。ヴァイオリン協奏曲、ガイーヌ抜粋全て優れた録音で優れた演奏。如何にもロシアといった感じでちょっとうるさいですが、ハチャトゥリアンの曲ならこれ位で丁度いい。

上記の演奏を凄いいい録音で聴ける。年齢のせいか少しだけテンポは落ちていますが、スネアドラムの音の凄さと言ったら。タンタ・タララッ・タンタ・タララッ・・・・・・バチンバチンとスピーカーがはじき飛びそうな音。ちょっと大きな音量で鳴らすと近所迷惑。ハチャトゥリアン生誕100年の記念演奏会だったようで、オーケストラ名はチャイコフスキー記念交響楽団となっていますが、モスクワ放送交響楽団の正式名称です。

「仮面舞踏会」のワルツも名曲で名演です。


録音も非常に優秀でスピーカーから強烈な打撃音が飛んできます。分厚い弦楽器のアンサンブルも特筆もの。これは掘り出し物のCDですよ。すぐに廃盤間違いなしでしょうが…


オーディオ的にだけでなく、音楽的にも面白い1時間が過ごせます。クラシックって面白くないと思っている人に聴いて欲しい。
posted by 悩めるクラヲタ人 at 20:53| Comment(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする