中高年の健康管理には「サントリー健康食品オンラインショップ」

2017年07月21日

ラヴェル 「ボレロ」 シャルル・デュトワ/モントリオール交響楽団 1981年録音


再録音を期待する想いで。デュトワは、ボレロを宮崎国際音楽祭管弦楽団やNHK交響楽団などと頻繁に演奏していました。その演奏会は、NHKで放映され、下のモントリオール交響楽団との演奏よりも音のパレットが増えた感じの素晴らしい演奏でした。
02-1.jpg
それらの演奏は音の厚みはましてダイナミックになりましたが、モントリオールとの録音のような香りをまでとはいきません。しかし、それらの演奏も「こんな日本のオケからも、こんな音が出るのか」と短期間で仕上げるデュトワの手腕には感心の一言。そんな若く見えるデュトワももう80歳とは信じられない。

ラヴェル 「ボレロ」
指揮:シャルル・デュトワ
モントリオール交響楽団
1981年 スタジオ録音
録音 4.50点  演奏 4.55点



発売当時、「フランスのオーケストラよりもフランス的な音色をカナダのオーケストラから紡ぎ出した」と騒がれたと同時に「録音の魔術だ」とも言われた演奏。録音時期がまだこのコンビが注目され始めた頃の録音です。以前に紹介したゲルギエフやムーティの演奏と違い色彩感豊かな演奏。今思えばラトルとバーミンガム市交響楽団も奇跡ですが、デュトワとモントリオールの起こした奇跡の方が後世にレコード芸術としての功績は大きい。

フランスの香りが現代の響きと融合された演奏です。おぉ久しぶりに本当のラヴェル、これぞエスプリと快哉を叫んだ人も多かったですし、私もその一人でした。アゴーギクに頼らず、各奏者の音色を徐々に重ね合わせていく音色の方向性の統一感で聴かせる。ラヴェルに必要なちょっとふんわりとして少し鼻にかかったような曖昧さ、しかしいざというぐっと眼前にオーケストレーションの匠を見せつける。まぁなんということでしょうの一言。それをさらっとしれっとあざとさなくエスプリを感じさせてくれる演奏。

そしてその良さを捉えた録音の良さ。解像度の高さや明晰さだけが名録音ではない。モントリール交響楽団はデュトワに鍛え上げられたと言っても、決してベルリンやシカゴに比べ名プレーヤーのオーケストラではない。しかし、音楽に必要なのは巧さだけではないということを教えてくれる。

意外と知られていないこのコンビ晩年の優れたフレンチ音楽の魅力が詰まったCD。「魔法使いの弟子」とイベールの「ディヴェルティスマン(喜遊曲)」が名演。私はスーパーアナログで所持してますが、本当にいい音色でいい仕事していましたね、当時のDECCAとこのコンビは。

この後、さらにデュトワは進化を遂げていくのですが、どのレーベルもデュトワでのラヴェル作品集に触手を伸ばさない。この名CDが邪魔しているのでしょうか。このコンビの最盛期の映像を見ると、「再録音すればさぞかし・・・」と思わせるに十分です。

R=コルサコフのシェヘラザードですが、アンセルメとは違う!と録音の魔術だという吹聴を一蹴した実演。。
残念ななことに、モントリオール交響楽団とは何故か袂を分けてしまいました。まぁナガノの下の同楽団を指揮しても往時の輝きは・・・・

デュトワはよく来日してくれるのはいいですが、最近は伴奏位でしかCDが出てこないので残念です。どこかの自主レーベルが動いてくれるのを期待するのみです。デュトワと日本はよほど相性がいいのか、ラヴェルの名演奏をよく繰り広げてくれます。

かなり昔フィリップ・コラールと演奏したNHK交響楽団との「左手のためのピアノ協奏曲」(但し1回目)、宮崎国際音楽祭での「マ・メール・ロワ」など記憶に残る演奏がたくさんあります。両者とも今でもこの演奏を超える演奏はないなぁと感嘆してしまう・・・「マ・メール・ロワ」は何度も録画したDVDを見てます。

終曲「妖精の園」の神秘的な響き。日本が誇る名コンサートマスター 徳永さんのリードが素晴らしいのもあるでしょうが。魔法がかった最後の鄙びたなびくような音と言ったら。

そういった最近のライブ演奏が、まとめてパッケージ化されることを渇望しているのですが。N響との「エレクトラ」とか。

こんな風に名コンビの演奏が廉価になったのは嬉しいことですが、それよりもいいオーケストラと新録音を遺してほしい。もうデュトワも若くないのですから。今は英国 ロイヤル・フィルの首席指揮者ですが、ロイヤルではどのレーベルも録音しないでしょうし、自主レーベルもあまり期待できない。もっと彼にいいオーケストラを。

この伴奏が最新録音になるのかしら。何度この2曲の伴奏をやらされていることだろう。それよりもラヴェルを再録音してほしい・・・

posted by 悩めるクラヲタ人 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする